アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

実写

実写ドラマ「幽☆遊☆白書」桑原役は上杉柊平さん!リーゼントヘアはスタイリッシュな現代版に

2022年 07月19日
Tuesday 17:16
実写ドラマ「幽☆遊☆白書」桑原役は上杉柊平さん!リーゼントヘアはスタイリッシュな現代版に

1990年から1994年まで「週刊少年ジャンプ」で連載された冨樫義博先生による不朽の名作「幽☆遊☆白書」が、Netflixオリジナルシリーズとして実写ドラマ化が決定しました。

 

この度、追加のキャスト情報が公開されており、桑原役を上杉柊平さんが演じます。

 


最終更新:2022年7月19日(火) 桑原役・上杉柊平さんを追記


 

Point

  • キャスト&キャラクターアート公開!
  • 全体的にダークな雰囲気…!

  • キャストコメントも到着


Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」2023年12月にNetflix全世界独占配信!

本作のキャスト情報が公開され、主人公・浦飯幽助役を北村匠海さん、蔵馬役を志尊淳さん、飛影役を本郷奏多さん、桑原役を上杉柊平さんが演じることが発表されました。

 

あわせて4人のキャラクターアートが公開。全体的にダークな雰囲気が醸し出され、現代風にアレンジされたスタイリッシュな世界観がより期待感を高めるビジュアルとなっています。

 

また、スタッフや、北村匠海さん・志尊淳さん・本郷奏多さん・上杉柊平さんのコメントも到着しました。

 

幽助・蔵馬・飛影・桑原以外のキャラクター情報の公開は、続報をお見逃しなく!

 

 

SNSの反応

Twitterでは「配信が待ち遠しい」「惚れ惚れするビジュ」「ぴったりだしかっこいい!」といったコメントが寄せられています。

 

また「よく分からん」「違う感あるな~」「動いたら違って見えるかな」といった声も見られました。

 

 

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」スタッフ・キャストコメント

浦飯幽助役・北村匠海さん

浦飯幽助役・北村匠海さん

 

本作に出演が決まった時の感想

作品が作品なだけに最初はどでかい冗談かと思って笑うしかありませんでした。

でも、今度はNetflixで月川監督とまた挑戦できるんだという気持ちが強かったです。

 

30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力

日本が誇る漫画、アニメのカルチャーの原点と言っても過言ではないくらい歴史的な作品だと思っています。普遍的であり、唯一無二。

 

幽助役について

原作よりダークな空気感が強い印象があると思います。

ヤンキーとしてのツッパリと、目の前のことから目を背けない優しさを幽助には感じながら演じています。

 

撮影現場について

和気藹々としてます。

全キャスト全スタッフの方にとってチャレンジだと思うので、常にそこは忘れずにでも楽しんで作っています。

 

世界中のファンへのメッセージ

日本もどんどん世界に向けて発信していかないといけないと思っていた中で、「幽☆遊☆白書」という歴史ある名作を、実写映像として届けられることを嬉しく思います。

日本のエンターテインメントがさらに広がりますように、そして世界の人々が楽しんでもらえる作品を作ります。

 

 

蔵馬役・志尊淳さん

蔵馬役・志尊淳さん

 

本作に出演が決まった時の感想

「幽☆遊☆白書」は学生時代に見ていて好きだったので、まさか自分にお話を頂けるとは思っていませんでした。

嬉しい気持ちももちろんありましたが、世界中に沢山のファンがいるこの作品で蔵馬というキャラクターを演じることへのプレッシャーも同時に芽生えました。

ですが、監督は僕の初映像作品、主演作を撮って下さった月川監督。

10年以上前から成長した姿を見せたい、月川監督が舵を切る作品の力になりたいという気持ちが強く、やらせていただきました。

 

30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力について

どの時代でもどんな環境でもそれぞれ闘っている。お金の為、地位の為、仲間の為、、、
それぞれに闘う理由があり、その方向は違うはず。ですがこの作品ではそれぞれ違う思いの中、それぞれを尊重し合い、時にはぶつかりながらも、何か、誰かの為にみんなで闘っている。時代は変われど、どの時代に生きていても共鳴できるものがあると感じます。

 

撮影現場について

こんな撮影環境は初めてだと思うくらい、色々な事を体験させていただいてます。ビジュアルに関してだけでも2〜3年くらいかけて、みんなで試行錯誤して、細かいディテールを探求しました。

そして撮影セットの膨大さ、ワンシーンワンカットにかける規模。自分にとっては全てが初めてで、初心を思い出させてくれるような体験をさせてもらっています。

日本から世界へをテーマにみんなでクリエイティブを探求しているこの撮影がとても充実しており、終わってほしくないなと思ってます。

 

