アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

アニメ

「美少女戦士セーラームーン」52キャラ一覧まとめ!驚きの設定や敵キャラも網羅

2022年 02月15日
Tuesday 11:42
「美少女戦士セーラームーン」52キャラ一覧まとめ!驚きの設定や敵キャラも網羅

幅広い世代の女の子を虜にし、世界中で大人気の「美少女戦士セーラームーン」。

 

本作に登場するセーラー戦士や敵組織など52キャラクターの情報を一覧にまとめました!

 

アニメしか見ていないと驚くかもしれない衝撃の設定や、前世・未来の姿などもネタバレありでご紹介しています。

 

記事の最後には、作品についても簡単に説明していますので、あわせてチェックしてください!


 

 

 

美少女戦士セーラームーンのキャラクター紹介

主人公

月野うさぎ(つきのうさぎ)/セーラームーン

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

 

初代テレビアニメ声優:三石琴乃(みついしことの)さん
「Crystal」シリーズ声優:三石琴乃(みついしことの)さん

 

プロフィール

誕生日:6月30日
守護星:月
将来の夢:およめさん

 

変身の台詞

無印→「ムーン・プリズムパワー、メイクアップ」
R→「ムーン・クリスタルパワー、メイクアップ」
S→「ムーン・コズミックパワー、メイクアップ」
スーパーズ→「ムーン・クライシス、メイクアップ」

 

必殺技
「ムーン・ティアラ・アクション」(原作漫画では「ムーン・ティアラ・ブーメラン」)
無印→ムーン・ヒーリング・エスカレーション
R→ムーン・プリンセス・ハレ―ション
S→ムーン・スパイラル・ハート・アタック
スーパーズ→ムーン・ゴージャス・メディテイション
エターナル→スターライト・ハネムーン・セラピー・キッス

 

性格はドジで泣き虫。

偶然ルナというしゃべる猫に出会ったことで、セーラームーンに変身する力を手に入れます。
当初は区立十番中学校に通っていて、物語が進むと中学を卒業し、区立十番高校に通いだします。

 

前世は月の王国シルバー・ミレニアムの王女であるプリンセス・セレニティ。
当時の恋人は地球の王国ゴールデン・キングダムの王子プリンス・エンディミオン。彼は、地場衛の前世の姿です。

 

月の王国と地球の王国が戦争をしたことをきっかけに2人は命を落としますが、プリンセス・セレニティの母親と、幻の銀水晶の力で月野うさぎとして生まれ変わりました。

 

うさぎの未来の姿は、30世紀の地球クリスタル・トーキョーの女王で、ネオ・クィーンセレニティと名乗っています。

未来でも、地場衛の未来の姿キング・エンディミオンと恋をし2人間にはちびうさという子供が産まれます。

 

決め台詞は「月に代わって、おしおきよ」。

 

 

ちびうさ/セーラーちびムーン

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:荒木香衣(あらきかえ)さん
「Crystal」シリーズ声優:福圓美里(ふくえんみさと)さん

 

プロフィール
誕生日:6月30日
守護星:月
将来の夢:レディになること

 

変身の台詞
「ムーン・プリズム・パワー・メイクアップ」
美少女戦士セーラームーンS」から変身が可能になりますが、セーラー戦士見習いのため戦闘能力はあまり高くありません。

 

必殺技
「ピンク・シュガー・ハート・アタック」
「トゥインクル・エール」

 

うさぎの従妹を名乗って生活する小学生。

愛と正義のセーラー服美少女戦士見習いとしてセーラーちびムーンに変身します。

 

実は、30世紀のクリスタル・トーキョーの王女で、未来のうさぎと衛の娘

名前はプリンセス・うさぎ・”スモールレディ”・セレニティです。

未来を救ってもらうために、うさぎたちの前に現れました。

 

時空の鍵を持っており、この鍵を使って30世紀と現在を行き来できるようになっています。

 

相棒はダイアナ。

 

 

セーラー戦士:四守護神(内部太陽系戦士)

月野うさぎの前世の姿、プリンセス・セレニティを守るためにいた4人のセーラー戦士の生まれ変わりです。
内部太陽系を守護に持っています。

 

原作では、セレニティのお世話係や、家庭教師なども務めており、各守護星の王女という設定もありました。
シルバー・ミレニアムが滅亡後した後、うさぎと共に地球人として転生しましたが、うさぎ同様前世の記憶を持っていない状態で転生していたため、セーラー戦士として覚醒するまでは普通の地球人として生活を送っていました。

 

 

水野亜美(みずのあみ)/セーラーマーキュリー

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:久川綾(ひさかわあや)さん
「Crystal」シリーズ声優:金元寿子(かねもとひさこ)さん

 

プロフィール
誕生日:9月10日
守護星:水星
将来の夢:医者

 

変身の台詞

「マーキュリー・パワー・メイクアップ」
「マーキュリー・スターパワー、メイクアップ」
「マーキュリー・プラネットパワー、メイクアップ」
「マーキュリー・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「シャボン・スプレー」
「シャボン・スプレー・フリージング」
「シャイン・アクア・イリュージョン」
「マーキュリー・アクア・ラプソディー」

 

医者の家に生まれ、IQ300を持つ天才少女。
愛称はあみちゃん。
水星を守護に持つセーラー戦士セーラーマーキュリーに変身する。

 

うさぎと同じ中学に通っていながらも、天才少女として周りから一目置かれていたため、うさぎたちと出会うまで友達は一人もいませんでした

 

決め台詞は「水でもかぶって反省しなさい

 

 

火野レイ(ひのレイ)/セーラーマーズ

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:富沢美智恵(とみざわみちえ)さん
「Crystal」シリーズ声優:佐藤利奈(さとうりな)さん

