女性向けカルチャーポータルサイト

ドラマCD
声優

「声優男子ですが・・・?」より展開されるドラマCD「七人の妖」キャラクターPV&最新描き下ろしイラスト公開!

2021年 01月18日
Monday 13:53
「声優男子ですが・・・?」より展開されるドラマCD「七人の妖」キャラクターPV&最新描き下ろしイラスト公開!

若手男性声優7名によるバラエティ番組「声優男子ですが・・・?」より展開されるドラマCD「七人の妖」から、キャラクターPV&最新イラストが解禁!

 

あわせて、声優男子メンバーより最新コメントも到着しました。


この度公開されたのは、さらちよみ先生による描き下ろしイラスト画像と、各キャラクターの命となる“声”が吹き込まれた「七人の妖」最新PV。

 

また、ファミリー劇場公式YouTube&会員サービス「ファミリー劇場CLUB」にて配信中のドラマCD制作の一部模様を番組化した「声優男子の!「七人の妖」ドラマCDプロジェクトですが・・・?」(全4回)が、ついにCSファミリー劇場にて初放送決定!

 

さらに、本ドラマCDに諏訪部順一さん・天﨑滉平さん・斉藤壮馬さんら豪華声優陣が出演することも明らかになりました。

 

3月5日(金)の発売日まであと2か月、新たな飛躍の年となる彼らの新プロジェクトにぜひご期待ください!

 

 

キャラクター解説&キャストコメント

めいてぃむ(抹茶ドーナツが好きな犬神)

土地から土地へ旅をする犬神の群れで唯一の子犬神。出会った人間の青年と、人間のフリをして交流を深めていくが、ある時青年が病に。謎の黒い犬神にそそのかされ助けようと力を起こした結果、思いもよらなかった事態がおきる。

 

上村祐翔さんコメント

普段はキャラと自分を重ね合わせて向かい合うのはもちろん、第三者から見た時の印象なども重要だと思っているのですが、めいてぃむは自分が生み出したキャラだからこそ、第三者から与えられた情報をもとに演じるのではなく、自分の中にある情報から演じるというアプローチをしたので、難しさもありました。

 

自分が生み出したキャラだからこその演じやすさもありましたが、フラットな目も持つように、というのも心掛けました。

 

めいてぃむ個人の物語にフォーカスしてみると、これだけいろいろな表情を見せてくれるのだな、というのがセリフから伝わったのが嬉しかったですね。そこに自分が声を吹き込み、命を宿すということで、「これは頑張らねば!」と思って取り組みました。

 

 

狗天(物知りな天狗)

自然豊かな山を治める守り神として暮らす天狗。供えものである人間の書物を読んだりと、持ちつ持たれつで人間と良好な関係を築いていたが、謎の伝道師の出現によって洗脳された民衆とすれ違うことに。“狗天”と名乗るようになったエピソードが明らかに。

 

梅原裕一郎さんコメント

自分でキャラクターから考えたことが初めてで、モチーフを選んだり、名前や性格を決めていく過程は楽しく、なかなかない経験だと感じました。

 

長い年月をかけて考えてきましたが、意外と自分の中でも定まっていない部分があり、実際に演じてみると意外と難しいと感じる部分もありました。

 

今回、前半はギャグ系の展開となっていますが、後半はシリアスなやりとりがあり、ふり幅が大きいストーリーになっていると思います。

 

他キャラクターとの掛け合いができたことで、狗天の今まで見えていなかった部分が見え、キャラクターに深みが出た分、それをどう表現するかは悩みました。

 

他のキャラクターも気になりますが、7人が一堂に会した時にどのような関係性が生まれるのか、今後どのように物語が進行していくのかが気になります。

 

 

黒木天子(失われた国の王子)

隠れ里のように巨大な森の中にある黒狐の国の次期国王就任が確定している王子。近侍である、捨て子だった別種族の妖狐の青年と親友として互いに剣を磨きながら育ちますが、突如、民を含め国全体が謎の霧に襲われる。青年は主である天子を守ろうとし…。

 

河本啓佑さんコメント

今回はキャラが自分の中で育ってきているところからの始まりだったので、不思議な気持ちとワクワクする気持ちとで、1からその先をどう広げていくか、新感覚な楽しさがありました。

