マンガ『七つの大罪』 作者 鈴木央先生が入院の為、休載を発表。休載中は番外編が掲載予定

にじめん にじめん

マンガ『七つの大罪』 作者 鈴木央先生が入院の為、休載を発表。休載中は番外編が掲載予定

1
マンガ『七つの大罪』 作者 鈴木央先生が入院の為、休載を発表。休載中は番外編が掲載予定

「週間少年マガジン」で連載中の鈴木央先生の漫画が休載されることが、本日発売の週間少年マガジンで発表されました。

 

休載の理由は、鈴木先生が手術で入院するためという事で、本日7日発売の同誌2017年第1号から休載、来年2017年1月18日発売の第7号で連載が再開予定と発表されています。

また休載中は、鈴木央先生が事前に描き下ろしていた『七つの大罪』の番外編が掲載予定です。

 

 

編集部より鈴木央先生の病状を「念のための入院であり、深刻な病状ではありませんので、ご安心いただけますと幸いです」と掲載。鈴木先生は「いつも応援してくださる読者の皆さま ご心配をかけて申し訳ありません!!」とコメントが掲載されています。

 

 

休載は本日7日発売の同誌2017年第1号からとなっています。
鈴木央先生の無事のお帰りを心よりお待ちしております。


関連タグ

七つの大罪漫画ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 107

    くれぐれもお大事になさってください。