 

プロフィール
誕生日:4月17日
守護星:火星
将来の夢:宮司

 

変身の台詞

「マーズパワーメイクアップ」
「マーズ・スターパワー、メイクアップ」
「マーズ・プラネットパワー、メイクアップ」
「マーズ・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「バーニング・マンダラー」
「蛇火炎(マーズ・スネイク・ファイヤー)」
「マーズ・フレイム・スナイパー」
「ファイヤーソウル」
「ファイヤー・ソウル・バード」

 

火川神社で巫女をしている少女で、うさぎたちとは違い私立T.A女学院中等部に通学。

火星を守護に持つ戦いの戦士セーラーマーズに変身します。

 

霊感が強く、フォボスとディモスという2羽の烏を飼っています。
原作では、この2羽と同じ名前の火星の衛星を守護に持っていて、レイを守っています。

 

また、原作では大人っぽい美人という性格ですが、アニメではうさぎとよく喧嘩をし活発で少し気の強い性格に代わっているのが特徴。

 

さらに、原作では男嫌いを公言していますが、アニメではうさぎと同じく衛に惚れています。

 

決め台詞は「火星に変わってせっかんよ」(アニメ)
ハイヒールでお仕置きよ!」(原作)

 

 

木野まこと(きのまこと)/セーラージュピター

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:篠原恵美(しのはらえみ)さん
「Crystal」シリーズ声優:小清水亜美(こしみずあみ)さん

 

プロフィール

誕生日:12月5日
守護星:木星
将来の夢:およめさん、ケーキ屋さん、お花屋さん

 

変身の台詞

「ジュピター・パワー、メイクアップ」
「ジュピター・スターパワー、メイクアップ」
「ジュピタープラネットパワー、メイクアップ」
「ジュピター・クリスタルパワー、メイクアップ!」

 

必殺技

「シュープリーム・サンダー」
「スパークリング・ワイド・プレッシャー」
「シュープリーム・サンダー・ドラゴン
「ジュピター・ココナッツ・サイクロン」
「ジュピター・オーク・エボリューション」

 

うさぎたちが通う区立十番中学校に転入するが、前の学校の制服を着ているのが特徴。

木星を守護に持ち、保護の戦士セーラージュピターに変身することができます。

 

身長が高く、男勝りで非常に怪力の持ち主ですが、料理や植物を育てることが好きという女の子らしい一面も持っています。

 

さらに、男の人に惚れやすいところがあり周りが見えなくなるほど夢中になってしまうことも…。

 

決め台詞「しびれるくらい、後悔させるよ

 

 

愛野美奈子(あいのみなこ)/セーラーヴィーナス/セーラーV

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:深見梨加(ふかみりか)さん
「Crystal」シリーズ声優:伊藤静(いとうしずか)さん

 

プロフィール
誕生日:10月22日
守護星:金星
将来の夢:アイドル

 

変身の台詞

「ヴィーナス・パワー・メイクアップ」
「ヴィーナス・スターパワー、メイクアップ」
「ヴィーナス・プラネットパワー、メイクアップ」
「ヴィーナス・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「クレッセント・ビーム」
「ヴィーナス・ラブ・ミー・チェーン」
「ヴィーナス・ラブ・アンド・ビューティ・ショック」
「ローリング・ハート・バイブレーション」

 

アルテミスという白猫が相棒で、内部太陽系戦士のリーダー的なポジションを務める愛の戦士。

 

他の戦士より早く覚醒をしたため、セーラーヴィーナスになる前に、セーラーVとして活躍をしていました。
うさぎと容姿が似ていることから、セーラームーンの身代わりを務めたこともあります。

 

決め台詞は「愛の天罰、落とさせて頂きます

 

 

セーラー戦士:外部太陽系戦士

原作漫画第3期、テレビアニメ「S」から登場する4人のことをさす。

 

「タリスマン」という強力な力を持つ武器をクイーン・セレニティによって与えられたセーラー戦士の生まれ変わり。
外部太陽系の惑星を守護に持っているため孤独の戦士とも言われてきました。
転生し、地球人となってからは4人で一緒に暮らしています。

 

 

天王はるか(てんおうはるか)/セーラーウラヌス

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:緒方恵美(おがためぐみ)さん
「Crystal」シリーズ声優:皆川純子(みながわじゅんこ)さん

 

プロフィール
誕生日:1月27日
守護星:天王星
将来の夢:レーサー

 

変身の台詞

「ウラヌス・プラネットパワーメイクアップ」
「ウラヌス・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「天界震(ワールド・シェイキング)」
「宇宙剣乱風(スペース・ソード・ブラスター)」
「宇宙乱気流(スペース・タービュレンス)」

 

初登場時は私立無限学園高等部に通っていましたが、後にうさぎたちと同じ十番高校に転校してきました。

 

レーサーをしており、男らしいルックスで女の子からモテています。
性別は男性でも女性でもなく、その時々で変化可能。

アニメでは男装の美少女という設定でした。

 

決め台詞は「天王星の風騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーウラヌス、華麗に活躍」です。

 

 

海王みちる(かいおうみちる)/セーラーネプチューン

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:勝生真沙子(かつきまさこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:大原さやか(おおはらさやか)さん

 

プロフィール
誕生日:3月6日
守護星:海王星
将来の夢:バイオリニスト

 

変身の台詞

「ネプチューン・プラネットパワー、メイクアップ」
「ネプチューン・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「深水没(ディープ・サブマージ)」
「深海鏡射(サブマリン・リフレクション)」
「深海提琴潮流(サブマリン・ヴィオロン・タイド)」

 

いつもはるかと行動を共にしているバイオリニスト。

非常に落ち着いた性格で、お姉さん的なポジションです。

 