世界中のファンへのメッセージ

30年以上前に連載が始まったこの作品。皆様の中でも沢山の思い入れがあり、色々な解釈がある作品だと思います。

今の時代、この日本だからこそ表現できる全てを振り絞りみんなで作っています。

是非楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

 

 

飛影役・本郷奏多さん

飛影役・本郷奏多さん

 

本作に出演が決まった時の感想

昔から知っている作品だったので、お話をいただいた時はとても嬉しかったです。

様々なキャラクターによる派手なバトルシーンが特徴なので、間違いなく大きな作品になると思い撮影がとても楽しみになりました。

 

30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力について

バラエティに富んだキャラクター、独創性のある必殺技が面白いのももちろんですが、主人公たちが成長して難敵に立ち向かっていく様子は、少年ジャンプの基本理念である「友情・努力・勝利」をお手本のように描いた作品だと思います。

読者が常にワクワクできる熱さが、愛されてきた魅力なのではないでしょうか。

 

飛影役について

スピードを生かした戦闘スタイル、クールながらも実は仲間想いな性格、飛影のことを好きな方にも納得していただけるように飛影らしさを意識して組み立てたつもりです。

 

撮影現場について

まず、「とにかくスケールが大きいな…!」というのが正直な感想でした。

詳しくは語れませんが、ド派手なことを数多くやっております。今までの日本の映像作品では見たことがないようなスケールのバトルシーンが盛りだくさんです。

アクションチームの気合いが凄まじいので、とてもパワフルなバトルシーンに仕上がることでしょう。

 

世界中のファンへのメッセージ

幽遊白書は、日本を代表する漫画作品のひとつです。人気のある原作のイメージを大切にしつつも、現代の最新技術を使って大迫力の映像作品に仕上がることと思います。

期待を超える作品になると思いますので、是非期待して待っていてください。

 

 

桑原役・上杉柊平さん

桑原役・上杉柊平さん

 

本作に出演が決まった時の感想

まさか小学生の頃に読んでいた作品に自分が出演することが出来るとは思っても見なかった事と、大人になって感じた、実直で無骨、愛に溢れ、自分の信じたことに真っ直ぐに突き進める桑原和真という最高にかっこいい人物を演じることが出来る事を大変嬉しく思いました。

それと同時に、世界中に多くのファンがいる本作の実写化にあたってどの様に向き合い、どの様な役割を担って皆様に愛される作品にしていくかを悩み、プレッシャーも感じました。

また、Netflixという世界中に市場を持つフォーマットでの作品に携われることに非常に気持ちが昂りました。

 

30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力について

一人一人のキャラクターの個性がハッキリしていて、一度目にしたら忘れることの出来ないキャラクター達は大きな魅力だと感じています。

友人宅にあった本作を手に取って読んだのは20年余り前のことになりますが、当時目にした戸愚呂兄のなんとも言えない怖さ、不気味さ、そして戸愚呂弟の圧倒的強者感と筋の通ったカリスマ性を子供ながらに感じ、大人になった今でもなんとも言えない不思議な感覚とし
て当時の事を覚えています。

敵が魅力的という大きな魅力の他にも、味方や全ての人物にもその様な忘れられないシーンや脳裏に焼き付くストーリーがあり、そう言った多くの要素が本作が多くの方から支持される魅力の一つではないかと思います。

 

桑原役について

大切な誰かを守るために強くなりたいという桑原の優しく、真っ直ぐな気持ちを大事にしながら向き合いました。

同時にそれを実行しようとすることは非常に難しく孤独で寂しい事なのだと実感しながらすごしました。

桑原は感情を隠して行動する事が得意なタイプではないので、桑原和真ならその時々にどう感じてどの様な行動を取るか、という事を各シーン、各カット毎に監督やキャストの皆様と話し合いながらキャラクターを演じました。

 

撮影現場について

今までに味わった事のない壮大な規模、スケジュール間での撮影でした為に日々高揚した気持ちで撮影現場に向かっていました。

見た事のない大きさのセットや、初めて体感した規模のCG用の撮影方法、全国各地で行われたロケに超一流のチームが揃っての撮影、非常に贅沢な現場だと感じながらも、自分もその一部なのだと心を奮い立たせ、毎日を過ごしていました。

キャストのみに関わらず全チームでコミュニケーションを取りつつ、携わっている全ての人が素晴らしい作品を作る為に本気で向き合っていた最高の撮影現場でした。

 

世界中のファンへのメッセージ

世界中の方に愛されている「幽☆遊☆白書」の実写映像化をNetflixにて、全世界の方に観ていただけると思うと今から嬉しくて仕方ありません。

国境は関係なく楽しんで頂ける作品になっていると自信を持ってお伝えできます。

原作を愛読されている方々はもちろん、未読の方も「幽☆遊☆白書」の魅力を目一杯感じて楽しめる作品になっております。是非お楽しみにしていてください。

 

