ここに住みたい。「ジャンプ図書館」が開催、なんと2406冊の「週刊少年ジャンプ」が無料で読み放題!

にじめん にじめん

ここに住みたい。「ジャンプ図書館」が開催、なんと2406冊の「週刊少年ジャンプ」が無料で読み放題!

4
ここに住みたい。「ジャンプ図書館」が開催、なんと2406冊の「週刊少年ジャンプ」が無料で読み放題!

創刊50周年記念して、50年分の「週刊少年ジャンプ」のほとんどが読める「ジャンプ図書館」が、2018年3月15日(木)から26日(月)の期間、六本木ヒルズ ヒルサイド2階「ヒルズ カフェ/スペース」にて開催決定!

 

 

会場では、創刊号から2018年14号までの2406冊の「週刊少年ジャンプ」が、なんと全て無料で閲覧可能

 

また、ジャンプロゴがラテーアートで描かれたコラボドリンクも用意されています。

さらに3月19日(月)からは、特別展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2-1990年代、発行部数653万部の衝撃-」が会場近くの森アーツセンターギャラリーで開催。ジャンプの世界を、たっぷりと楽しめるコースとなりそうです。

 

 

そしてなんと、会場内の机、イス、内装などは歴代の週刊少年ジャンプで作成されており、ジャンプ好きにはたまらない演出です。

またコミックス修正前のレア絵、お気に入り作品のオールカラー回など、誌面ならではの空気感もお楽しみいただけます。

 

開催期間は12日間と非常に短いので、混雑が予想されます。参加を考えている方はお早めに。

 

 

【会場概要】
週刊少年ジャンプ創刊50周年記念企画「ジャンプ図書館」
開催期間:2018年3月15日(木)~3月26日(月)
会場:六本木ヒルズ ヒルサイド2階 「ヒルズ カフェ/スペース」
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2階
営業時間:11:00~23:00
入場料:無料 

※カフェ利用時の飲料代は別途必要です。
※3月15日(木)のみ午後からの営業を予定。

※最終入館は閉館の30分前まで。

※混雑状況によって入場待ちあり。

 

 

© SHUEISHA Inc.

 

 


関連タグ

漫画ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 11

    電子書籍の充実(読みづらさも)(業界で規格や作家との契約基本をまとめるとか)本屋不況と言いながら「田舎は発売が遅れる」流通の不満とか本屋に営業行くの減ってどこの店も同じラインナップになってまた本屋不況に繋がってるとことか作家のツイッターに宣伝任せて「宣伝は編集の仕事だろ」って作家に言われてるとことか
    そっちもどうにかして欲しい

  • 名無しさん 31

    夢の空間だけど、12日間限定というとマンガ読めるような環境にはならなさそう。

  • 名無しさん 13

    ジャンプのうえに座るってどうなのかな~
    期間限定だとゆっくり漫画を読むって環境ではなさそう

  • 名無しさん 4

    画像がめっちゃ散らかった部屋のように見えるんだけど、こんなとこで複数の人たちと本読むの?