アニメ版では、はるかとの恋愛関係がうさぎと地場衛の合わせ鏡のように描かれており、世界やプリンセスを守るという使命を重視しつつも、それに負けないくらいはるかを大切にしています。

 

決め台詞は「海王星の潮騒ぐ、新たな時代に誘われて、セーラーネプチューン、優雅に活躍」です。

 

 

冥王せつな(めいおうせつな)/セーラープルート

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:川島千代子(かわしまちよこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:前田愛(まえだあい)さん

 

プロフィール
誕生日:10月29日
守護星:冥王星
将来の夢:デザイナー

 

変身の台詞

「プルート・プラネットパワー、メイクアップ」
「プルート・クリスタルパワー、メイクアップ!」

 

必殺技

「時空嵐撃(クロノス・タイフーン)」
「時空球(ガーネット・ボール)」
「冥空封印(ダーク・ドーム・クローズ)」
「デット・スクリーム」

 

テレビアニメ第2期「R」後半の「ブラック・ムーン編」に、外部太陽系セーラー戦士で初めて登場。

他の戦士より年上で、初登場時では女子大生。

後にちびうさの通う小学校の養護教諭になります。

 

30世紀の未来、クリスタル・トーキョーの「時空の扉」の部屋で暮らす孤独の戦士。

時を操れるため、彼女には「時間を移動するべからず、守るべき扉から決して離れるべからず、時間を停めるべからず」という禁忌事項が課せられています。

 

現世でも、親友のちびうさを「スモール・レディ」と呼ぶプルートのことを、ちびうさは「ぷー」と呼ぶなど非常に慕っている様子。

 

原作では、アニメ以上に重要なキャラクターとして描かれています。

 

決め台詞は「時空の星、冥王星を守護に持つ、変革の戦士セーラープルート」です。

 

 

土萠ほたる(ともえほたる)/セーラーサターン

「美少女戦士セーラームーン キャラ一覧」土萠ほたる

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:皆口裕子(みなぐちゆうこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:藤井ゆきよ(ふじいゆきよ)さん

 

プロフィール
誕生日:1月6日
守護星:土星
将来の夢:看護師

 

変身の台詞

「サターン・プラネットパワー、メイクアップ」
「サターン・クリスタルパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「死世界変革(デス・リボーン・レボリューション)」
「不動城壁(サイレンス・ウォール)」
「沈黙鎌奇襲(サイレンス・グレイブ・サプライズ)」

 

初登場時は無限学園初等部6年生で、病弱な少女でした。

爆発に巻き込まれ大怪我を追った際、敵のダイモーンに命を救われ、ミストレス9の依り代にされてしまいました。

友だちができてもミストレス9に操られて追い払ってしまうため、強い孤独を感じていましたが、ちびうさと仲良くなったことによって徐々に明るさを取り戻していきます。

 

セーラーサターンは破滅と誕生の戦士と言われているため、彼女が覚醒すると世界が滅んでしまうと考えられ、ウラヌス・ネプチューン・プルートから命を狙われます。

 

テレビアニメではセーラー戦士の中で唯一変身シーンが描かれていなかったのですが、2021年に公開された劇場版「Eternal」にて、映像作品で初めて変身シーンが描かれました。

 

決め台詞は「沈黙の星、土星を守護に持つ、破滅と誕生の戦士セーラーサターン」。

 

 

セーラースターライツ(キンモク星系戦士)

火球皇女に仕える3人の守護戦士です。
流星雨に紛れて地球に飛来し火球を探すために、アイドルグループ「スリーライツ」として活動をしています。

 

原作では、男装をしている女性ですが、アニメだと男性に変身をしています。
また、原作ではうさぎたちセーラー戦士について認識していますが、アニメだとセーラー戦士についての知識は持ち合わせていない状態で登場しています。

 

 

星野光(せいやこう)/セーラースターファイター

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」173話)

 

初代テレビアニメ声優:新山志保(にいやましほ)さん

 

プロフィール
誕生日:7月30日

 

変身の台詞

「ファイター・スターパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「スター・シリアス・レイザー」

 

スターライツでボーカルを担当。
都立十番高校に転校してきたことで、うさぎたちと同じ高校に通い始めます。

 

うさぎ曰く、衛と目や声が似ているそうで、星野は火球にうさぎが似ていると感じているようです。
そのため、アニメでは星野がうさぎに一目惚れする描写も有ります。

 

決め台詞は「闇を切り裂く、さすらいの流れ星セーラースターファイター。ステージ・オン

 

 

大気光(たいきこう)/セーラースターメイカー

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」173話)

 

初代テレビアニメ声優:津野田なるみ(つのだなるみ)さん

 

プロフィール
誕生日:5月30日

 

変身の台詞

「メイカー・スターパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「スター・ジェントル・ユーテラス」

 

スリーライツで作詞作曲をしているほか、ギターとキーボードも担当しています。
保守的でクールな性格で、いつでも冷静沈着。
亜美ちゃんと並ぶほどの頭の良さをもっています。

 

決め台詞は「闇を切り裂く、さすらいの流れ星。セーラースターメイカー!、ステージ・オン

 

 

夜天光(やてんこう)/セーラースターヒーラー

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」173話)

 

初代テレビアニメ声優:坂本千夏(さかもとちか)さん

 

プロフィール
誕生日:2月8日

 

変身の台詞

「ヒーラー・スターパワー、メイクアップ」

 

必殺技

「スター・センシティブ・インフェルノ」

 

スターライツではキーボードを担当。

3人の中で一番童顔で背が低いですが、モデルとしても活躍を見せています。

 

性格は、外面は非常に良いが、本質は神経質のナルシストで根暗。

スターライツ3人の中で一番地球人を嫌っています。

 

