アニメ化決定の話題作『テンカウント』『ギヴン』もランクイン!BLマンガ2019年上半期ランキング

にじめん にじめん

アニメ化決定の話題作『テンカウント』『ギヴン』もランクイン!BLマンガ2019年上半期ランキング

9
アニメ化決定の話題作『テンカウント』『ギヴン』もランクイン!BLマンガ2019年上半期ランキング

電子書籍配信サービス「BookLive!」において、独自に集計した「BLマンガ2019年上半期ランキング」が発表されました!


本記事ではTOP10にランクインした作品をご紹介。


見事、第1位に輝いた作品は…!?






ランキングTOP10


1位:抱かれたい男1位に脅されています。



作者:桜日梯子先生


【作品内容】
「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。


その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった…!敵意ムンムンの高人に対し、東谷は邪気のないキラキラ笑顔で懐いてくる。


「抱かれたい男1位だった俺を抱く?何言ってんだコイツ!」ベテラン俳優と新人俳優のラブストーリー。



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/257246/vol_no/001




2位:恋するインテリジェンス



作者:丹下道先生


【作品内容】

N国外務省にある国際情報統括官組織は、諜報活動を主に行う特殊情報収集組織である。


その諜報活動の中には「色仕掛け任務」もあり、「男役」と「女役」に分類され、二人一組の「バディ」となり、なんと極秘に夜な夜な特訓をしているのである!


主任分析官である針生篤の「バディ」は同期の美貌の麗人・戸堂眞御だが、初めての特訓の時、あまりの戸堂の愛らしさに針生は暴走してしまい、それから二人の仲はぎくしゃくしているのだが!?



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/323942/vol_no/001




3位:囀る鳥は羽ばたかない



作者:ヨネダコウ先生


【作品内容】

ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長。


金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。


部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる!



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/243208/vol_no/001




4位:30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい



作者:豊田悠先生


【作品内容】

30歳童貞、イケメンからの恋心が「魔法のせいで」丸見えで困ってます。


30歳まで童貞だったので、魔法を使えるようになってしまった安達は、「触れた人の心が読める」という地味な魔法の力(スキル)を持て余していた。


そんなある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢の心を読んでしまう。黒沢の心の中は、安達への恋心でいっぱいで!?



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/548053/vol_no/001




5位:SEX PISTOLS



作者:寿たらこ先生


【作品内容】

「俺がお前を孕ませる」…ノリ夫は突然、普通の高校生から「斑類」に目覚めてしまった!


そして出会ったのは傲慢きわまりない野獣系の男・斑目国政。出会ったその日にガンシャされ…。


動物の魂を持って生まれてくる「斑類」って一体なんなの!?繁殖を志すサイエンス・ラブ・フィクション登場



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/200367/vol_no/001




6位:ほんと野獣



作者:山本小鉄子先生


【作品内容】

実直な警察官・上田朝春は、ある朝ヤクザの後藤田輝に告られた。


「一目惚れだ…テメェが好きだ」「……誰?」 そのヤクザは昨夜助けた下着ドロの被害者だった。


その日から始まった輝の強烈アプローチ。凶暴だけど可愛い顔のヤクザ・輝と、まじめな警察官の上田の、究極ロミジュリ愛、成就なるか!?



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/254685/vol_no/001




7位:ギヴン



作者:キヅナツキ先生


【作品内容】

好きだったはずのギターも、おもしろかったはずのバスケも、くすんで見え始めたある日。


上ノ山は、壊れたギターを抱えた真冬と出会う。ギターを修理してやったら、途端に懐かれるが、偶然聴いた真冬の歌が、上ノ山に刺さって――。



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/298010/vol_no/001




8位:花恋つらね



作者:夏目イサク先生


【作品内容】

歌舞伎の名門・玉乃屋の御曹司で若手女形役者の松川惣五郎と、同じく名門・大谷屋の御曹司で立役の若手有望株・新井源介。


ある日二人は、夫婦役で初共演することになる。同い年で人気も実力もある源介をライバル視していた惣五郎だが、源介から「ずっとお前と一緒に舞台に立ちたかった」と言われ……?



