「このマンガがすごい!2019」第1位に選ばれたのは『SPY×FAMILY』『さよならミニスカート』

にじめん にじめん

「このマンガがすごい!2019」第1位に選ばれたのは『SPY×FAMILY』『さよならミニスカート』

9
「このマンガがすごい!2019」第1位に選ばれたのは『SPY×FAMILY』『さよならミニスカート』

宝島社が毎年発行しているマンガ紹介本の最新版「このマンガがすごい!2020」が、12月12日に発売されました!

 

今年の人気マンガに選ばれたのはいったいどの作品なんでしょうか。

 

本記事では「オトコ編」「オンナ編」のトップ5をご紹介します。果たして第1位に輝いたのは…?

 

 

 

 

オトコ編

 

第5位『水は海に向かって流れる』田島列島先生

 

 

あの人、本当は怒りたいんじゃないの?」高校への進学を機に、叔父の家に居候することになった直達。だが最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さんだった。

 

案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、ヒゲメガネの大学教授、どこか影のある25歳OLと、いずれも曲者揃い。

 

そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まった。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/60013590/vol_no/001

 

 

第4位『チェンソーマン』藤本タツキ先生

 

 

悪魔のポチタと共にデビルハンターとして借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジ。

 

ド底辺の日々は、残忍な裏切りで一変する!! 悪魔をその身に宿し、悪魔を狩る、新時代ダークヒーローアクション、開幕!

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/582763/vol_no/001

 

 

第3位『僕の心のヤバイやつ』桜井のりお先生

 

 

学園カースト頂点の美少女・山田杏奈の殺害を妄想してはほくそ笑む、重度の中二病の陰キャ・市川京太郎。だが山田を観察する内に、京太郎が思う「底辺を見下す陽キャ」とは全然違うことに徐々に気づいていき…!? 

 

陰キャ男子・京太郎の初めて恋、始まる。陽キャ美少女×陰キャ少年のニヤニヤ系青春格差ラブコメディ!!

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/555559/vol_no/001

 

 

第2位『ロボ・サピエンス前史』島田虎之介先生

 

 

ロボットの捜索を職とするサルベージ屋、誰の所有物でもない「自由ロボット」、半永久的な耐用年数を持つ「時間航行者」……。

 

さまざまな視点で描かれるヒトとロボットの未来世界。時の流れの中で、いつしか彼らの運命は1つの大きな終着点に向かって動きだしていく……。

 

世界の行く末を壮大に夢想した、ロマンティック・フューチャー。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/642426/vol_no/001

 

 

第1位『SPY×FAMILY』遠藤達哉先生

 

 

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者!

 

“妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/618908/vol_no/001

 

 

オンナ編

 

第5位『心臓』奥田亜紀子先生

 

 

中学生の切実な日常を真正面から描き切った大傑作『ぷらせぼくらぶ』から六年。奥田亜紀子の原点と現在地を収録した作品集がついに刊行。

 

ページが光っているような眩いトーンワークが照らし出す心の深いところ。吹き溜まりだと感じていた場所にあったのは、思いのほかに美しいものなのかもしれない。

 

どこまでも繊細な才能が、鋭く研ぎ澄まされた感性で描く私たちのドラマ。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/634685/vol_no/001

 

 

第4位『ミステリと言う勿れ』田村由美先生

 

 

『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! 

 

その主人公は、たった一人の青年!しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!!

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/484330/vol_no/001


 

 

第3位『あした死ぬには、』雁 須磨子先生

 

 

本奈多子(ほんな・さわこ)、42歳、独身。映画宣伝会社に勤め、ハードワークをこなす日々。

 

ある夜突然、心臓の動悸が止まらず、体が冷たくなって……。もしかして私、更年期障害かもしれない!?

 

苛々したり、涙腺がゆるんだり、おばさんと言われて悲しくなったり。心身の変化に戸惑いながら、迷いながら、私たちは、あしたを生きる。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/622777/vol_no/001

 

 

第2位『夢中さ、きみに。』和山やま先生

 

 

気になる君はうしろの席に――。WEBなどで噂の作品たちが待望のコミックス化。

 

話題の作品「うしろの二階堂」は全ページ加筆修正のうえ、30ページ以上の描き下ろし続編を収録。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/641332/vol_no/001

 

 

第1位『さよならミニスカート』牧野あおい先生

 

 

その日、彼女は「女の子」をやめた――。

 

女子で唯一、スラックスで通学する仁那が抱える秘密とは。衝撃のドラマが幕を開ける。

 


▼無料試し読みはこちら

https://booklive.jp/product/index/title_id/560240/vol_no/001

 

 

オトコ編の第1位には、スパイアクション&偽装ファミリーを描いた『SPY×FAMILY』。

 

オンナ編の第1位には、過去を全て隠して高校生活を送る少女を主人公とした衝撃作『さよならミニスカート』がランクイン。

 

読んだことのない人は、この機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

「このマンガがすごい!」の公式サイトでは、ランキングトップ10まで公開されていますので、ぜひチェックされてみてくださいね。

 

 

このマンガがすごい!

公式サイト:http://konomanga.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/konomanga_jp

 

 

【関連商品】このマンガがすごい! 2020

 

 

商品概要

 

価格:792円

▼ご予約・ご購入はこちらから
アニメイト

 

関連商品一覧

コミックス最新刊をチェック!【アニメイトオンラインショップ】

 

関連タグ

ニュース

 

関連記事

 

 

 


関連タグ

漫画ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 15

    1位はどっちも選ばれたのわかるな〜
    漫画といえば鬼滅!って2019年だったけど、他の漫画も豊作でいい年だった

  • 名無しさん 56

    SPY×FAMILYは本当に面白い。アーニャが愛しくて仕方ない。ジャンプ系だから近い将来高い確率でアニメ化の予感だが、どうかどうにかゴリ枠声優が来ないように、良きスタッフを集結させてほしいと今から願うばかり。

  • 名無しさん 17

    このランキング、いつもいい意味で意識高い系?っていうのかな?メッセージ性重視っていうか雰囲気がしっとりしてるのがランクインするイメージだったから気軽に楽しめる軽いタッチのコメディが一位なの以外だ

  • 名無しさん 27

    ラノベとか軒並み内容もじったタイトル多いから
    漫画のタイトル安心する、パッと見どんな内容かな?と思うくらいのが個人的に好き
    気になるのあるのでいくつかチェックしたい

  • 名無しさん 5

    さよならミニスカート、なんでか原作・秋元康って覚えてたけど原作原案はいないんだな…
    どこで覚え間違いしてたんだろう…?

    • 名無しさん 2

      AKB関連の子が握手会で切り付けられた事件と重なったからではと思う。

    • 名無しさん -1

      いや、私もそれ見ました。何故か無かったことになっているような。。?

  • 名無しさん 16

    さよならミニスカート言うほど刺さらなかったな。

  • 名無しさん 3

    さよならミニスカート、私は好きだな
    ジェンダーに切り込んで丁寧に描ける作品って少ないし、単純にストーリーの謎解き要素も面白い