決め台詞「闇を切り裂く、さすらいの流れ星セーラースターヒーラー、ステージ・オン

 

 

その他重要人物・協力者

地場衛(ちばまもる)/タキシード仮面(タキシードかめん)

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:古谷徹(ふるやとおる)さん
「Crystal」シリーズ声優:野島健児(のじまけんじ)さん

 

原作では高校生、アニメでは大学生の設定。

ルックスもよく非常にモテるため、レイちゃんやネヘレニアなど敵味方問わず虜にしてしまいます。

 

うさぎの運命の恋人ですが、物語当初は「お団子頭」と彼女をからかっていました。

タキシード仮面に変身すると、セーラー戦士のサポート役になることが多いです。

 

前世は地球国の王子プリンス・エンディミオン。

月の王国「シルバー・ミレニアム」の王女、プリンセス・セレニティ(月野うさぎの前世)と禁断の恋に落ちました。

 

30世紀の未来では、「クリスタル・トーキョー」の王キング・エンディミオンとなりうさぎの未来の姿ネオ・クイーン・セレニティと結婚。

間に娘のスモール・レディ(現世のちびうさ)が誕生しています。

 

必殺技

「サイコメトリー」
「タキシード・ラ・スモーキング・ボンバー」

 

 

ルナ

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:潘恵子(はんけいこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:広橋涼(ひろはしりょう)さん

 

うさぎの相棒で、雌の黒猫
世話好きでしっかりした性格のため、ドジで泣き虫なうさぎの面倒をよく見ています。
人の言葉が話せますが、おでこにある月のマークに傷がつくとしゃべれなくなってしまいます。

 

地球人に転生した際にセーラー戦士たちが記憶を無くしていることにショックを受けていましたが、彼女たちを覚醒させるため変身アイテムなどを渡しています。
普段は猫の姿ですが、人型になることも可能

 

 

アルテミス

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:高戸靖広(たかとやすひろ)さん
「Crystal」シリーズ声優:大林洋平(おおばやしようへい)さん

 

美奈子の相棒で雄の白猫。美奈子のことを「美奈」と呼んでいます。
ちょっと天然な部分もありますが、真面目な性格です。

 

ルナに惚れていて、セーラー戦士が記憶を無くして転生した事実を知り、落ち込んでいるルナを慰めるなど、溺愛している様子。

ルナと同じく人型になることもできます。

 

 

ダイアナ

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:西原久美子(にしはらくみこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:中川翔子(なかがわしょうこ)さん

 

ちびうさの相棒で、雌の灰色猫。
ルナとアルテミスの未来の娘でもあります。

 

まだ子猫ですが、しっかりした性格で、敬語でしゃべるのが特徴。
ちびうさのことを「スモールレディ」と呼んでいます。

 

 

クイーン・セレニティ

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」44話)

 

初代テレビアニメ声優:土井美加(どいみか)さん
「Crystal」シリーズ声優:小山茉美(こやままみ)さん

 

うさぎの前世の母親で月の王国「シルバー・ミレニアム」の前女王。

 

転生し、地球人となったうさぎにも母親がいますが、クイーン・セレニティの生まれ変わりではありません。

 

幻の銀水晶を持っており、ダーク・キングダムのクイン・メタリアによって月を滅ぼされた際には、自分の命と引き換えに銀水晶の力を開放しメタリアを封印。

自分の記憶を月のホストコンピュータにインプットしていたので、シルバー・ミレニアムの廃墟に来たセーラー戦士の前にホログラム映像で現れています。

 

 

ちびちび/セーラーちびちび

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」186話)

 

初代テレビアニメ声優:三石琴乃(みついしことの)さん

 

セーラーちびちびに変身する謎の少女。

うさぎ自身もその正体を知らないでいたが、うさぎの妹としていつのまにか一緒に生活をしています。

 

また、まだ言葉を上手にしゃべれず、基本的に「ちびちび」としか話しません。
しかし、その正体は“宇宙最強の戦士”であるセーラーコスモスです。

 

 

エリオス

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:松野太紀(まつのたいき)さん
「Crystal」シリーズ声優:松岡禎丞(まつおかよしつぐ)さん

 

原作第4期、テレビアニメ「SuperS」に登場。

 

プリンス・エンディミオン(地場衛の前世)の守護祭祀。

地球の奥深くにある聖地「エリュシオン」で、エンディミオンと地球を見守る使命を持っています。

 

現世にてデッド・ムーンに襲われたエリュシオンを救う「乙女」を探していた際、美しい夢を持つちびうさと出会い、その「夢の鏡」に隠れました。

 

エンディミオンが転生した衛とは心と体が繋がっているため、エリオスがかけられたネヘレニアの呪いを衛も受けています。

 

原作では、ネヘレニアの呪いによってペガサスの姿に変えられていますが、アニメではもともとペガサスと人間の両方の姿を持っています。

 

 

敵サイド:ダークキングダム

原作、テレビアニメ「美少女戦士セーラームーン(無印)」に登場。

 

首領格であるクイン・メタリアに憑依されたクイン・ベリルがシルバー・ミレニアム(うさぎの前世が女王を務める月の王国)を襲撃し、敵となります。

 

 

クイン・メタリア

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」12話)

 

初代テレビアニメ声優:上村典子(うえむらのりこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:松岡洋子(まつおかようこ)さん

 

「悪魔」や「魔女」と呼ばれる闇の存在。
クイーン・セレニティ(うさぎの前世の母)が自分の命と引き換えに一度は封印したが、クイーンの力が不完全だったために完全封印はされておらず、転生したベリルに憑依する形で復活を遂げます。

 

黒い霧のような姿で、額の黒い模様が弱点。
最後はセーラームーンによって完全封印されます。

 

