故・辻谷耕史さんが音響監督を務めたアニメ『落語心中』の制作秘話が話題に「辻谷さんのこだわりから生まれた」 

にじめん にじめん

故・辻谷耕史さんが音響監督を務めたアニメ『落語心中』の制作秘話が話題に「辻谷さんのこだわりから生まれた」 

4
故・辻谷耕史さんが音響監督を務めたアニメ『落語心中』の制作秘話が話題に「辻谷さんのこだわりから生まれた」 

 アニメ『犬夜叉』の弥勒役や『昭和元禄落語心中』の音響監督を務めた辻谷耕史さんが、10月17日に亡くなられていた事が報じられました。

 

数々の人気作を担当された役者・音響監督の訃報に悲しみが広がるなか、辻谷さんと関わりのあった声優さんたちや、作品・番組公式から追悼メッセージがTwitterなどで多数投稿。

 

また、辻谷さんが音響監督を務めた『昭和元禄落語心中』では、原作者・雲田はるこ先生からの制作秘話や、辻谷さんの美談が話題となっています。

 

 

雲田先生は、「アニメ落語心中で音響監督をやって下さり、あのアニメの「音」って一音たりとも妥協なく、全てが素敵な響きを持っていたと思いますが、辻谷さんの細部へのこだわりから生まれたものです。本当に希有な才能の尊敬できる方。」

 

「寄席まで音を撮りに行ってくださったり、静かなホールに響く雪の音の太鼓を再現してくださったり、落語や寄席への愛もたっぷりに、あのアニメに鳴るべき音を私以上に理解し、美しい音を作ってくださいました。

 

「お若いのに、唯一無二の方なのに、残念でなりません。ご冥福をお祈りいたします。」と辻谷さんの人柄や仕事に対する姿勢などに触れ、想いを綴られています。

 

 

 

 

話題となっているツイートでは「辻谷さんは音響監督やった昭和元禄落語心中で”八雲と助六はキャラは若くても40代以上の声優にしたい。昭和の空気を直に、或いは親から聞いて知っている年代じゃないとあの役はできない”と監督に相談したり」

 

「”落語ができなきゃ話にならない”と台詞ではなく『野ざらし』『死神』の噺を渡し3分だけ抜粋して演じてテープ提出してね、という」

 

あの山寺宏一さんが「必死で勝ち取った」石田彰さんが「これは落ちた」と語った前代未聞のオーディションを科した音響監督が辻谷耕史さん。英断でした」というキャスティングにまつわる裏話が、合計約6,500いいねを獲得するほどの話題となっています。

 

 

 

改めて、心からお悔やみを申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

アニメ『昭和元禄落語心中』はAmazon prime videoにて配信されています。気になられた方やまた見たい方はぜひご覧下さいね。

 

Amazon prime video

https://amzn.to/2tYKIRe

 

 

雲田はるこ先生

公式サイト:http://kumotaharuko.jugem.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/KUMOHARU

 

 

関連記事

「あの世にも寄席はある」桂歌丸さんの訃報に『昭和元禄落語心中』が重なって涙する人が続出

 

『犬夜叉』弥勒『BASARA』浅井長政役などを演じた辻谷耕史さんが脳梗塞のため急逝

 


関連タグ

昭和元禄落語心中話題声優ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 36

    この方が音響監督だったからこその、石田さん山寺さん関さんという奇跡のキャスティングが生まれたんだと感謝しています。

  • 名無しさん 9

    シーブックの印象が強いけど音監もやってたんやなぁ
    悲しすぎるわ

  • 名無しさん 7

    多才な方なのに勿体無いです…

  • 名無しさん 7

    とても上質なアニメだったよね。丁寧な作りで。脚本、音、絵、全部良かった。