女性向けカルチャーポータルサイト

鈴木達央さんが「憂国のモリアーティ」の“個人的裏話”を公開!悪逆非道の貴族を演じる覚悟、コロナ渦のアフレコ、声優同士の絆など

2020年 11月24日
Tuesday 10:52
鈴木達央さんが「憂国のモリアーティ」の“個人的裏話”を公開!悪逆非道の貴族を演じる覚悟、コロナ渦のアフレコ、声優同士の絆など

声優・鈴木達央さんが、現在好評放送中のTVアニメ「」の“個人的裏話”を語った「notes」を公開!

 

鈴木さんはのTVアニメ「憂国のモリアーティ」第6話にて、人狩りをしているという黒い噂がある若き伯爵、ブリッツ・エンダースを演じられました。

 

今回はとても変化球な芝居を多用し、鈴木さんの中で温めていた「俺の、見たことがあるようで見たことのない芝居」を目指したことや、一般的な理解が及ばない役を演じるにあたっての覚悟を綴られています。

 

また、コロナ禍の影響で少人数でのアフレコということもあり、必死に叫ぶも相手役がおらず寂しい思いをしたこと、外の待機場所で鈴木さんの演技を聴いていた斉藤壮馬さん、日野聡さん、佐藤拓也さんが「良い刺激、貰ったよ」と声をかけてくれたことなど、赤裸々に綴られました。

 

 

 

こちらの「notes」を読んだ後に、TVアニメ「憂国のモリアーティ」第6話を見ると、違った発見や印象を抱くかもしれませんね。

 

▼TVアニメ「憂国のモリアーティ」第6話感想記事

TVアニメ『憂国のモリアーティ』6話感想 ウィリアムの宿敵・ホームズ登場!推理バトルが白熱&新たな計画がスタート

 

こういう裏話って貴重だね。もう一度ブリッツのシーンを見返さなくちゃ!
キャラクター
ボタンを押して感想を投票しよう
32
これは熱い
6
興奮した
5
悪くない
4
楽しみ

  • 名無しさん 7

    とても興味深い裏話でした!

  • 名無しさん 7

    たっつんに似てるけど芝居いつもと違うな誰だろうとか思ってたら
    たっつんだったからビックリした〜!

  • 名無しさん 4

    凄まじかった❗️
    色んな声を使い分ける、器用な達央さんですが、今回は圧巻でした‼️
    さすがプロですね‼️