 

クイン・ベリル

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」45話)

 

初代テレビアニメ声優:潘恵子(はんけいこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:渡辺美佐(わたなべみさ)さん

 

ダーク・キングダムの女王

本来の姿は敵組織ではなく地球の預言者だったのですが、エンディミオンに対し寄せていた密かな想いをメタリアに利用されてしまい憑依されました。

 

その結果、エンディミオンの配下を洗脳しダーク・キングダムの司令官に。

その後地球の人々をも洗脳してシルバーミレニアムを襲撃し、エンディミオンとプリンセス・セレニティの命を奪った張本人です。

 

最終決戦では、これまで憑依されていただけのメタリアと完全に一体化し、スーパー・ベリルとなってプリンセスに覚醒したうさぎに挑むも、4人のセーラー戦士の魂に力を分け与えられ極大化したムーン・ヒーリング・エスカレーションの光に呑み込まれ、消滅しました。

 

 

ジェダイト(ダーク・キングダム四天王)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」13話)

 

初代テレビアニメ声優:小野坂昌也(おのさかまさや)さん
「Crystal」シリーズ声優:岸尾だいすけ(きしおだいすけ)さん

 

ダーク・キングダム四天王の一人。

 

アニメでは人間の欲望を利用し、エナジーを集めようとしており、性格は冷酷。
セーラー戦士の正体を暴いたのですが、敗北の責任として永遠の眠りの刑に処せられ凍結されてしまいました。

 

原作では極東支部長で、土人形の兵を操って攻撃。
前世ではセーラーマーズに好意を寄せていました。

 

 

ネフライト(ダーク・キングダム四天王)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」24話)

 

初代テレビアニメ声優:森功至(もりかつじ)さん
「Crystal」シリーズ声優:鳥海浩輔(とりうみこうすけ)さん

 

アニメでは非常にプライドが高く、青年実業家のふりをしていました。

 

人間からエナジーを集めるために占星術を使ってターゲットを選定。

ターゲットに妖魔を憑依させて奪い取るという手段を使っていました。

 

うさぎの親友・大阪なるに想いを寄せ、彼女を守るために命を落とします。

 

原作では、北米支部長で自分の影を使ってエナジー収集などをおこなっていました。
前世ではセーラージュピターに想いを寄せています。

 

 

ゾイサイト(ダーク・キングダム四天王)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」6話)

 

初代テレビアニメ声優:難波圭一(なんばけいいち)さん
「Crystal」シリーズ声優:松風雅也(まつかぜまさや)さん

 

アニメではオネェ口調で、同性愛者。
同じ四天王のクンツァイトと恋仲でした。

部下を使ってネフライトを殺害し、黒水晶を奪うなど非情な面も持ち合わせています。

 

原作では欧州支部長で、テレビ出演して視聴者を洗脳し、幻の銀水晶を探していました。
セーラーマーキュリーに想いを寄せています。

 

 

クンツァイト(ダーク・キングダム四天王)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」33話)

 

初代テレビアニメ声優:曽我部和恭(そがべかずゆき)さん
「Crystal」シリーズ声優:竹本英史(たけもとえいじ)さん

 

四天王のリーダー。

アニメではゾイサイトと同じくゲイで、相思相愛。
ゾイサイトに対して非常に尽くしていて、セーラームーンによって倒された時も、ゾイサイトの名前を叫びながら死んでいったほどです。

 

原作では中東支部長でしたが、ベリルに反逆を企てたこともあります。
前世では、ヴィーナスと恋仲でした。

 

 

敵サイド:ブラック・ムーン

原作、テレビアニメでは「R」、「Crystal」では第2期に登場。
30世紀の未来において、太陽系第10番惑星・ネメシスを本拠地としているセーラームーンたちの敵。

 

一族のシンボルとして、逆さまの黒い三日月の紋章が額に現れるのが特徴です。

 

 

ワイズマン/デス・ファントム

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」68話)

 

初代テレビアニメ声優:丸山詠二(まるやまえいじ)さん
「Crystal」シリーズ声優:岩崎ひろし(いわさきひろし)さん

 

デマンドたちに予言を告げて去っていく謎の人物で、普段は紫のようなローブをかぶり姿がよく見えない。

本体はシルバー・ミレニアムが浄化されることを受け入れずに、殺戮や犯罪を広めようとした異能犯罪者デス・ファントムです。

 

30世紀のクリスタル・トーキョーに多大な被害を与えた人物でもあります。

 

 

ブラック・レディ

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」85話)

 

初代テレビアニメ声優:荒木香衣(あらきかえ)さん
「Crystal」シリーズ声優:福圓美里(ふくえんみさと)さん

 

ワイズマンに心の闇につけ込まれて洗脳され、ダーク・パワーを受け入れたことで、ブラック・ムーン一族になってしまったちびうさの姿
自称、暗黒の女王。

 

ルナPボールを変化させ、セーラームーンたちに攻撃を仕掛けてきます。
ちびうさが変身した姿と知ったセーラームーンたちは、彼女に攻撃出来ず苦戦を強いられました。

 

プリンス・デマンド

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」68話)

 

初代テレビアニメ声優:塩沢兼人(しおざわかねと)さん
「Crystal」シリーズ声優:宮野真守(みやのまもる)さん

 

ブラック・ムーン一族のリーダー。
基本的には戦闘に参加せず、椅子に座ってワインを飲みながら部下に指示を出しています。
しかし、実力もきちんとあり、ワイズマンから与えられた邪眼を自身の額の紋章に宿していて、この目を見た者の意思を奪い取ることができます。

 

クリスタル・トーキョー襲撃の時に、ネオ・クイーン・セレニティに一目惚れをし、過去の姿であるうさぎにも執着を見せ、最後はワイズマンからセーラームーンを庇って死亡。

 

