コメント114500 : あなたはどっち?好きな漫画の実写映画化に約4割が「嬉しくない」

にじめん にじめん

トーク・アンケート

人気記事ランキング

人気記事ランキング

特集

トピックに戻る

88

コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    お花見大好き 38

    映画監督さんの裏話で「最近はメインキャストが先に決定されてて、そのキャストの条件に合わせられる人気な原作を探すんですよ」って聞いてからもう漫画の実写化をそういう目でしか見れなくなってる。
    もちろんそういう作品ばかりではないのかもしれないけど、そういう事実もあるって話。
    キャストもだけど、主題歌アーティストもよほど監督の力が強くなければ音楽スポンサーのゴリ押しで先に決定されてるそうな…。それで擦り合わせに苦心するんだって。。。

    • コメントへ
      バスケットボール 11

      本当なら嫌ですね…。原作ファンと知名度を利用するため企画あげて得するのはいわゆる業界人だけ。
      好きな原作の映画が大コケと言われたら悲しいので人質引き取る感じで見に行ったら
      監督の趣味全開な脚本とキャストに都合のいい改変だらけのクソ映画だったと…

      • コメントへ
        緑髪 8

        どういうこと???
        「監督の趣味」じゃなくて「スポンサー企業や芸能プロダクションの都合」全開の実写化が多いって話だと思うよ?
        監督はスポンサーやプロダクション側の都合や希望に合わせて映画を作らざるをえない。例えば監督が原作を読み込んでて こうしたい ああしたい って思ってくれたとしても、スポンサー企業や芸能事務所の希望が最優先されて(スポンサーがお金出してくれないと映画作れないし、芸能事務所が役者を手配してくれないと映画作れないから)監督や脚本家や演出家の思い描くように自由に映画を作れないのが最近の現実だって話。
        ごく一部の超有名映画監督たちを除いて、昨今の映画監督は昔のような権力は殆どなくなってしまってるって事じゃないかな。