「青の祓魔師」スマホアプリが開発中止「目標とする品質向上に至らず」 新プロジェクトが始動中とのこと

にじめん にじめん

「青の祓魔師」スマホアプリが開発中止「目標とする品質向上に至らず」 新プロジェクトが始動中とのこと

7
「青の祓魔師」スマホアプリが開発中止「目標とする品質向上に至らず」 新プロジェクトが始動中とのこと

配信延期が発表されていた、加藤和恵先生原作による大人気漫画「」のスマートフォン向けアプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」が開発中止を発表。

 

理由は「目標とする品質向上に至らず」とされており、新たなスマートフォンゲームのプロジェクトが始動されたことも明らかとなりました。

 

またこれに伴い、YouTubeで公開中の「青の祓魔師DAMNED CHORD」PV・ラジオは2020年11月30日をもって公開終了。

 

現在の公式サイトおよびTwitterアカウントは一定期間ののち削除されるとのことです。

 

 

 

スマートフォン向けアプリゲーム「青の祓魔師 DAMNED CHORD」のジャンルは戦略性RPG。

 

熊谷健太郎さん演じるオリジナル主人公のアレク・サモンズ、石見舞菜香さん演じるアリサ・サモンズが登場し、主題歌をアーティスト・さユりさんが担当。

 

これまでにPVが公開され、熊谷さんと石見さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「青の祓魔師 DAMNED RADIO」も配信されており、期待値が高かっただけに残念なお知らせとなりました。

 

アプリ概要

タイトル:青の祓魔師 DAMNED CHORD

ジャンル:戦略性RPG
対応OS: iOS/Android
プラットフォーム: App Store/Google Play
価格:無料(アイテム課金あり)
プレイ人数:1人
プロット・キャラクター原案:加藤和恵
アニメーション制作:A-1 Pictures
主題歌: 「ME & CREED 」by SawanoHiroyuki[nZk]:さユり
企画・製作:アニプレックス
開発・運営:エスプリ

 

【ストーリー】

数多くの悪魔を従えた稀代の手騎士(テイマー)として今なお語り継がれる伝説の祓魔師(エクソシスト)──エルワーク・レトシエラ。

 

彼が召喚の際に用いていたのは、長い詠唱も複雑な儀式もなしに強力な悪魔を呼び出すことができる特殊なタロットカードだった。

 

そのカードは現在、エルワークの手によって世界各地に隠匿されているという。

 

正十字騎士團日本支部長メフィスト・フェレスの要請を受け、ヴァチカン本部より赴任してきた中一級祓魔師のサモンズは、エルワークのタロットカード収集部隊の隊長に任命される。

 

奥村燐をはじめとした候補生(エクスワイア)たちと協力しながら、世界中を飛び回り、任務を遂行していくサモンズ。

 

同じ頃、騎士團の手により封じられていた “とある悪魔”の結界が襲撃されるという事件が発生。
騎士團に仇なす組織の存在が見え隠れするようになっていた。

 

タロットカードと悪魔の封印を巡る因縁が明らかになるとき、忌まわしき運命の歯車が再び廻りはじめる。

 

「君の悲願が叶うまで、あともう少しだ」

 

悲しいお知らせだ〜。あんなに盛り上がってたのに音沙汰なかったもんな〜。
キャラクター

 

リンク

「青の祓魔師 DAMNED CHORD  」

公式サイトTwitter

新プロジェクト

公式サイト


関連タグ

青の祓魔師アプリゲームニュース


青の祓魔師の関連記事

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 4

    あらあら

  • 名無しさん 4

    カードゲームからMMORPGになるって感じ?
    それならグレードアップな感じはするけど遊ぶユーザー層が変わってそう

  • 名無しさん 1

    パチスロ化するから資金には困ってないだろうなー

  • 名無しさん 24

    私としては正直、ゲームよりアニメ(出雲篇)を進めて頂きたい…。

  • 名無しさん 10

    原画展示会が中止になったりテレビアニメもいびつな製作宣伝体制だったし、もっと大事にされてしかるべき作品だと思うんだけど‥‥不運が付いて回る理由を勘繰っちゃう。単に本誌ジャンプじゃないから?

  • 名無しさん 0

    上から2番目になる位置に正直オワコンで開発続けても稼げないしねみたいなこと書いたんだけど、なんでそれ消えてるの?
    にじめんコメント部分的に勝手に消すようになったの?

    • 名無しさん 2

      原作本は売れてるしイナゴ層が離れただけでオワコンじゃないので、誤った認識のコメだから。勝手に消されるのは前々からのこと(ただし頼まれ記事が激増した最近は消される率も増えたけど)