 

蒼のサフィール(あおのさふぃーる)

左(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」23話)

 

初代テレビアニメ声優:カシワクラツトム(かしわくらつとむ)さん
「Crystal」シリーズ声優:代永翼(よながつばさ)さん

 

デマンドの弟で上級幹部の一人。
ワイズマンに不信感を抱いているため唯一、邪悪水晶のピアスを着けていないのが特徴です。

 

原作では、このピアスを着けないことでワイズマンではなく、デマンドに忠誠を誓っている証としています。
原作、アニメともにデマンドに殺され死亡

 

 

翠のエスメロード(みどりのえすめろーど)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」20話)

 

初代テレビアニメ声優:小山茉美(こやままみ)さん
「Crystal」シリーズ声優:桑島法子(くわしまほうこ)さん

 

上級幹部の一人で、ブラック・レディが加わるまでは、幹部の中で唯一の女性でした。
プリンス・デマンドに想いを寄せています。

 

アニメでは邪黒水晶の冠で巨大なドラゴンに変身し、クリスタル・トーキョーを襲撃したが、セーラー戦士たちによって倒されてしまいます。
声が大きく高笑いが特徴的なキャラクターでした。

 

原作では、タキシード仮面によって倒され、幹部初の死者になります。

 

 

紅のルベウス(くれないのるべうす)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」74話)

 

初代テレビアニメ声優:高木渉(たかぎわたる)さん
「Crystal」シリーズ声優:高橋広樹(たかはしひろき)さん

 

上級幹部の一人。
原作では、上級幹部の中で唯一ワイズマンから力を与えられていない人物でもあります。
あやかしの四姉妹を捨て駒に使う非常に冷酷な性格。
原作ではワイズマンに殺害されますが、アニメでは自分自身のアジトの爆発に巻き込まれて死亡します。

 

 

敵サイド:デス・バスターズ

テレビアニメ「S」と原作に登場。

 

黒い星がシンボルマークで、タウ星系の破滅によって母星を失い、新しい住処を地球にするためにやってきました。

 

 

ミストレス9

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンS」36話)

 

初代テレビアニメ声優:皆口裕子(みなぐちゆうこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:藤井ゆきよ(ふじいゆきよ)さん

 

土萠ほたるの身体を乗っ取っているダイモーン。

 

ちびうさから心の結晶を奪ったことで復活し、完全にほたるの身体をのっとります。
しかし、最後はほたるの意識が復活したことで消滅となります。

 

原作では、ちびうさから幻の銀水晶を奪い、ほたるの身体を食い破り本来の姿を見せていたが、セーラーサターンが復活したことで消滅してしまいます。

 

 

土萠創一(ともえそういち)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」111話)

 

初代テレビアニメ声優:神谷明(かみやあきら)さん
「Crystal」シリーズ声優:桐本拓哉(きりもとたくや)さん

 

ほたるの父親。
人間と機械などを融合させ、人間を超越する能力を持った「超生物」の研究をしています。

 

実の娘を実験台にするなど手段を選ばないサイエンティスト。
デス・バスターズの上級幹部であり、無限学園の理事長も務めています。

助手はカオリナイト。

 

 

カオリナイト(黒峰カオリ)

 

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」123話)

 

 

初代テレビアニメ声優:上村典子(うえむらのりこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:よのひかりさん

 

占いや呪術を使える、創一の助手です。

一度セーラーウラヌスによって倒されるも、創一の手により復活。

創一への恋愛感情を抱えており、創一を独占したいがために同居しているほたるに対し辛く当たっています。

 

 

ユージアル(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」111話)

 

初代テレビアニメ声優:川村万梨阿(かわむらまりあ)さん
「Crystal」シリーズ声優:たかはし智秋(たかはしちあき)さん

 

カオリナイトによって復活させられたウィッチーズ5の一人。
「ファイヤー・バスター」という技を使います。

 

普段は、無限学園で有村ゆう子と名乗り、哲学クラスと礼儀作法部の担当教官をしながら生活をしています。

 

 

ミメット(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」120話)

 

初代テレビアニメ声優:かないみかさん
「Crystal」シリーズ声優:長久友紀(ながくゆき)さん

 

ウィッチーズ5の2番手。
普段は無限学園で羽生美々(はにゅうみみ)と名乗り、芸能クラスを担当。

自身もアイドルとしても活動をしています。

 

「チャーム・バスター」という技を使って攻撃をしますが、ウィッチーズ5の中で戦闘能力は低いです。

 

 

テルル(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」121話)

 

初代テレビアニメ声優:本多知恵子(ほんだちえこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:大空直美(おおぞらなおみ)さん

 

ウィッチーズ5で3番目にセーラー戦士の前に登場しました。

 

普段は、無限学園で照野留々(てるのるる)と名乗り、フィジカルクラスと植物園を担当しています。
自身が開発した妖花を人々に売り、聖体集めの道具としていました。
必殺技は「マンドラゴラ・バスター」。

 

 

ビリユイ(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」122話)

 

初代テレビアニメ声優:鷹森淑乃(たかもりよしの)さん
「Crystal」シリーズ声優:本泉莉奈(ほんいずみりな)さん

 

無限学園で、美堂ゆいを名乗って成績優秀な生徒として普段は生活をしています。
ナノロボットを使って生徒の聖体を集め、模擬試験で行動をしようとしますが、失敗に終わってしまいました。

 

必殺技は、「モザイク・バスター」。

 

 

シプリン(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」123話)

 

初代テレビアニメ声優:渕崎ゆり子(ふちざきゆりこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:庄司宇芽香(しょうじうめか)さん

 

