女性向けカルチャーポータルサイト

ランキング
書籍

「このマンガがすごい!2021」オトコ編「チェンソーマン」、オンナ編「女の園の星」が第1位にランクイン!

2020年 12月10日
Thursday 10:48
「このマンガがすごい!2021」オトコ編「チェンソーマン」、オンナ編「女の園の星」が第1位にランクイン!

宝島社が毎年発行しているマンガ紹介本の最新版「このマンガがすごい!2021」が、2020年12月14日に発売決定!

 

それに先駆け「このマンガがすごい!2021」にランクインした、オトコ編・オンナ編トップ10の作品が発表されました。


「このマンガがすごい!2021」 オトコ編 第1位「チェンソーマン」藤本タツキ先生

「このマンガがすごい!2021」オトコ編の第1位に輝いたのは、12月14日発売の「週刊少年ジャンプ2021年2号」で完結することが発表された、藤本タツキ先生による新時代ダークヒーローアクション「チェンソーマン」。

 

本作は“悪魔”と呼ばれる存在が日常に蔓延る世界が舞台。死別した父親の借金を返すため、悪魔を駆除する「デビルハンター」として働く少年・デンジの活躍が描かれています。

 

オンナ編の第1位に輝いたのは、短編集「夢中さ、きみに。」の実写ドラマ化も発表された、和山やま先生による「女の園の星」。

 

本作は「フィール・ヤング」(祥伝社)で連載中、とある女子校の国語教師・星先生が主人公のコメディです。

 

学校のベランダで犬を飼うことになったり、漫画家志望の女子高生にアドバイスしたり、生徒に自身の観察日記をつけられたりと、平和な日常ながらも思わずクスリと笑ってしまうこと間違いなしの傑作。

 

また、第5位には和山やま先生による「カラオケ行こ!」もランクイン。本作は合唱部部長の聡実がヤクザの狂児にからまれて歌のレッスンを頼まれ、ふたりの間に奇妙な友情が芽生えるというコメディです。

 

「このマンガがすごい!2021」には、第1位に選ばれた2作品の描き下ろしイラストと、それぞれの著者へのインタビューが掲載されていますのでチェックされてみてくださいね。


「このマンガがすごい!2021」

オトコ編

第1位「チェンソーマン」藤本タツキ先生

第2位「葬送のフリーレン」山田鐘人先生(作)/アベツカサ先生(画)

第3位「九龍ジェネリックロマンス」眉月じゅん先生

第4位「水は海に向かって流れる」田島列島先生

第5位「竜女戦記」都留泰作先生

第6位「ダンピアのおいしい冒険」トマトスープ先生

第7位「大ダーク」林田球先生

第8位「忍者と極道」近藤信輔先生

第9位「僕の心のヤバイやつ」桜井のりお先生

第10位「ベルリンうわの空」香山哲先生

 

オンナ編

第1位「女の園の星」和山やま先生

第2位「後ハッピーマニア」安野モヨコ先生

第3位「薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―」笹生那実先生

第4位「マイ・ブロークン・マリコ」平庫ワカ先生

第5位「カラオケ行こ!」和山やま先生

第6位「ミステリと言う勿れ」田村由美先生

第6位「わたしの幸せな結婚」顎木あくみ先生(作)/高坂りと先生(画)/月岡月穂先生(キャラ)

第8位「かしこくて勇気ある子ども」山本美希先生

第9位「消えた初恋」アルコ先生(画)/ひねくれ渡先生(作)

第9位「ゆびさきと恋々」森下suu先生

 

 

「このマンガがすごい! 2021」商品概要

▼ご購入はこちら

Amazon

 

【発売日】

2020年12月14日

 

【価格】

本体720円+税

 

【判型】
ページ数:160P

 

 

外部リンク

「このマンガがすごい!」

公式サイトTwitter