バンダイナムコが目でも楽しめる朗読劇プロジェクトを始動!イラストに悌太さん、声優に鳥海浩輔さん、下野紘さん、小野大輔さんら

にじめん にじめん

鳥海浩輔

鳥海浩輔

とりうみこうすけ

人気記事ランキング

人気記事ランキング

特集

バンダイナムコが目でも楽しめる朗読劇プロジェクトを始動!イラストに悌太さん、声優に鳥海浩輔さん、下野紘さん、小野大輔さんら

2
バンダイナムコが目でも楽しめる朗読劇プロジェクトを始動!イラストに悌太さん、声優に鳥海浩輔さん、下野紘さん、小野大輔さんら

バンダイナムコエンターテインメントによる本格派朗読劇プロジェクトがスタート!


2019年9月1日にオリンパスホール八王子にてライブドラマシアター「天つ風、飛鳥に散る花 〜蘇我入鹿の物語 陽/月〜」が開催決定!




「ライブドラマシアター」とは、ゲームクリエイターをメインスタッフに起用し、劇中にイラストを使用することで耳だけなく目でも楽しめる朗読劇プロジェクト。


物語の舞台は「飛鳥時代」。時の権力者・蘇我入鹿を天皇の子息・中大兄皇子が暗殺するという大事件「乙⺒の変(いっしのへん)」の実像に迫ります。


出演者は蘇我入鹿役に鳥海浩輔さん、中大兄皇子役に下野紘さんが決定。そのほか、小野大輔さん増田俊樹さん八代拓さん平川大輔さんと豪華声優陣が出演します。


イラストレーションには人気のイラストレーター・悌太さんを起用。プロデュースは菱山里美さん、企画・ディレクションは伊東 愛さん、脚本を榛乃綾子さんが担当します。


チケットはアソビストア会員先行が6月3日まで受付中。CNプレイガイド一次先行は6月12日より受付がスタートします。詳しくは公式サイトをご覧ください。




登場人物


蘇我入鹿(そがのいるか) 27歳 CV:鳥海浩輔さん


倭国一の有力豪族である蘇我本宗家の⻑子。 時の権力者、大臣(おおおみ)である蘇我蝦夷(えみし)を父に持ち、 入鹿もまた大夫(まえつきみ)という大臣を補佐する地位にある。


曽祖父の代より築き上げた地位により、権力の中枢に君臨する 蘇我家の次期⻑として強い意志と高い望みを持っており、 理想を追うあまり時として強引な手段に出ることもあるため敵は少なくない。


「俺には成し遂げるべき野望がある。――あの誓いは叶わぬとも」



中大兄皇子(なかのおおえのおうじ) 20歳 CV:下野 紘さん


父・舒明天皇、母・皇極天皇の間に生まれた皇子。幼い頃より両親と離れ、 母同胞の妹・間人皇女(はしひとのひめみこ)と共に葛城で育つ。父である舒明天皇が亡くなり、呼び戻された次期大君候補のひとりだったが、 まだ年若いことから反対意見も多かった。 


政治権力を握る蘇我本宗家の事を面白く思っておらず、 また母である皇極天皇が執心している入鹿のことを憎んでいる。


「あなたは入鹿のものになり果てた。そのような有様は見たくない!」



イベント概要


真実は歴史の陽に隠される。それは、真昼の月のように――。


天つ風、飛鳥に散る花 〜蘇我入鹿の物語 陽/月〜

飛鳥時代――。 


日本の歴史において、古墳時代と奈良時代の間のわずか百年を 「飛鳥時代」という。この瞬きするほどの間に、古代日本の行方を 決定づけた世紀の大事件が起こる。


歴史に名高い「乙⺒の変(いっしのへん)」。


時の権力者・蘇我入鹿を天皇の子息である 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が暗殺するという衝撃的な事件であった。本朗読劇は、この蘇我入鹿暗殺の実像に迫る。


公演内容

本公演は「陽」(昼公演)と「月」(夜公演)の二部構成となり、それぞれ本編の最後に出演者によるエンディングトークを予定。


悪は悪だったのか――。


【「陽」(昼公演)】

一般的に知られている、国の正史と言われる「日本書紀」に則って物語は進行。逆臣と言われた蘇我入鹿の横暴が自身の暗殺を招く結果となったというもの。


【「月」(夜公演)】

「日本書紀」には描かれていない、本作独自の角度から歴史の流れを追う。一般的に知られている蘇我入鹿の物語とはまた異なる、もうひとつのドラマが見えてくる。



開催概要

ライブドラマシアター「天つ風、飛鳥に散る花 〜蘇我入鹿の物語 陽/月〜」


開催日:2019年9月1日(日)

開催場所:オリンパスホール八王子

公演時間:「陽」(昼公演)開場13:30 開演14:00/「月」(夜公演)開場17:30 開演18:00

チケット価格:全席指定 8,200円(税込)


【出演者】

蘇我入鹿:鳥海浩輔

中大兄皇子:下野 紘

中臣鎌足:小野大輔

山背大兄王:増田俊樹 

軽皇子:八代 拓

皇極天皇:平川大輔


【スタッフ】

イラストレーション:悌太 

プロデュース:菱山里美

企画・ディレクション:伊東 愛

脚本:榛乃綾子

制作:オフィスサイン
企画・製作・主催:バンダイナムコエンターテインメント


公式サイト:https://ldt.bn-ent.net

公式Twitter:https://twitter.com/bne_ldt


©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


関連記事

同性同士の恋がテーマの朗読劇『百合と薔薇』6月に上演決定!本郷奏多さん、梶裕貴さん、崎山つばささんら人気俳優&声優出演


豪華声優演じる『文豪とアルケミスト』朗読劇イベントが開催決定!浪川大輔さん(夢野久作役)、斉藤壮馬さん(江戸川乱歩役)ら出演


コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    巫女 6

    こういう朗読劇も面白そう!興味を惹かれました。
    この事件は歴史を揺るがす大きな事件だったと思うので、どのように歴史を読み込んで作品に作り上げるのか楽しみです。

  • コメントへ
    ブラコン 2

    面白そう!
    なんですが中大兄皇子の母皇極天皇が平川さんなの?
    母なの?めちゃ気になるわ?