ウィッチーズ5の中で最強の魔女
無限学園では、魔女養成プロフェッショナルクラスを担当しています。
「リボン・バスター」という必殺技を持つほか、悪の心を増幅させる魔法を使うことが可能。
プチロルとは双子です。

 

 

プチロル(ウィッチーズ5)

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」123話)

 

初代テレビアニメ声優:笠原留美(かさはらるみ)さん
「Crystal」シリーズ声優:庄司宇芽香(しょうじうめか)さん

 

双子の姉であるシプリンの影に隠れているため、無限学園で普通の人間としては登場しません。
必殺技は「リボン・バスター」。

 

シプリンと力を合わせ、セーラー戦士たちをギリギリまで追い詰めますが、最終的にはシプリンと相打ちになり、死亡。

 

 

敵サイド:デッド・ムーン

原作、テレビアニメ「SuperS」「セーラースターズ」の他、劇場版「Eternal」に登場する敵組織。
頂点にネヘレニアがおり、組織を束ねているのはジルコニアです。

 

 

ネヘレニア

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:榊原良子(さかきばらよしこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:菜々緒(ななお)さん

 

デッド・ムーンの頂点に立つ新月の女王

鏡の中に封印されていましたが、皆既日食が近づいた現代に復活しました。

 

美しい容姿で大勢の臣下たちに愛されていたが、鏡に映った醜く年老いた未来の姿を見てからは、老いに異常な恐怖を覚えるようになってしまいました。

 

永遠の若さと美しさを保つために、臣下から奪った夢の鏡を取り込んで美しさを保ち続けています。

 

最終決戦時、セーラームーンに真の姿である老婆の姿を曝け出し、殺そうとするも失敗。

「1人で生き続ける」と誓いながら高笑いと共に鏡の中に戻り、新月の闇の中へと旅立っていきました。

 

 

ジルコニア

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:京田尚子(きょうだひさこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:渡辺直美(わたなべなおみ)さん

 

ネヘレニアに仕える老婆。

デッド・ムーンを束ね、デッド・ムーンサーカス団を指揮。
幻の銀水晶を奪って地球と月を征服しようと企んでいます。

 

その正体は、ネヘレニアの分身で、ネヘレニアが年老いた姿です。
ネヘレニアが鏡の封印を解いた際に消滅してしまっています。

 

 

セレセレ(アマゾネス・カルテット)/セーラーセレス

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:天野由梨(あまのゆり)さん
「Crystal」シリーズ声優:上田麗奈(うえだれいな)さん

 

アマゾネス・カルテットの花使い

言葉遣いは上品だが、実は毒舌で高飛車です。

 

その正体は、小惑星セレスを守護に持つセーラー戦士・セーラーセレス。
デッド・ムーンに操られセレセレと名乗っていました。

 

 

パラパラ(アマゾネス・カルテット)/セーラーパラス

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:豊嶋真千子(とよしままちこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:諸星すみれ(もろほしすみれ)さん

 

アマゾネス・カルテットの玉乗り。

子供っぽい性格で幼いのですが、非常に力が強く、幼さ故の非常さがあります。

 

その正体は、小惑星パラスを守護に持つセーラー戦士セーラーパラス。
セレセレと同じく、操られてアマゾネス・カルテットとしてセーラームーンたちの敵となってしまっていました。

 

 

ジュンジュン(アマゾネス・カルテット)/セーラージュノー

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:渡辺久美子(わたなべくみこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:原優子(はらゆうこ)さん

 

アマゾネス・カルテットの軽業師。
ボーイッシュで男言葉を使い、やんちゃな性格。
ジルコニアのことをよく、「ばばぁ」呼びしている。

 

他のアマゾネス・カルテットと同じくセーラー戦士で、小惑星ジュノーを守護に持っています。

 

 

ベスベス(アマゾネス・カルテット)/セーラーベスタ

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:萩森侚子(はぎもりじゅんこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:高橋李依(たかはしりえ)さん

 

アマゾネス・カルテットの猛獣使いで団長。
その正体は、他のアマゾネス・カルテットと同じくセーラーカルテットの一人。
小惑星ベスタを守護に持つセーラーベスタです。

 

 

フィッシュ・アイ(アマゾントリオ)

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:石田彰(いしだあきら)さん
劇場版「Eternal」声優:蒼井翔太(あおいしょうた)さん

 

ジルコニアにより人間の姿に変えられた魚の化身。

ワガママで小悪魔的な僕っ子で、「女に興味がない」と発言しており、ターゲットとするのは幅広い年齢層が多いです。

 

自分たちが夢を持たないことに疑問を抱き、自分の正体を知ったあとも「美しい夢が欲しい」「人間になりたい」と願っています。

 

 

タイガーズ・アイ(アマゾントリオ)

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:置鮎龍太郎(おきあゆりゅうたろう)さん
劇場版「Eternal」声優:日野聡(ひのさとし)さん

 

オネェ言葉を使うキザなナルシストで、「女の子は若ければ若いほどいい」と言い放つなど幅広い守備範囲を持ちます。

 

 

ホークス・アイ(アマゾントリオ)

(引用:劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイト

 

初代テレビアニメ声優:古川登志夫(ふるかわとしお)さん
劇場版「Eternal」声優:豊永利行(とよながとしゆき)さん

 

オネェ口調で喋る知性派イケメンで、鷹の化身。

タイガーズ・アイと反対で「マダムキラー」を自称し、夢の鏡を覗く際は年上の女性を狙うことが多いです。

 

 

敵サイド:シャドウ・ギャラクティカ

原作と「セーラースターズ」で登場する敵組織。
暗黒の生命体であり、初期アニメシリーズ最後の敵でもあります。

 

 

カオス

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーンセーラースターズ」34話)