 

黒木天子の台詞を生かしてつつ、アイデアをストーリーの邪魔にならないように組み込んでくださっていて、台本を読んで笑ってしまいましたね。全体的に「俺のやりたかったやつ!」というのがたくさん盛り込まれていたので、楽しかったです。

 

“友”という、幼い頃からかけがえのない存在で、剣の道も一緒に切磋琢磨してきた仲間が出てくるのですが、ぜひ友情の部分を感じていただきたいなと。言葉では言い表せない、2人の絆を見ていただきたいなと思います。

 

また、自分のストーリーを考えると、他の6人はどんなストーリーになっているのか想像もつかないです。特に、“狗天”はどんな気持ちを抱えて集まってきたのかとか、素の悲しい感情を見せることがあるのかな?と思うので、気になりますね。

 

 

幽(優しいけどどこか頼りない座敷童)

山や川からの豊かな恩恵により、慎ましく暮らす集落の中で、一人息子のハツを持つ家に憑いた座敷童。ハツと、座敷童「幽」が兄弟のように過ごすことができる平穏な集落に病が蔓延。病の原因を断つため自らの妖力を使おうとするが…。

 

小林裕介さんコメント

キャラクターを作った当初は声優男子のメンバーも力量不足だったかもしれませんが、年月を経てそれぞれが経験を積んできたと思うので、これまでの積み上げがあってようやく実現することができる内容だと思いました。

 

これから他の6人と一緒に様々なことに立ち向かっていくのですが、最初は弱気だった幽がみんなと一緒に挑み立ち向かっていけるのは、今回のドラマCDに収録されているある動機があるからなのですが…とても練られたストーリーだなと。思った以上に重かったです!(笑)

 

もう少しコミカルになるのかなと想像していましたが、僕が希望した通り悲しい話になっていて、演じがいがありました。他のみんなもなにかしらの願いやバックボーンがあるはずなので、どのキャラクターも気になりますね。できあがったものを早く聞きたいです。

 

 

しろー(二重人格の白狐)

先祖代々の神社でお稲荷様として見守る白狐。特殊な霊力を持つ神社の一人娘の巫女とは憎まれ口をたたく幼なじみ関係だったとともに、特殊な彼女の血に魅かれる魑魅魍魎から守ってきた。ある日邪悪な黒い鬼が出現。しろーも太刀打ちできず彼女の命が危険にさらされる。

 

白井悠介さんコメント

企画会議の時に提案したことを取り入れてくださって、形となっていて、不思議な気持ちで。自分の考えたことが組み込まれたのをみると、よりキャラクター、物語を一緒に作っていっているのだと感じました。

 

初めにキャラクターを作った時に「二重人格」として、穏やかな面と乱暴というか違った性格の“しろー”がいるようにしたのですが、その“しろー”がどうやって生まれたのかがわかる話になっています。

 

こういうストーリーが好きな方は結構多いと思います。7人それぞれ違った物語があって、個性があってそれだけ沢山楽しめると思います。胸をえぐられるような、切なさもありますので、心を強く持って聞いてください。

 

 

ぽんたろ(頭の化学事典をのせた化け狸)

人里を見下ろす山中にある化け狸の集落で一番の末っ子。接触を禁じられてるにも関わらず人間の暮らしに興味を持つあまり集落を飛び出し、人間に化けて生活をしている中、なぜか人間からも狸からも裏切者だという疑惑を掛けられることに……。

 

本城雄太郎さんコメント

僕たち7人が以前に作ったキャラクターたちが長い時間を経て、ストーリーになって、それぞれのお話ができて。声優の仕事としてみる世界から外れて、また新しい世界に来てしまったなという風に感じています。

 

企画の段階で、どうして「ぽんたろ」って適当な名前にしちゃったのだろう?と思っています。「黒木天子」とか、漢字が入った感じがかっこいいなと(笑)。

 

細かいキャラクター設定やストーリーで、一回自分の手元を離れたなと感じてしまったのですが、ドラマCDでは自分で声をあてることによって、自分のキャラクターだなと改めて実感できました。

 

それぞれとてもいいストーリーになっていると思いますので、皆さんぜひ聞いてほしいなと思っております。

 

 

ちぇるた(関西弁な猫又)

