女性向けカルチャーポータルサイト

レポート
BL

衝撃的な設定で”隠れた名作”と名高いタイBL小説「The Red Thread」レビュー!

2021年 06月25日
Friday 12:00
衝撃的な設定で”隠れた名作”と名高いタイBL小説「The Red Thread」レビュー!

2019年に制作されたタイ発のBLドラマ「Until We Meet Again」の原作小説「The Red Thread」(著:Lazysheep)日本語翻訳が、2021年6月25日に発売します。

 

本記事では、「The Red Thread」を実際に読んでの感想と、作品の魅力をお届けします!


 

 

「The Red Thread」って?

衝撃的な設定と、甘く切ないストーリー

本作は、赤い糸と輪廻転生をテーマにした切ない純愛ストーリーが描かれています。

 

本作のテレビドラマ版「Until We Meet Again」は2019年に制作され、タイ国内のみならず、海外の映画・ドラマのデータベースサイトでも高評価をえるなど人気のタイトル!

タイBLブームの中「隠れた名作」と呼ばれています。

 

KADOKAWAが、KADOKAWA AMARIN COMPANY LIMITEDを通じて翻訳出版権を取得し、タイ語の原作小説から日本語へ翻訳が実現。

著者と内容をすり合わせながら、SNSの投稿や登場人物の心境の表現などが、とても忠実に表現されています。

 

 

ストーリー紹介

軽いネタバレあり。

見たくない人は、この下の登場人物紹介までスキップしてください。(オチ・ラストは伏せています)

 

今まで”誰か”を探し続けていたパームとディーンが、大学でお互いを見つけ、距離が近づき、恋人未満から恋人に。

 

幸せな時間を過ごす中で、時々フラッシュバックしたり夢に出てきたりする”誰か”が「コーンとイン」だと知った2人。

調べていくうちに、コーンとインは30年前に実在していたパームとディーンの親戚であったことが判明します。

(コーン:パームの伯父、イン:ディーンの祖母の弟)

 

自分たちがコーンとインの生まれ変わりだと知ったパームは、相手を思う気持ちが本当に”自分の感情”なのかわからなくなり距離を置くことに…

 

 

キャラクター紹介

相関図

 

メインカプ「ディーン×パーム」

水泳部キャプテンで大学内の憧れの的であるディーンとお菓子作りが得意な料理男子の新入生パーム。
初めて出会った瞬間から、お互いを「運命の相手」と気付いた二人。
スパダリと呼ぶにふさわしいディーンがグイグイ攻め、慌てたり赤面しちゃう可愛いパームの姿は必読です。

 

 

彼らの前世「コーン×イン」

周囲からはマフィアのボスの息子と恐れられ、孤立するコーン。

寂しげな目をした彼をほっとけないインは、その天真爛漫さと一途な愛情でコーンと恋人同士になるけれど…。

時代が許さなかった二人の関係ですが、貫き通した純愛に涙を誘われます!

 

 

気になる関係…?「ウィン・ティーム」

水泳部副キャプテンと新入部員の二人。
先輩ウィンが、ティームにちょっかいを出しているけど、ティームの本心は…?

 

 

パームの女友達「マナウとデル」

ティームと同様、パームのいつメン・マナウは、演劇部に所属しているカールした毛先が特徴の、可愛らしい小柄な女の子。

 

デルは、マナウと同じ演劇部に所属している1年生でディーンの妹。

 

2人は演劇部で姉妹役を演じたことから仲良くなり、パームを時にはからかいつつディーンとの恋を応援します。

 

 

にじめん的オススメポイント

異文化に驚き

作中で学生たちは、学校の掲示板(ウェブサイト)やSNSを活発に利用しています。

 

驚くのは、個人の写真にタグやコメントをつけて誰かが勝手に投稿することが日常的に行われているところ!

 

ウェブサイト内に「今年のイケメン、可愛い男子」という名のスレッドが立っていること、そこにパームとティームの写真も投稿されていること、その写真に「今年度の推しカプ大賞 ・ティムパム」とキャプションが付いていることを、マナウが2人に知らせるシーンは衝撃的でした。

 

マナウが開いてみせたスレッドは、『今年のイケメン、可愛い男子』というタイトルだった。

そこには1年生の男子学生たちの写真が掲載されている。

こっそり撮影されたものもあれば、カメラに目線を合わせたスナップショットもあった。

(引用:第2話 約束)

 

学校内の生徒の写真を勝手にとってネット上でシェアしたり、カップリング認定する&それを本人に伝えたりすることが必ずしも悪ではないのが面白いですよね。

 

 

パームはなにかある度に撮られてシェアされてしまうのですが、その度に多くのコメントがつき大騒ぎになります。

 

「あたしの友達なんだけど、カフェでいいもの見たの。動画撮ったんだって。」

「何の動画よ。二人がデートしてるとか?」

「それよりすごいよ。見てみ(動画送付)」

「%^#&* $#&*%^)&*(」

「うきゃああああああああああっ!!!」

「ちょっ、えっ、 リアルじゃん。泣くっ。リアルカップルっ」

「ごめん召されそううう!!!」

(引用:第15話 僕はここにいる よりディーンがパームと付き合ったと公言したあとのSNS抜粋)

 

コメントもリアルだし、実際にTwitterなどで見る反応っぽくて最高なんですよね。

 

 

メインカップル(ディンパム)の甘さと可愛さにニンマリ

ディーンと出会う前も付き合ってからも、終始恋する乙女のような反応を炸裂させるパームが、可愛すぎて可愛すぎて…。

 

照れたり恥ずかしがったりするパームの反応を、ディーンが愛おしそうにしているのもたまらない!そこには愛しかない!!

