男性声優xお笑いプロジェクト『ラフラフ!』始動!オトメイト&DMMの共同開発でアイドル活動も強制された芸人デスゲームを描く

にじめん にじめん

男性声優xお笑いプロジェクト『ラフラフ!』始動!オトメイト&DMMの共同開発でアイドル活動も強制された芸人デスゲームを描く

17
男性声優xお笑いプロジェクト『ラフラフ!』始動!オトメイト&DMMの共同開発でアイドル活動も強制された芸人デスゲームを描く

女性向けゲームブランド「オトメイト」とDMMが初タッグを組み、共同開発で、男性声優xお笑いプロジェクト『ラフラフ!-laugh life-』を始動!


選んだテーマはお笑い。総勢16名の芸人キャラクターを共同開発し、笑いのトップを目指して切磋琢磨する様子が描かれます。


プロジェクト第1弾として、音楽レーベル・DMM musicより楽曲入りドラマCDの発売を予定。


キャラクターデザインを、オトメイト所属イラストレーターの四方音 雅人先生。今回発表されたキャラクターに声優の小笠原仁さんと、声優初挑戦となる俳優の柏木佑介さんが発表されました。





あらすじ

漫才・コントの若手登竜門の賞レース「L1グランプリ」。


参加資格があるのは結成5年以内の若手のみ。優勝賞金は5000万円。副賞として冠番組獲得、CM契約……過去の優勝者は、優勝が決まって30分後には翌月のスケジュールが全て埋まってしまった者ばかり。売れることが約束されている、と言っても過言ではない好条件である。


しかし、もしファイナルラウンドの“下位二組”になってしまったら……コンビ(トリオ)解散・一年間の芸能活動禁止・解散後は一生共演NG。


つまりL1は、芸人として生き残りを賭けたデスゲームなのである。


更にL1をより盛り上げるため、ファイナルラウンド進出者は何組かに分かれアイドルグループが結成される!


すなわち、開催期間中はアイドル活動もしなくてはならない。あまりにハイリスクハイリターンな為、「芸人の劇薬」とまで呼ばれているこの賞レース。この芸人デスゲームを勝ち抜くのは一体……




キャラクター


コンビ名:ビヨンド

コンビ歴:結成5年目


幼稚園からの幼馴染の2人による漫才コンビ。作り込まれたネタを披露する正統派なしゃべくり漫才で、世間からの評価も上々。 



“正統”お笑いオタク…囃子 祥真(はやし・しょうま)
CV:柏木佑介さん


「漫才ってのは、話すこと。ただ面白い話で笑いを取るのが真髄なんだ!」


「ビヨンド」のボケ・ネタ担当。「1%の才能と99%の努力が出来た人間が天才である」——と信じている男。


自他ともに認めるお笑いオタクで研究者基質なところがあり、あらゆるネタの構造を研究し、それをレポートにまとめ、ネタを書き……ということを毎日繰り返している。


一度ネタを書き始めるとのめり込んでしまい、寝食を忘れるほど没頭しがち。



ビヨンドの世話焼き王子…越智 遊太(おち・ゆうた)
CV:小笠原 仁さん


「俺は、自分だけの力じゃ芸人としてここまで来れなかったんだよ」


「ビヨンド」のツッコミ担当。キレのいいツッコミを武器にしている。相方の囃子がネタを書くため、自分ではネタを書かない。その代わり、ネタを書くのに没頭した囃子の身の回りのフォローをしている。