とある漁村でどの家にも属さず自由気ままに暮らす猫。迷惑を掛けても受け入れてくれる住民や、名前を付けて可愛がってくれる少女に「恩返しをしたい」と思い、猫又の提案に安易に乗ってしまう。その結果少女を巻き込む悲しい事態が起きる。

 

山本和臣さんコメント

七人の妖」については、しっかり過去の話が出てきたのは今回が初めてだったので、ちぇるたが現在のちぇるたになるまでのストーリーが知られて新鮮でした。

 

僕は「悲しい話は嫌です」と言っていたのですが、少し辛い話になっております(笑)。でも悲しいだけではなく、当初に言った「全てが辛いという話は嫌だ」というのは汲んでいただいているなと。

 

あとはハッピーエンドになってほしいなと思います。自分が生み出したキャラクターだからこそ、キャラクターがどういう気持ちでその行動をしているのかというのが、自分の中の気持ちと近い形になるので、演じやすかったです。

 

他のキャラクター達も何かしら辛い過去を抱えているんだろうなと思うのですが、一番辛い目に遭ってほしくないのはぽんたろなので、何があったんだろう…というのは気になります。

 

僕も7人の行方が気になりますので、ぜひお手に取って楽しんでいただけると嬉しいです。


キャラクターPV

 

 

番組概要

「声優男子の!「七人の妖」ドラマCDプロジェクトですが・・・?」

【配信日】

2021年1月31日(日)よりスタート

毎週日曜日23:30〜

 

【配信先】

ファミリー劇場公式YouTubeファミリー劇場CLUB

 

【出演】

上村祐翔、梅原裕一郎、河本啓佑、小林裕介、白井悠介、本城雄太郎、山本和臣、諏訪部順一(ナレーション)

※敬称略

 

 

商品概要

ドラマCD「七人の妖」

▼ご購入はこちら

アニメイトAmazon

 

【発売日】

2021年3月5日(金)

 

【価格】

3,500円+税

 

【初回限定特典】

「七人の妖」ブックレット(P12)付・ジャケットイラスト(同表紙)は「七人の妖」の新規描き下ろしイラスト・プロローグ・キャラクター設定・今回プロジェクトまとめ・出演者、スタッフの皆様からの作品に関するコメント等予定

 

【予約期間】

現在予約受付中

早期予約締切:2021年2月1日(月)

 

【予約特典】

・「アニメイト」限定特典「声優男子メンバー」特製ポストカードセット(全7枚)

・「Amazon」限定特典「七人の妖」キャラクターポストカードセット(全7枚)

 

【発売元】

(株)東北新社

 

【販売元】

(株)ムービック

 

【STORY】

とある大陸。妖怪と人間が暮らす世界。互いは隠れ、畏れ合い、しかしある時は密接しながら隣り合って平和に生きている。

 

そんな大陸で、互いの存在も知らず、それぞれの暮らしを営む7人の妖怪たち。

 

だがある時を境に、その日常は崩れ始める。大陸のあちこちで現れた謎の「悪意」。

 

人々と妖怪の大切なものを奪っていく。ある者は友を、ある者は故郷の国を、ある者は尊厳を・・・・。

 

これまでの世界が激変する中、『悪意』によって大切なものを喪失した7人の妖怪たちが取った選択とは――

 

【収録内容】

1 めいてぃむ

出演:高梨謙吾、武田幸史、最上嗣生

 

2 狗天

出演:野口瑠璃子、柴野嵩大、武田幸史、住谷哲栄、林大地

 

3 黒木天子

出演:斉藤壮馬、白川周作、山本格、広瀬竜一

 

4 幽

天﨑滉平、長野伸二、塙英子

 

5 しろー

出演:種﨑敦美、葉瀬ふみの、山本兼平、武田幸史、モアイ岩下

 

6 ぽんたろ

出演:西村知道、三村ゆうな、武田幸史、中西正樹、烏田裕志、虎島貴明、古沢勇人、渡辺ゆかり

 

7 ちぇるた

出演:川井田夏海、西川侑津佳、武田幸史

 

8 転生

 

9 楽曲「7人の妖」

※収録順は変更する可能性がございます。

 

外部リンク

七人の妖

声優男子ですが・・・?

声優男子ですが・・・?Twitter