 

見ているこっちが恥ずかしくなってしまうような甘い雰囲気を醸し出し続ける2人がもう……くぅ〜〜〜!!!

 

 

心境(感情)の表現が独特でおもしろい

ディーンの事となると、いつも心臓バクバクで顔が真っ赤になってしまうピュアで可愛らしいパーム。

そんな彼の心境の表現がおもしろいんです。

 

たとえば、パームがお手上げ状態になったシーンで度々登場するオーケーシリーズ。

「オーケー。僕の友達は良いやつばかりだ。」「オーケー、僕の負けだ。」と、両手のひらを上に向けて肩をすくめるアクションが想像できてクスッと笑えます。

 

 

ほかにも、初めてディーンから個人チャットが届いたときのシーンでは、パームをひよこに例えて心境を説明。

 

「恋愛方面はまるっきりひよっこのパームは頭をくしゃくしゃになるまで掻きむしった」

「恥ずかしさに、ひよっこはそのまま焼き鳥と化し、 部屋中に響く泣き声を上げた。」

「先ほど焼き鳥になったひよっこはよちよち歩きを始め、内心自分で自分を褒めてやりたくなった。」

(引用:第6話 こんにちは、月曜日です より抜粋)

 

焼き鳥になってしまったのに、よちよち歩きができるまでに成長したひよっこパーム、応援するしかないですよね!

 

 

何気ない日常シーンでも、登場人物がどう思ったのか、どう感じたのかをしっかり説明してくれるのが小説のいいところだと思いました。

 

 

後日談のボリュームがエグい

本編終了後、特別章とショートストーリーズが展開されるのですが、そのボリュームがすごい!

下巻の半分くらいがこの後日談です。

 

ディンパム(メインカプ)のその後はもちろん、周りのキャラクターのその後や、サブキャラ視点でみたディンパムのお話が何種類も描かれているのがとにかく最高

 

登場人物たちのアフターストーリーと共に、本編の余韻に浸れるのが嬉しいです。

 

 

こんな人にオススメ

「運命」「赤い糸」「輪廻転生」設定が好きな人

伏線が張り巡らされた重厚なストーリーが好きな人

両思いの甘さにニヤニヤしたい人

 

キーワード

#タイBL #先輩後輩 #スパダリ攻め #大学生 #生まれ変わり #前世

 

 

本作は衝撃的なプロローグから、学生たちの日常、恋人との甘い時間、思わず涙を流してしまうような真実が明らかになるなど、さまざまな要素がふんだんに盛り込まれています。

壮大な世界観ですが、話の展開で難しいと感じることはなかったし、全体的に読みやすい文章でした。

 

上下巻といわれると少し身構えてしまう人も、読み始めたら一気に読み進められると思います。

 

登場人物たちのやりとりやSNSの書き込みなど、クスっと笑えるシーンもあって、いい意味で感情が忙しかったです!

 

 

コミカライズも連載中!

タイBL「The Red Thread」コミカライズ

小説とは違うキャラデザ!

 

本作のコミカライズ版が、現在配信中の「電子版CIEL」2021年7月号より連載スタート!

作画はKADOKAWAのBLレーベル・フルールコミックスの人気作「大型新人の教育係」の晴山日々子先生が担当しています。

 

単話作品としては、電子版CIEL掲載から1ケ月後の偶数月30日に配信されるので、第1話の配信は6月30日です。

漫画で読んでみたいという方はぜひチェックしてみてください!

 


商品概要

The Red Thread(上)

The Red Thread(上)_0

【価格】
1,650円(税込)

 

【発売日】
2021年6月25日(金)

【あらすじ】

大学に入学したパームは、学内のクラブ紹介で水泳部のキャンプテン、ディーンのことを知る。
ディーンを見た瞬間、他人であるのに懐かしいような想いがあふれ、涙をこぼしてしまうパーム。

 

一方、寡黙で冷静なはずのディーンも動揺し、訳もわからないまま目頭を熱くさせていた。

 

赤い糸で結ばれているかのように本能的に惹かれあうふたりは、幼いころから同じ「夢」を見ていることを知る。
ある恋人同士が、悲劇的な最期を迎えるという夢…。

そしてそれは、自分たちの前世であることに気づいて――?

 

The Red Thread(下)

The Red Thread(下)_0

【価格】
1,650円(税込)

 

【発売日】
2021年6月25日(金)

 

【あらすじ】

コーンの生まれ変わりであるディーンとインの生まれ変わりであるパーム。
ふたりは運命の赤い糸に導かれるように出会い、急速に惹かれあう。

 

クリスマス、新年の初詣、水泳部の旅行……
一緒に過ごす時間が増えるほどに絆は深まるが、前世の苦しい記憶にパームは苛まれていた。
それでもディーンが傍にいてくれるなら、過去に縛られずに前に向かって歩き続けると誓う。
しかし、お互いの血筋にコーンとインの存在が見え始めて――。

 

前世から続く赤い糸。今世で想いは成就するのか――…?

 

特典情報

アニメイト限定上下巻連動特典

タイBL小説「The Red Thread」アニメイト連動特典

 

野ノ宮いと先生の描きおろしイラスト使用B6サイズビジュアルボード

連動購入特典なので、上下巻2冊の購入で1枚もらえます。

※無くなり次第終了

 

電子書籍

【上巻】

タイBL小説「The Red Thread」電子版上巻特典

 

配信サイト共通:イラスト担当・野ノ宮いと先生の描きおろしイラスト

 

【下巻】

タイBL小説「The Red Thread」電子版下巻特典

 

配信サイト共通:上下巻がつながったカバー画像

 

外部リンク

WEBシエル

CIEL編集部  Twitter

KADOKAWAタイBL公式 Twitter