『おそ松さん』6つ子をイメージしたオリジナルフレグランス登場!

にじめん にじめん

『おそ松さん』6つ子をイメージしたオリジナルフレグランス登場!

0
『おそ松さん』6つ子をイメージしたオリジナルフレグランス登場!

primaniacsより「おそ松さん」6つ子のフレグランス登場です!
4/27オープンのprimaniacs銀座本店で先行販売決定致しました!

15517644-1702-4008-9a4e-1087a5bfc57c

 primaniacs(プリマニアックス)とは

cdc8738b-f4bc-46f0-a34d-ca1fe7de95c0

東京・銀座に2016年4月オープンする、新しいコンセプトショップ。
アニメ・ゲーム・コミックをはじめ、歴史や文学などの様々なサブカルチャーに
フォーカスし、店舗でしか購入できないオリジナル商品をメインに扱うショップで
す。
デザイナーの感性が光るオリジナリティあふれるアイテムはもちろん、1ブースにつ
き1コンセプトで作り込みを行った売場も、一見の価値あり。
これまでになかった新たな形態のショップとして、文化の発信基地となる新たなラン
ドマークを目指します。

 松野家の6つ子それぞれをイメージしたオリジナルフレグランス

01

おそ松
ムスクの優しさに包容力を感じる、素朴で軽い甘やかな香り

セージやゼラニウム、スズランなどの軽やかで優しいミドルノートから始まり、ウッド系やムスクの落ち着いたラストノートへ。
軽やかさを含んだウッディーノートをメインに、ほのかに甘いムスクが長い余韻となって漂います。
素朴な甘い優しさに包まれる、長男おそ松にふさわしい包容力のある香りです。

02

カラ松
気取ったレザーノートが渋く漂う、クールで色気のある香り

柑橘系のトップノートから始まり、ゼラニウムやローズを経て、ウッディーやレザー系の重厚なラストノートへ。
渋めのウッディーノートとレザーノートが、男性的な渋みと強さを感じさせます。
背伸びをして、気取った香水を身に着けたカラ松をイメージしました。

03

チョロ松
生真面目さと清潔感を感じさせる、洗いたてのシャツのようなクリーンな香り

柑橘系の軽やかなトップノートから、ジャスミンやミュゲなどの優しいミドルノートを経て、ウッディやサンダルウッドなどのラストノートへ。
全体に漂うグリーンティーの苦みと堅さが、石鹸のような清潔感ある香りと混じりあい、落ち着きを演出します。
清潔感や素朴さ、生真面目さを感じさせる、グリーンフローラルノートです。

04

一松
アンバーの深みが静けさを感じさせる、ミステリアスな香り

レモンとウッディーのトップノートから、フリージアやミュゲのミドルノートを経て、ヒノキやアンバーの落ち着いたラストノートへ。
ほのかに甘いフローラルアンバーの中に、ウッド系のノートが、静かに香り立ちます
ムスクやヒノキが湿り気と深みを感じさせる、どこか影のあるミステリアスな香りです

05

十四松
フレッシュな甘さと純粋さがはじける、ピュアで元気いっぱいな香り

ライムとベルガモットのトップノートから始まり、サクラやジャスミンなどのフローラル系の香りを経て、ベリーやピーチの甘いラストノートへ。
軽やかなフローラルノートと混じりあう、ベリーの酸味を含んだフルーティーノートが印象的です。
元気いっぱいな無邪気さの中に、優しさをほのかに感じる、ピュアでキュートな香りです。

06

トド松
あざといまでに甘く可愛らしい、ピーチのフローラルノートが印象的な香り

ピーチや柑橘の甘酸っぱいトップノートから始まり、ローズやジャスミンのフローラルなミドルノートを経て、ラストノートのムスクへ。
甘酸っぱい可愛さが全面に出つつも、ラストのムスクやアンバーからは男の子らしいメンズのノートも感じられます。
甘くて可愛らしい、スイートなフローラルノートの香りに包まれると、甘え上手な末弟トド松に甘えられているような気分になります。

【ラインナップ】全6種
・おそ松
・カラ松
・チョロ松
・一松
・十四松
・トド松

価格は、5,417円(税抜)で発売は7月上旬の予定になっています。
一般発売に先駆け、4/27にオープンするprimaniacs銀座本店(中央区銀座1丁
目)にて先行販売が決定しており、店内では商品の香りを体験することができます。

【商品概要】
商品名: おそ松さん フレグランス
種類: 全6種(「おそ松」「カラ松」「チョロ松」「一松」「十四松」「トド松」)
価格: ¥5,417(税抜)
発売日: 7月上旬予定(一般販売)
    ※4月27日よりprimaniacs銀座本店で先行販売スタート
内容量 : 30ml
生産国: 日本

詳細はprimaniacsでご確認ください。

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

コメント