 

初代テレビアニメ声優:-
「Crystal」シリーズ声優:-

 

銀河中の星が生まれる場所であるギャラクシーコルドロンに巣食い、輝きを放つ星に憧れをもっています。

 

ギャラクシアをそそのかし、セーラームーンのシルバームーン・クリスタルを奪おうと企んでいました。
今までの敵は全てカオスの分身であり、コルドロンから生まれたセーラー戦士の兄弟であると告げ、衝撃を与えました。

 

 

セーラーギャラクシア

(引用:アニメ「美少女戦士セーラームーン」200話)

 

初代テレビアニメ声優:堀江美都子(ほりえみつこ)さん
「Crystal」シリーズ声優:-

 

シャドウ・ギャラクティカのトップで、「銀河の女王」や「破壊の戦士」とも称されるセーラー戦士です。

 

銀河一の破壊力を秘めた「青金石・クリスタル」を持っており、彼女の攻撃は星を吹き飛ばすほどの威力があります。

一度は、カオスに完全に乗っ取られてしまいますが、セーラームーンの呼びかけにより本来の姿を取り戻し宇宙に旅だって行きました。

 

必殺技は「ギャラクティカ・インフレーション」「ギャラクティカ・スーパーストリング」ですが、こちらは原作のみしか登場しません。

 

 

「美少女戦士セーラームーン」アニメシリーズについて

「美少女戦士セーラームーン」のアニメシリーズは、1992年3月〜1997年2月までの5年間に5作品制作されました。

この時代の作品初代アニメシリーズとも呼ばれ、アニメオリジナルの展開が多く描かれています。

 

・美少女戦士セーラームーン(無印)

・美少女戦士セーラームーンR(アール)

・美少女戦士セーラームーンS(スーパー)

・美少女戦士セーラームーンSuperS(スーパーズ)

・美少女戦士セーラームーンセーラースターズ(セーラースターズ)

 

初代シリーズに比べ、“原作漫画に忠実”を目指して作成されたのが、2014年より新シリーズ「美少女戦士セーラームーンCrystal(セラクリ)」。

2014年から2016年までにシーズン3まで放送されました。

 

本作はスタッフや声優陣が初代と一新されていますが、セーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃さんは続投しています。

 

 

各作品について簡単に説明!

美少女戦士セーラームーン(無印)

 

全46話。原作第1期の「ダーク・キングダム編」に相当します。

 

dアニメで見るAmazonPVで見る

 

 

美少女戦士セーラームーンR(アール)

 

全43話。最初の13話まではアニメオリジナルストーリーの「魔界樹編」を放送。

14話からは原作第2期「ブラック・ムーン編」に相当します。

 

ちびうさ・セーラープルートが本作で初登場します。

 

Netflixで見る

 

 

美少女戦士セーラームーンS(スーパー)

 

全38話。原作第3期の「デス・バスターズ編」に相当します。

 

本作で、はるか・みちる・せつな・ほたるの外部太陽系戦士が初登場します。

※セーラープルートは「R」にて初登場、冥王せつなは本作で初登場。

 

 

美少女戦士セーラームーンSuperS(スーパーズ)

 

全39話。原作第4期の「デッド・ムーン編」に相当。

ルナとアルテミスの娘・ダイアナが初登場します。

 

AmazonPVで見るNetflixで見る

 

 

美少女戦士セーラームーンセーラースターズ(セーラースターズ)

 

全34話。

最初の6話はデッド・ムーンの女王ネヘレニアとの決戦を描いたアニメオリジナルストーリーの「ネヘレニア復活編」を放送。

7話以降で、原作第5期相当の「シャドウ・ギャラクティカ編」が放送されました。

 

本作では、外部太陽系のセーラー戦士も再集結し、レギュラー陣が全員集結!

さらに、ちびちびが初登場します。

 

 

美少女戦士セーラームーンCrystal

 

全26話。

第1期「ダーク・キングダム編」、第2期「ブラック・ムーン編」が、全世界同時配信配信されました。

 

dアニメで見るAmazonPVで見るNetflixで見る

 

 

美少女戦士セーラームーンCrystal seasonⅢ

全13話。第3期「デス・バスターズ編」が放送されました。

 

dアニメで見る

 

劇場版についてもさらっと紹介

劇場版 美少女戦士セーラームーンR

 

1993年12月公開。

「メイクアップ!セーラー戦士」と同時上映されました。

 

dアニメで見るdアニメで見る(メイクアップ!)

 

 

劇場版 美少女戦士セーラームーンS

 

1994年12月公開。

本作では、テレビアニメ全般にわたって描かれていなかったルナの人間態が唯一描かれています。

 

dアニメで見る

 

 

劇場版 美少女戦士セーラームーンSuperS セーラー9戦士集結!ブラック・ドリーム・ホールの奇跡

 

1994年12月公開。

「スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋 美少女戦士セーラームーンSuperS 外伝」と同時上映されました。

 

dアニメで見るdアニメで見る(亜美ちゃんの初恋)Netflixで見る

 

 

美少女戦士セーラームーンEternal

 

2021年、「セラクリ」の続編として、第4期「デッド・ムーン編」を描く劇場アニメが前後編で公開されました。

 

Netflixで見る

 

 

改めてストーリー見ると深いし

ちゃんと見たくなっちゃったよ

キャラクター

 

外部リンク

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」

劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」  Twitter

セーラームーン30周年

セーラームーン30周年  Twitter

イベントカレンダー

2022
<8月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

イベントカレンダー

2022
<7月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

イベントカレンダー

2022
<6月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

イベントカレンダー

2022
<5月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

イベントカレンダー

2022
<4月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

イベントカレンダー

2022
<3月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

イベントカレンダー

2022
<2月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728