バディポリスアクションTVアニメ『コップクラフト』2019年夏に放送開始!主人公のベテラン刑事役に津田健次郎さん

にじめん にじめん

バディポリスアクションTVアニメ『コップクラフト』2019年夏に放送開始!主人公のベテラン刑事役に津田健次郎さん

1
バディポリスアクションTVアニメ『コップクラフト』2019年夏に放送開始!主人公のベテラン刑事役に津田健次郎さん

ガガガ文庫の人気ライトノベル『コップクラフト』が2019年夏にTVアニメ化決定!あわせて、スタッフ・キャスト・キービジュアル・Anime Japan2019のステージの情報が公開されました。

 

 

 

本作は『フルメタル・パニック!』『甘城ブリリアントパーク』で知られる賀東招二先生(著者)と村田蓮爾先生(イラスト)が描くバディポリスアクション。

 

監督は『ベルセルク』の板垣伸さん、シリーズ構成に原作も兼ねている賀東招二先生、キャラクターデザインに木村博美さん、アニメーション制作はミルパンセが担当します。

 

主人公のベテラン日本人刑事・マトバ役に津田健次郎さんが、そんなマトバとコンビを組む見習い騎士・ティラナ役に吉岡茉祐の出演が決定。二人からのコメントも到着しました。

 

 

ケイ・マトバ役

 

原作は珍しい形のハードボイルド刑事もので新鮮で面白いです。賀東招二さんがシリーズ構成・シナリオということで、設定もすごく凝っており、楽しんでもらえるのではないかと思っています。

 

 

ティラナ・エクセディリカ役 吉岡茉祐

 

オーディションのときから私の想うティラナ像を演じた結果、みなさんに受け入れていただいたので、それを信じてティラナをもっと魅力的に伝えられたらと思っております。あと作中でファルバーニ語があるので

 

 

さらに、3月23日に開催するAnime Japan 2019の「博報堂DYミュージック&ピクチャーズブース(ブース番号:J68)」でお披露目ステージの開催が決定。

 

津田健次郎さん・吉岡茉祐さんに加えて、原作兼シリーズ構成の賀東招二先生が出演し最新情報を解禁します。ぜひステージに遊びに足を運ばれてください。

 

 

Anime Japan2019イベント情報

TVアニメ「コップクラフト」お披露目ステージ

日時:2019年3月23日(土)16時30分開演(開場:16時10分予定)
出演:津田健次郎(ケイ・マトバ役)、吉岡茉祐(ティラナ・エクセディリカ役)、原作者・賀東招二 先生
会場:AnimeJapan 2019「博報堂DYミュージック&ピクチャーズブース(ブース番号:J68)」

イベント参加の詳細については、「コップクラフト」公式HPのご確認ください。

 

作品情報

【イントロダクション】

一五年前、太平洋上に未知の超空間ゲートが出現した。その向こうに存在したのは、妖精や魔物のすむ奇妙な異世界「レト・セマーニ」だった。

 

「サンテレサ市」。二〇〇万を越える両世界の移民が住む都市。雑多な民族と多彩な文化。そして持てる者と、持たざる者。ここは世界で最も新しい『夢の街』。だがその混沌の影には、数々の犯罪がうごめいていた。麻薬、売春、武器密売。それら凶悪犯罪に立ち向かう刑事たちが、サンテレサ市警察に存在していた……。

 

刑事マトバ・ケイと異世界人の騎士ティラナ、性別も性格もそして「生まれた世界」も違う二人が出会うとき、事件は起きる。

 

二つの世界 二つの正義 その先に-

バディポリスアクション開幕!

 

 

【スタッフ】

原作:賀東招二『コップクラフト DRAGNET MIRAGE RELOADED(小学館「ガガガ文庫」刊)』
キャラクター原案:村田蓮爾
監督:板垣伸
シリーズ構成:賀東招二
キャラクターデザイン:木村博美
アニメーション制作:ミルパンセ

 

【キャスト】
ケイ・マトバ:津田健次郎
ティラナ・エクセディリカ:吉岡茉祐

 

【オンエア】
2019年夏放送開始予定

 

TVアニメ「コップクラフト」

公式サイト:http://copcraft.tv

公式Twitter:https://twitter.com/anime_copcraft

 

©賀東招二・小学館/STPD

 

関連記事

下野紘さん・津田健次郎さん・大塚明夫さんがアニマル風のメイクで登場!社畜コメディ『アフリカのサラリーマン』プロジェクト始動

 

ダミーヘッドマイクになってアフレコ現場に参加!?実写&イラスト映像も楽しめるVRアプリ『ダミヘになれるVR』今春発売!

 


関連タグ

津田健次郎アニメ書籍声優ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 1

    絵が村田さんのと比べると、うーん…ってなるが村田さんの絵を落とし込むのは難しいから文句は言わない。
    崩壊することなく進むのであれば良いや。
    だが、この絵柄で3巻の内容をやるのか?
    やるとしても緊迫感が下がりそうだが、むしろその方が良いのか?