恋愛アプリ『幻妖恋奇譚~甘味処噺~』が登場!3ヶ国語対応で語学学習にも活用できる!

にじめん にじめん

恋愛アプリ『幻妖恋奇譚~甘味処噺~』が登場!3ヶ国語対応で語学学習にも活用できる!

5
恋愛アプリ『幻妖恋奇譚~甘味処噺~』が登場!3ヶ国語対応で語学学習にも活用できる!

女性向けコンテンツブランド「OTOME STUDIO」より、女性向け恋愛ゲームアプリ『幻妖恋奇譚~甘味処噺~』の配信が開始されました!

 

 

 

 

ストーリーを読み進め、選択肢を選ぶノベル形式のゲームで、選んだ選択肢によってストーリーやエンディングが変化。

 

また、アプリは日本語、英語、スペイン語の3カ国語に対応しており、恋愛ゲームとしてはもちろん、言語学習にも活用できます!

 

 

 

 


あらすじ

舞台は妖かしである九尾の狐・九十九が統べる街、燈幻郷。

主人公である「あなた」は、一年ほど前に幽霊として燈幻郷へと迷い込んできた少女。死んだときの記憶がなく、自分の未練がわからず、成仏ができない。


生前、老舗の和菓子の跡取りだった「あなた」は、九十九の力添えのもと、甘味処を営みながら燈幻郷で過ごすことになる。個性豊かな面々との毎日は、跡取りとして厳しく躾けられ忘れていた、日々を楽しむ気持ちを思い出させてくれる。このまま成仏できずに妖かしになるのかと、何となく思い始めていた頃……。


 

キャラクター

 

千代(ちよ)/名前変更可能

 

明るくて優しい性格。
幼い頃は忙しい両親に祖母に預けられて育った。祖母が亡くなって以降は、実家に戻り、家業を継ぐための修行に明け暮れていた。
気づいたら燈幻郷へ紛れ込んでおり、自分がすでに死んでいることを知る。何が未練なのかわからないので成仏ができず、甘味処を営みながら、日々流されるままに生活している。

 

 

九十九(つくも)

 

九尾の狐。
面倒見がよく明るい性格の燈幻郷のまとめ役。街の皆には、敬われ慕われている。
いつも仕事から逃げ回っているが、根は真面目。また寂しがりやな一面も。
いかにも妖かしらしく、欲しいものには貪欲だが、身内には甘い。
主人公が作る和菓子が好き。

 

 

暁(あかつき)

 

鬼。九十九の悪友。
また主人公が営む甘味処の常連。
強い力を持つ妖かしだが、半妖であることにコンプレックスがあり、強さに固執している。
主人公を見る眼差しは、どこか特別なもので……。

 

 

雪(ゆき)

 

雪男。九十九の部下。
仕事をしない九十九をいつも追い回している苦労性。
優しく穏やかな性格で、主人公の兄的立場。

 

 

ミケ(みけ)

 

 

悠人(はると)

 

幽霊。喫茶店“猫屋”の人気ウェイター。
飄々とした掴みどころのない性格で、とくに女性には優しい。
主人公をなぜか気に入っており、よく意味深なことを言っては困らせている。
主人公が来る前から燈幻郷にいたようだが、なぜ幽霊になっているのかは不明。

 

 


▼インストールはこちら

https://itunes.apple.com/jp/app/id1327719695

(iOS)

https://play.google.com/store/apps/details

(Android)



 

ゲーム概要

配信日:配信中

ジャンル:女性向け恋愛ゲーム

対応機種/対応OS:スマートフォン/iOS、Android

料金:ダウンロード無料(個別課金制)

企画・開発:OTOME STUDIO

シナリオ:七瀬みお、晴日青、YUZU

キャラクターデザイン・原画:日野杏寿

※敬称略

 

『OTOME STUDIO』

公式Facebook:https://www.facebook.com/otome.studio.jp

公式Twitter: https://twitter.com/otomestudio

 

(C)CLARITY STUDIO Inc.

 


関連記事

恋愛 x 脱出の新作アプリゲーム『ラブエス』が登場!「純愛 x 激愛 x 取り愛」密室で起こる三角関係!?

 

猫x軍服x崩壊世界の遺世界ADV『軍靴をはいた猫』が登場!村瀬歩さん、古川慎さんらメインキャストが発表

 


関連タグ

アプリゲームニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 9

    作ってるの英語圏の人なのかな?
    三ヶ国語ときいて日中英か日中韓かと思った

  • 名無しさん 4

    何故スペイン

  • 名無しさん 1

    確かにスペイン語が母国語の人たちの割合は多いけれど…南米への展開を考えているのかな?

  • 名無しさん 3

    3カ国語ってあんまりこういうゲームだとなかったんじゃないかな?