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/380241/vol_no/001




9位:セラピーゲーム



作者:日ノ原巡先生


【作品内容】

超・ブラコンで、ゲイの湊は、バーで酔っ払いの男・静真と出会う。


彼の甘やかすように触れてくる指先に絆され、ホテルで一夜を過ごすが、なんと、目覚めた静真は何も覚えていなかった!


怒り狂った湊は、ノンケの静真を落としてみせると宣言し、ゲイ仲間と賭けをするが!?



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/576435/vol_no/001




10位:テンカウント



作者:宝井理人先生


【作品内容】

「黒瀬くんといると、少しだけ普通の人になったみたいに錯覚する」


潔癖症の社長秘書・城谷は偶然出会ったカウンセラーの黒瀬から、潔癖症を克服するための個人的なカウンセリングを受けることになる。


無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、センシティヴな恋のセラピー。



▼購入はこちらから

https://booklive.jp/product/index/title_id/263546/vol_no/001




第1位に輝いたのは『抱かれたい男1位に脅されています。』。2018年秋に地上波でTVアニメ化され話題に。また、アニメをきっかけにBL作品に興味を持ったという人も多いのではないでしょうか。


第2位は『恋するインテリジェンス』。N国Kヶ関の官僚たちが主人公。中央省庁の超エリートたちが恋にエッチに全力のラブコメディ。


第3位は劇場アニメが今冬に公開される『囀る鳥は羽ばたかない』。真誠会若頭の矢代と百目鬼の苦くて切ないストーリー。



特設ページでは30位までのランキングが公開されています。また、BL小説ランキングもあわせて公開されましたので、ぜひチェックされてみてください。



BLマンガ・BL小説2019年上半期ランキング

特設ページ:https://booklive.jp/feature/index/id/firsthalfbl






関連記事

宝井理人先生による恋のセラピー描くBL作品『テンカウント』2020年TVアニメ放送決定!ティザーサイト&PV公開


BLマンガ原作のTVアニメ『ギヴン』追加キャストに浅沼晋太郎さん、今井文也さん発表!PV・キービジュアル・放送日公開


コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    愛だよ愛 15

    ギヴンはアニメ化ハズレっぽいなぁ

    • コメントへ
      ミセス 4

      キャスト変更も萎えたけど作画のクオリティの低さにノイタミナブランドどこ行った?って感じですね

  • コメントへ
    帰宅部 2

    恋する鉄面皮の2巻が個人的に一位です。

  • コメントへ
    勝負メイク 2

    インテリジェンスが2位にきているのが驚きです。
    大好きですが、ニガテな方も多い作品だと思っていたので。
    好きな作品がピックアップされて嬉しい!でも映像化はしないでほしいと心から願います。

  • コメントへ
    0

    いやみではなくて素朴な疑問なんだけど1位がよくあるありきたりな画力センス話で1位とってるのはなんで?アニメ効果?こうゆうのもやっぱ操作されてるのかな

    • コメントへ
      後輩 13

      (前置きとして、どんな作品ジャンルでもそうだけど。)
      アニメ化による知名度upの効果(たぶん最も大きい)もあるし、ライト層を中心にわかりやすいテンプレな感じのが幅広くウケる、というのもある。
      マンガは画力も重要だが、広く購読してもらうには読み易さやとっつき易さもかなり重要。
      1位はその辺り全般をクリアしているのかなと思います。

      ランキングの捏造如何については分かりませんが…。

    • コメントへ
      ダンサー女子 10

      BLは好み性癖左右が千差万別だから、同じ嗜好を持つ人に刺さっても多数にうけるとは限らない。2位3位はそんな感じ。
      ありきたりってことはそれだけ定番で大衆に需要があるんでない?

    • コメントへ
      末吉 5

      ある程度BL読んでいると、初心に帰って王道って悪くないと思うこともあるのでは?

    • コメントへ
      北キツネ 4

      絵が上手いから読みやすい、萌えるとは限らないからね
      ライト層の頃は絵が上手すぎる人の作品は年齢制限かかる描写が生々しくて読めなかった
      逆にそれほど絵が上手くない人の書く表情や心理描写が大好きでファンになることも多々ある