幼い頃からやりたいことは特に見つからなかったが、初めて“やりたい”と思えたのがお笑いだった。甘く整った顔のせいか、よく女性ファンから「王子様♡」と騒がれている。




初報では後姿のみ公開されましたが、3月20日に発売される「B's-LOG」5月号にて、2人の正面からのデザインが発表されます。CD情報など続報をお楽しみに。



▼購入はコチラ(B's-LOG5月号)

https://amzn.to/2HvPZYS



『ラフラフ!-laugh life-』

公式サイト:2019年4月公開予定

公式Twitter:https://twitter.com/LaughLife_offi


「DMM music」

公式サイト:https://music.dmm.com/


(C)DMM music/(C)IDEA FACTORY


関連記事

「オトパ2018」Blu-ray&DVDのプロモ映像が公開!豪華声優陣が朗読劇や「あま〜い!」バラエティコーナーに挑戦


ついにPSVita全モデルの出荷完了で約7年の歴史に幕 乙女ゲーユーザーからは惜しむ声や感謝の声も


コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    三つ目 81

    え、最強につまらなさそうだけどこの企画考えた人大丈夫?
    どこをターゲット層に考えてるかも謎だし、無理やりアイドル盛り込むのも謎。
    好きな声優さんが関わらないことを祈るばかりです。

  • コメントへ
    酒飲み 49

    色んな要素を何でもかんでも盛り込んで取っ散らかりすぎて逆に取っつきにくくしてませんかね

  • コメントへ
    素直クール 40

    箱に入った紙を三枚引いて「芸人」「アイドル」「デスゲーム」が出たから作りましたみたいな企画

  • コメントへ
    戦闘狂 36

    ロゴがデュラララ!!っぽい

  • コメントへ
    カチューシャ 25

    アイドル盛り込んだのはレーベルが歌売りたいだけだと思う。レーベルの思惑が見えすぎて嫌だけど、運営はどうせ歌歌えばみんな買うって思ってるよ。
    それにヒプマイだって最初は微妙な反応だったんじゃないの?

  • コメントへ
    オッドアイ 23

    オトメイト味しめたな…
    ヒプノシスマイクに化けるかそれとも…

  • コメントへ
    夫はATM 22

    DMMはアホなの?
    女性向けで収益上げたいならどう見てもこけそうな企画スタートさせるより、今やってるとうらぶ(未だに亀更新)、あんスタ(ブラウザ版が激重)、文アル(細かいミスが多いし軽量版が出来てもまだ重い)辺りをテコ入れしてくれ……

  • コメントへ
    ファザコン 18

    去年のオトパで発表されたハライチの人とのコラボとはまた違うのかな???手広くやるのはいいんだけど、パッケージ移植は厳しい過去作品のダウンロード版解禁とかゲーム面でやってほしいこと一杯あるんだけどなぁ……

  • コメントへ
    マザコン 14

    声優……????
    2.5次元俳優だよね??

  • コメントへ
    学生 10

    つ吉本天然素材
    雨上がりとかナイナイは、アイドル扱いだったんだぜ

  • コメントへ
    砂かけ婆 8

    最近のとりあえずなんでもアイドルに絡める風潮最高に嫌いだよ

  • コメントへ
    だぜっ娘 4

    王道のアイドル物やバンド物、演劇物とこの手の作品は開拓されつくした印象だったけどアイドル要素もあるとはいえ結構な隙間を狙ってきた感じだなぁ

  • コメントへ
    ダダ甘 3

    laugh lifeってそのまま読むとラフライフだけど某作品のパクりみたいになるから無理矢理読み方変えたの?
    っていうか、どうせオシャレイケメンキャラばっかりなんじゃないの?
    実際の芸人でイケメンもそりゃいるけど皆イケメンだったら引くわー。M1のファイナリスト達がアイドルやるって考えたらないわ。
    まぁそういう突っ込み所ありありな作品の方が最初は話題になるから、つかみはオッケーなのかね?

  • コメントへ
    五月雨 2

    しょっぱなから「楽曲入りドラマCD」発売って結局ドル売りしたいだけじゃん
    素人声優のお笑いとかスベりまくる未来しかみえない

  • コメントへ
    へそくり主婦 0

    WEST SIDEかな?

  • コメントへ
    今日だけ巫女 -2

    宮野真守連れてきたら評価する