劇場版『SHIROBAKO』冒頭10分間の映像が無料公開!5週目・6週目の入場者特典&生配信番組情報も

にじめん にじめん

劇場版『SHIROBAKO』冒頭10分間の映像が無料公開!5週目・6週目の入場者特典&生配信番組情報も

3
劇場版『SHIROBAKO』冒頭10分間の映像が無料公開!5週目・6週目の入場者特典&生配信番組情報も

 

2020年2月29日(土)より公開されている劇場版『SHIROBAKO』より、冒頭10分間の映像がYouTubeにて無料公開されます!

 

合わせて公開第5週目・6週目の入場者特典や、生配信番組の情報が解禁となりました。

 

 

 

 

本作は『xxxHOLiC』『ガールズ&パンツァー』なども務める水島努監督によるアニメ業界で働く5人の女性を中心に描いた群像劇。

 

劇場版では、4年後の5人が新たな苦悩や試練に立ち向かう姿を描いた作品となっています。

 

 

追加来場者特典

 

第5週目 「空中強襲揚陸艦SIVA」お疲れ様本

 

 

「空中強襲揚陸艦SIVA」メインスタッフによるイラストやキャストコメントなどが掲載された、お疲れ様本です。

 

【配布期間】

3月28日(土)〜4月3日(金)

 

 

第6週目 生コマフィルム

 

 

【配布期間】

4月4日(土)〜

※ランダム配布

 

 

生配信番組「武蔵野アニメーション緊急生放送!」

 

 

キャスト、アーティスト、制作陣が出演し、劇場版『SHIROBAKO』について語るトーク番組がYouTubeにて配信されます。

 

第一回目は宮森あおい役・木村珠莉さん、坂木しずか役・千菅春香さんが出演予定です。

 

 

配信概要

配信日時:第一回目 3月20日(金・祝) 20時〜

出演:宮森あおい役・木村珠莉、坂木しずか役・千菅春香 ※敬称略

 

 

劇場版「SHIROBAKO」本編冒頭映像 特別公開中!

 

 

作品概要

 

劇場版『SHIROBAKO』

 

【公開日】

2020年2月29日(土)

 

【あらすじ】

いつか必ず何としてでもアニメーション作品を一緒に作ろうと、ひょうたん屋のドーナツの誓いを立てた上山高校アニメーション同好会の5人。

 

卒業後それぞれがそれぞれの場所でアニメーション制作に携わり、『第三飛行少女隊』でその夢に近づくことができた。

 

それから4年――。アニメーションの世界に自分たちの居場所を見つけ少しだけ成長した5人は、新たな苦悩、試練に立ち向かう。

 

【スタッフ】

原作:武蔵野アニメーション監督:水島 努

シリーズ構成:横手美智子キャラクター原案:ぽんかん⑧

キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味

美術監督:竹田悠介・垣堺司

色彩設計:井上佳津枝

3D監督:市川元成

撮影監督:梶原幸代

特殊効果:加藤千恵

編集:髙橋歩

音楽:浜口史郎

音楽制作:イマジン

プロデュース:インフィニット

アニメーション制作:P.A.WORKS

製作:劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

 

【キャスト】

宮森あおい:木村珠莉

安原絵麻:佳村はるか

坂木しずか:千菅春香

藤堂美沙:髙野麻美

今井みどり:大和田仁美他

※敬称略

 

公式サイトTwitter

 

©劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

 


関連タグ

アニメニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 4

    SHIROBAKOはいいぞ。
    劇中アニメ「SIVA」に登場するキャラに「学園ヘヴン」の伊藤啓太にソックリなのがいてテンションあがったぞ。

  • 名無しさん 3

    ネットの高評価に全くついていけなくて辛い。
    アニメ版の人が人と繋がって成長したり、影響し合ったり、仕事に対する姿勢の違い(みんな間違っていない)とかがすごく良いところだったのに、劇場版はなんもない。
    メイン5人の悩みも、子供にぶん投げて解決したような空気にさせるだけ。
    劇場版で見たかった事が見られなくて文句言ってるだけなのかな。
    すごく期待してたから許せなかったのかな。
    悲しい。

  • 名無しさん 1

    アニメ版の制作について詳しく説明して乗り越えてっていう丁寧なつくりもよかったけど、これはこれでアニメすごいなっておもった
    5人の悩み(という宮森以外)は社会人にはある立場が変わることでぶつかるようなところで、綺麗にスッキリってわけじゃないけど案外そういうものよね~って感じ
    アニメであったあれやこれを時間や設定スライドさせて凝縮した、って感じだから褒めたたえるほど素晴らしいものではないけど、駆け足なところとじっくりなところのバランスが気になるけど大事な点は抑えられてた印象でした
    もう1度見たいとも思うけど話が進まないのに妙に時間取られたシーンがあったから足踏みしちゃうかな