「ハイキュー!!ユニフォームプロジェクト」全国165校のユニフォームが集結した写真&古舘春一先生の描き下ろし公開!

にじめん にじめん

「ハイキュー!!ユニフォームプロジェクト」全国165校のユニフォームが集結した写真&古舘春一先生の描き下ろし公開!

1

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために2020年のインタ ーハイが中止となり、落胆する高校バレー部の選手たちに「上を向いて前に進む勇気」を持ってもらえるようエールを送る企画「ハイキュー!! ユニフォームプロジェクト」が実施中!

 

本企画では、全国高等学校体育連盟バレーボール専門部の協力の下、夢の舞台を失ってしまった高等学校バレーボール部員の皆様の想いと汗の象徴であるユニフォームを、今年の決勝の予定地であった栃木県宇都宮市体育館に届け、体育館のフロアに並べての撮影が行われました。

 

また、本プロジェクトの完結を記念し『』作者・古舘春一先生が、プロジェクトに参加してくれた高校生に向けて、オリジナル描き下ろしイラストとコメントを発表。バレーボール部員の心に刺さるコメントは必見です。

 

さらに、バレーボール・柳田将洋選手の特別コメントも到着しました。

 

 

 

 

『ハイキュー!!』作中で、主人公が所属するバレー部の顧問が「これからも何だってできる!!!」と生徒たちにかけた言葉のように、本施策によって学生の皆さんに「上を向いて前へ進む勇気」を持っていただけるきっかけとなればと企画された「ハイキュー!! ユニフォームプロジェクト」。

 

連載が完結し、バレーボールへの感謝を届けたい、という作品の想いにもぜひ触れてみてください。

 

なお、全国165校のユニフォームが集結したこちらの写真は、男子決勝戦が行われるはずだった本日8月24日(月)に読売新聞全国版朝刊に大型広告として掲載されました。

 

 

 

古舘春一先生 御礼状イラスト・コメント

 

 

柳田将洋選手 特別コメント

1:―本企画にご賛同いただいた想い

昨今の状況は、これまで僕たちが経験した事のないことばかりで、それは高校生や学生の皆さんにも大きな影響を与えていました。

 

その一つとしてバレーボールなど競技の大会中止です。インター ハイなど主要大会が中止となり、大きな舞台を経験できない今の選手達に何か少しでも一緒になっ て思い出を残すことはできないかと思っていた時に、今回のユニフォームプロジェクトのお話をいただきました。

 

これはほんの些細な行動ではありますが、一人でも多くの方の心に残り、次のステップへのエネルギーになってほしい。

 

僕自身もそのために頑張れるのなら強いモチベーションになると思い、今回のような形で協力させてもらいました。

 

 

2:―原作「ハイキュー!!」への想い

バレーボール選手として、自分が競技をしている漫画がここまで人気になり広く沢山の方に知られるということはとても嬉しく思います。

 

また一読者としても、バレーボールという競技を通して成長していくキャラクター達に強い共感や興味を覚えました。

 

漫画が連載を終え、寂しい気持ちはあ りますが、漫画『ハイキュー!!』がこんなに人々にバレーボールの魅力を伝えてくれたので、今度は僕たちがこのリアルな世界で更に皆さんに魅力を伝えられるように頑張りたいと思います。

 

 

メイキング動画

 

 

「ハイキュー!!ユニフォームプロジェクト」について

『ハイキュー!!』という作品が完結を迎えるタイミングで、作品を通じてバレーボールという競技に何か恩返しをできないか、また、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためインターハイをはじめ、多くの大会が延期や中止となってしまい落胆する選手に向けてエールを送りたいという思いか ら本企画が考案されました。

 

作品の中で、主人公が所属する烏野高校バレー部顧問の武田先生が「君たちの何もここで終わらない」「これから何だってできる!!!」と生徒たちにかけた言葉があります。

 

本施策によって、こういった励ましが伝われば幸いです。

 

 

(c)古舘春一/集英社

 

 

リンク

特設サイト


関連タグ

ハイキュー!!ニュース


ハイキュー!!の関連記事

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 17

    メイキングも素敵ですね。
    スポーツに限らず、文化部で頑張ってこられた方も発表の場が失われ、やるせない思いを抱えている高校生は多いかもしれないけれど、今をいい思い出にするのは未来の自分なんだよ!と伝えてあげたい。
    今を頑張る高校生の未来に光あれ!