「名探偵コナンに会えるまち」に”小さくなった名探偵”!鳥取県北栄町に『名探偵コナン』の新オブジェが完成

にじめん にじめん

「名探偵コナンに会えるまち」に”小さくなった名探偵”!鳥取県北栄町に『名探偵コナン』の新オブジェが完成

2
「名探偵コナンに会えるまち」に”小さくなった名探偵”!鳥取県北栄町に『名探偵コナン』の新オブジェが完成

 

』の作者・青山剛昌先生の生まれ育った鳥取県北栄町、通称”名探偵コナンに会えるまち”に新たなオブジェが登場!

 

工藤新一が、黒の組織に薬を飲ませられて体が小さくなってしまった第1話を再現した本オブジェは、「小さくなった名探偵」と青山先生により名付けられました。

 

カラーリングが、当時の原作のカラーページの配色のままになっているなど、作品愛がたっぷりなオブジェとなっています。

 

 

 

 

北栄町には本オブジェの他にも、コナンのブロンズ像や石製モニュメント、案内板などが点在している「コナン通り」があります。

 

コナン通りでは、色々な場所で『名探偵コナン』のキャラクター達に出会えます。「青山剛昌ふるさと館」「コナンの家 米花商店街」も通り沿いにあり、ファンなら一度は足を運んでみたい町。

 

みなさんもぜひ足を運んでみてください♪

 

 

「北栄町 」

公式サイトTwitter

 

(C) Hokuei-town Tourist association All Rights Reserved. (C)GOSHO AOYAMA/SHOGAKUKAN

 


関連タグ

名探偵コナン話題


関連記事

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 10

    こういうの嬉しいんだけど、必ず落書きとかオブジェに破損加える輩が出てくるからできたら屋内施設とかでやってほしい…

  • 名無しさん 3

    今年行こうと思ってた所なので嬉しい!