手紙が生んだ"奇跡”の続き…『orange』原作者・高野苺先生描き下ろしの新作エピソードで映画化!

にじめん にじめん

orange-オレンジ-

orange-オレンジ-

人気記事ランキング

人気記事ランキング

特集

手紙が生んだ"奇跡”の続き…『orange』原作者・高野苺先生描き下ろしの新作エピソードで映画化!

11
手紙が生んだ"奇跡”の続き…『orange』原作者・高野苺先生描き下ろしの新作エピソードで映画化!

本日最終回が放送されたTVアニメ『orange』より、特番番組で発表!



『orange』の映画化が決定しました!

映画のタイトルは『orange -未来-』


原作でも、 これまでの映像化でも決して触れられなかった〈物語のその後〉が描かれます。



キービジュアル


「あの日から、この未来を二人に見せたかった――。」


映画キービジュアルも解禁。

晴れた冬空の下、物語の舞台・長野県松本市にある「あがたの森公園」のベンチに腰掛ける主人公の菜穂と菜穂へ想いを寄せる、そしてその二人を見守る須和が描かれています。



特報映像

手紙の入ったビンが海に漂うシーンなど、これまでの『orange』にはない場面も登場。

期待が高まります。 



劇場版では、完全新作エピソードで〈物語のその後〉が描かれます。

シナリオは原作者・高野苺先生描き下ろし!


高野先生からのコメントも到着しています。


〔高野 苺(原作者)〕コメント


TV アニメが終わってしまう寂しさから、またこうして映画でもう一話観られることがとても嬉しいです。 

今回描き下ろしたこのお話は、元々連載第1話の時に考えていた最終話のエピソードでしたが、 須和目線で描きたかったので、最終話では描かずにしまっていたものでした。
この話は 26 歳の須和達が見れなかった未来で、

手紙が届いた菜穂達の未来は、26 歳の須和にとっても新しい未来であること、 そして主題歌「未来」を聴きながら描いていたのですが、 歌詞が、翔と菜穂を見守る須和の姿と重なり、すごくぴったりだと改めて思い、 サブタイトルは「未来」しかないと思いました。 

それぞれが、好きな人を大切にしてできあがった「未来」を観てください。

映画、楽しみです!




主題歌

主題歌はコブクロの「未来」に決定!

お二人からのコメントも到着



「orange」という作品に出逢い「未来」という楽曲が出来て、はや一年が経ちました。 

そして今、新たな「orange」のその先に、新たな物語の枝葉が生まれようとしています。 

映画のサブタイトルに「未来」という言葉が入り、作品と楽曲がまた強く結ばれました。 

「orange」の主人公は、登場人物全員だと思います。 誰の目線からも見えている、切なくとも、優しい世界が「orange」の魅力です。 最後には、映画を見たその人自身が、物語の「主人公」になれるよう 楽曲「未来」で、映画を彩れたらと思います。上映を楽しみにしています。
コブクロ




映画『orange –未来-』

11月18日(金) 《2週間限定》全国公開


【キャスト】
・高宮菜穂:花澤香菜さん
・成瀬 翔:山下誠一郎さん
・須和弘人:古川 慎さん
・村坂あずさ:高森奈津美さん
・茅野貴子:衣川里佳さん
・萩田 朔:興津和幸さん



10月14日(金)より劇場前売券とムビチケの発売が決定!



上映館などの詳細情報は公式サイトをご確認下さい



眩しさと切なさが増した、新らたな「orange」がいま誕生する――。 



©高野苺・双葉社/orange 製作委員会 

コメント

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • コメントへ
    新雪 36

    作画がんばってね…映画でも手抜きはやだよ…

  • コメントへ
    主婦 30

    須和に幸あれ…

  • コメントへ
    えんぺら 12

    萩田とあずさが気になる

  • コメントへ
    一般女性 7

    あああああ嬉しい(;_;)これだけで泣けてくる...
    そして管理人さん遅くまでお疲れ様です...!

  • コメントへ
    死んだ魚のような目 6

    終盤にかけての作画崩壊は凄まじかった…見るに堪えない。
    大変かと思いますが、頑張ってください。

  • コメントへ
    リラックm 5

    主題歌がコブクロの未来なのが嬉しい!

  • コメントへ
    兄貴 0

    まじかぁー!
    楽しみぃー!

  • コメントへ
    不老不死 0

    実写化やアニメ化でさらに人気がでたらからと、ハッピーエンドに近い形に寄せたものを出されたらちょっと嫌だな…とも思います。翔が救われた世界もあるけど、結局未来を変えることは出来ない。という虚無も、少女漫画には珍しい…結末が魅力だったと感じるので。。

  • コメントへ
    関西弁 0

    正直しつこい。
    漫画、実写映画、アニメで終わりでよかったんじゃないかと思ったけど、須和視点の話と知って即決で観にいく決定。
    問題は作画ですよね、ほんとがんばってほしい

  • コメントへ
    女は愛嬌 0

    実写じゃなかったから良し

  • コメントへ
    ゴリラ 0

    原作者が脚本ならおっけい