『フルバ』きりたにのあ先生(草摩紫呉)の小説がブックカバーに!リアル謎解きゲームの特典でもらえる!

にじめん にじめん

『フルバ』きりたにのあ先生(草摩紫呉)の小説がブックカバーに!リアル謎解きゲームの特典でもらえる!

4
『フルバ』きりたにのあ先生(草摩紫呉)の小説がブックカバーに!リアル謎解きゲームの特典でもらえる!

全国16エリアの書店で2019年8月1日(木)〜9月16日(月)の期間、TVアニメ『』x 『本屋巡り謎解きゲーム』が開催!

 

 

 

 

本イベントは、ファンが楽しめる優しい難易度の初級編「大切な思い出が行方不明ですっ!」と、作品の中の登場人物とやりとりをして謎を解いていくファンにはたまらない上級編スマホモード「謎の挑戦状が届きましたっ!」をご用意。

 

また参加者限定特典として、初級編は謎解き限定デザインのクリアファイル(3種類の中からランダム)、上級編スマホモードはアニメ本編に登場した本の表紙デザインのブックカバー(2種類の中からランダム)をプレゼント!

 

 

初級編「大切な思い出が行方不明ですっ!」

 

ストーリー

十二支の物の怪に憑かれている家・草摩一族——。

 

ある事情からテントで暮らしていた少女・本田透は草摩家の居候として招かれることになりました。

 

そんなある日、草摩紫呉のおつかいで本屋さんを巡ることになった透は亡き母の写真が挟まった手帳をなくしてしまいます。

 

透といっしょに本屋を巡りながら大事な手帳を見つけてあげましょう!

 

もしかしたら草摩家のみんなが協力してくれるかも!?

 

参加者特典

キット購入時に、もれなく1つプレゼント!
初級編/クリアファイル3種類の中からランダムで1種類

 

 

 

上級編スマホモード「謎の挑戦状が届きましたっ!」

 

ストーリー

十二支の物の怪に憑かれている家・草摩一族——。


ある事情からテントで暮らしていた少女・本田透は草摩家の居候として招かれることになりました。


季節は流れ、夏——。

 

草摩由希、草摩夾、そして透といっしょにキャンプへやってきたクラスメイトのあなた。


しかし…由希のお兄さんである綾女が仕掛けた“サプライズ”に巻き込まれてしまいます!

 

さらに草摩一族の楽羅にハツ春、紅葉までやってきてキャンプ場は大騒ぎに——!?

 

はたして、綾女の仕掛けたサプライズとは?

 

みんなと協力して、その“謎”を解き明かしましょう!

 

参加者特典

上級編スマホモード/ブックカバー2種類からランダムで1種類

 

 

 

イベント概要

名 称:フルーツバスケット×本屋巡り謎解きゲーム

初級編「大切な思い出が行方不明ですっ!」

上級編スマホモード「謎の挑戦状が届きましたっ!」

日程:2019年8月1日(木)〜9月16日(月)
エリア:全国書店
【北海道】北海道(札幌)
【東北】宮城(仙台)
【関東】東京(渋谷,池袋,中野,八王子),千葉(千葉),埼玉(大宮),神奈川(横浜みなとみらい)
【関西・四国】愛知(名古屋),京都(京都),大阪(大阪),兵庫(神戸)
【中国・九州】広島(広島),山口(山口),福岡(博多)
参加費:初級編 1,500円(税抜)/上級編スマホモード 2,200円(税抜)
特典:キット購入時に、特典が1つもらえます。
初級編/クリアファイル3種類の中からランダムで1種類
上級編スマホモード/ブックカバー2種類からランダムで1種類
販売場所:書店レジにてキットをお求めください。
受付時間:各日10:00〜20:00 ※各書店の営業時間に準じます
備考:受付時間は各書店の営業時間により前後致します。事前に各書店の情報をご確認ください
プレイ時間:初級編・上級編スマホモードともに1〜1.5時間程度を想定しています
対象書店:下記項目をご確認ください
主催:株式会社トーハン
企画制作:株式会社ハレガケ(NAZO×NAZO劇団)
特設サイト:https://nazoxnazo.com/fruits_basket/
イベントページ:https://nazoxnazo.com/fruits_basket_nazo/

 

©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

 

関連記事

TVアニメ『フルバ』第2クールのOPを大塚愛さんが担当!女性的美貌を持った青年・利津役に河西健吾さんら追加キャストも

 

隠し撮り生写真入り『フルバ』プリンス・ユキの非公認ファンクラブ会則が刻まれたフォトアルバムが発売!

 


関連タグ

フルーツバスケットアニメコラボカフェニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 12

    ラノベという言葉が無かった時代にしぐれさんは未来を行ってたな

    • 名無しさん 5

      ラノベを読まない一般層にもその名称が広まったのは2000年頃からなんだけど、90年代には「ライトノベル」って単語は読者の間では定着してたよ。
      他にも、青少年向け を示唆する「ヤングアダルト」って呼び方や、女子小中学生向けのレーベルは「少女小説」って呼ばれたりもしてた。自分もそう呼んでた。(少女小説は遡ると戦前まで行くらしいです…すごい)
      現在主に”ライトノベル”と呼ばれる類の少年少女向けな小説のジャンル自体は主に70年代後半頃から広まったみたい。

  • 名無しさん 9

    「趣味で書いてる本」と言ってたからてっきり同人的な本かと思ってたら
    普通に出版社から出してた本なんだ?凄いね~紫呉さん

  • 名無しさん 2

    のっちーって(笑)