ジャンプ漫画家陣が『DEATH NOTE』小畑健先生の展覧会に!感想&レポート漫画を投稿し話題に

にじめん にじめん

ジャンプ漫画家陣が『DEATH NOTE』小畑健先生の展覧会に!感想&レポート漫画を投稿し話題に

2
ジャンプ漫画家陣が『DEATH NOTE』小畑健先生の展覧会に!感想&レポート漫画を投稿し話題に

人気漫画『DEATH NOTE』『バクマン』などの作画で知られる小畑健先生の展覧会 へ行ったと、『斉木楠雄Ψ難』の麻生周一先生と、『いぬまるだしっ』の大石浩二先生がTwitterで報告されました!


麻生先生は「同じ漫画家なのにどうやって描いてるのか意味が分からないレベル。」「絵を描く人は絶対行った方がいいです」と投稿。


大石先生は「ぶっちゃけ人間が描いてんの?」「カラーとかほんとマジやばい」と、その時の様子をコミカルにレポート漫画で表現されています。




この投稿に、「売れっ子漫画家にここまで言わせるの凄い」「行きたくなった!」と、たくさんのコメントが寄せられました。


実際に展覧会に訪れた人たちも感想を続々とTwitterに投稿されています。




漫画家というより芸術家の域

  • ライブドローイングまじか

  • 小畑展やってるの!?
    行きたかったなぁ…ヒカ碁時代の生原稿を遥か昔のジャンプ展で見たことがあるんだけど本当めちゃめちゃ綺麗だったの覚えてる。カラーもモノクロもやばい。また見たいなぁ

  • 小畑健先生の絵は本当に同じ人間としてどうやって書いてるのか分からないレベルにすごい
    私が言うのもなんだけど、トーンとベタの被り順が読めないし、カラーイラストの色の被せ順も全然読めない
    決まった描き方がある訳では無く、感で色の順番をチョイスしてる感じがして、もはや超人の域

  • 同じ売れっ子漫画家さんにここまで言わせる小畑先生凄すぎかよ…私も行きたい…

  • 小畑健展に行って来た。マジで凄いよ、これ。どれくらい凄いかっていうと、マジ凄い。

  • 小畑先生には、漫画家というより芸術家の域になってしまっている気がする……。




「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」はアーツ千代田 3331にて、8月12日(月・祝)まで開催!


ぜひ足を運んで、小畑先生の30年間の活躍や、美しい世界観を体感してみてはいかがでしょうか。



「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」

会場:アーツ千代田 3331(〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14)

開催期間:2019年7月13日(土)~8月12日(月・祝)

主催:集英社、朝日新聞社


【チケット】

通常チケット:一般・学生1500円/中学・高校生800円/小学生600円

特典セット券:2500円

※1名分の入場券+特典引換券のセットです。特典は、展覧会オリジナルデザインのマグネット(B5サイズシート台紙に9種入り、非売品)となります。

図録セット券:3600円

※1名分の入場券+図録引換券のセットです。

本券で引換えの図録には非売品特典カバー(紙製、カバー用ラフイラストは描きおろし、チケット購入時に4作品から1つを選択)が付属します。



「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」

公式サイト:https://nevercomplete.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/obata_ten


麻生周一先生

Twitter:https://twitter.com/shu1aso


大石浩二先生

Twitter:https://twitter.com/k_marudashi



関連記事

『DEATH NOTE』11年ぶりとなる"新作読切"が期間限定公開!「少年ジャンプ」2008年掲載「Cキラ編」に続く物語


『ヒカ碁』『バクマン』小畑健先生、初の展覧会が開催!30年間の活躍や美しい世界観が体感できる!


コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    女性課長 8

    小畑先生のカラーは生原でみてみたいものの一つだよな〜

  • コメントへ
    草食系女子 -15

    寒すぎ・・・面白いって思ってるのかなこの作者