 

月川翔監督

「幽☆遊☆白書」実写化を聞いた時の感想

初めて「幽☆遊☆白書」実写化のお話をいただいたときには、正直「実現不可能だろう」と訝しく思いました。

しかしプロデューサーの示してくださったビジョンと、Netflixでなら実現可能なんじゃないかという期待が徐々に膨らんで、気づけば創作意欲を掻き立てられていました。

 

30年以上に渡り愛される「幽☆遊☆白書」の魅力

「幽☆遊☆白書」の魅力は何よりキャラクターたちの魅力だと思っています。

子どものころ夢中になった登場人物たちに今も心動かされる。

大人になって読み返してみても新たな魅力を発見できる。

また、物語が内包するテーマも古びることはありません。例えば、妖怪と人間というファンタジックな設定で描かれていても、そこには「種族の異なる者たちが理解し合えるか」といった普遍的な問いかけが潜んでいたりもします。

作品を読み込むほど深みを増していくことも、「幽☆遊☆白書」が長年愛され続けている理由なのかもしれません。

 

実写化にあたって挑戦した点

実写化に際しては、そのような普遍的なテーマを根底に据えながらも、単純にエンターテイメントとして楽しめる映像作品を目指しました。

脚本作りの初期段階では現代に通じるテーマを抽出することに注力しましたが、やはり「幽☆遊☆白書」の魅力はキャラクターの関係性とバトルである、という方向に舵を切り、ふんだんにアクションも盛り込んでいます。

VFXの難易度も相当に高いですが、最先端の技術も投入し、今現在実現し得る最高峰のクオリティを目指して取り組んでいます。

 

主演の北村匠海さんについて

主人公の幽助役は、最も信頼している俳優・北村匠海さんにお願いしました。

ご一緒するのは4作品目ですが、より一層、表現に磨きがかかっているのを感じています。

繊細な感情表現から、大小様々なアクションの身のこなしに至るまで、全身全霊で浦飯幽助を体現してくれています。

 

世界中のファンへのメッセージ

最後に。この作品は企画の端緒から[世界の観客に届けること]を強く意識して取り組んできました。

僕が初めて実写化の話を聞いたときと同じように「実現不可能だろう」と感じる方も多々いらっしゃるかもしれませんが、どんなに言葉を尽くしても作品そのもので証明するほかないと思っております。

日本から世界へ、最上級のエンターテイメントをお届けできるよう、最後まで心血を注いで取り組みます。

 

 

森井輝プロデューサー

「幽☆遊☆白書」実写化への思い

初めに坂本EPから実写化制作のお話をいただいた時は本当に驚き、世界中で愛される原作の偉大さにある意味畏れました。

が、それと共に、Netflixから紹介されるハリウッド映画レベルの技術力があれば、日本でも作れるかもしれない、開けられなかった扉が開くかもしれないという、どうしようもないワクワク感に身体が震えました。

仕上げ作業がなるべくミニマムになる様、工夫し丁寧に素材を撮る従来の日本手法と、我々の知識と経験値を遥かに凌駕する本場の技術力が、本当に見事に現場で融合しました。

結果「想像以上の幽☆遊☆白書」を披露できると思っています。

 

月川翔監督、主演・北村匠海さんについて

「幽☆遊☆白書」は若者たちの苦悩や成長も色こく描かねばならない作品。

青春の機微を丁寧に映し出すことにこそ、その眼差しを向ける月川翔さんに監督をお願いしました。

ぶっきらぼうなセリフや態度は多いが、本当は自分の正義を持ち、優しく深い情を、人間と妖怪にかかわらず向ける主人公、幽助。

これは、歌うことでもその豊かな表現力は男女問わず観客を魅了し、強くも優しい目力で繊細に演じることの出来る俳優、北村匠海さんしか思い浮かびませんでした。

このチャレンジングな作品を、役を、二人の信頼に基づく阿吽の呼吸で、僕らの期待を素晴らしく具現化してくれています。


作品概要

Netflixオリジナルシリーズ「幽☆遊☆白書」

【配信情報】

2023年12月 Netflix全世界独占配信

 

【スタッフ】

原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(ジャンプ・コミックス刊)

監督:月川翔

脚本:三嶋龍朗

VFXスーパーバイザー:坂口亮(Scanline VFX)

エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター)

プロデューサー:森井輝

制作プロダクション:(株)ROBOT

企画・製作:Netflix

 

【キャスト】

北村匠海

志尊淳

本郷奏多

上杉柊平

※敬称略

 

外部リンク

Netflix

Netflix Japan  Twitter