『ラブライブ!』公式サイトのページ内容が改ざん 無闇なアクセスは控えるよう公式が注意喚起

にじめん にじめん

『ラブライブ!』公式サイトのページ内容が改ざん 無闇なアクセスは控えるよう公式が注意喚起

5
『ラブライブ!』公式サイトのページ内容が改ざん 無闇なアクセスは控えるよう公式が注意喚起

』シリーズの公式サイトが、2019年4月5日から正常に表示できない状態となり、「ラブライブのページが開けない」「表示がおかしい」「ページが乗っ取られた?」といった報告が相次ぎ、Twitter上で大きな話題となっています。

 

 

この騒動を受け『ラブライブ!』シリーズ公式Twitterでは、「ページ内容を改ざんされるトラブルが報告されています。現在原因究明中ですが、閲覧者に悪意のある仕掛けを施されてしまう可能性がありますので、無闇なアクセスはお控え頂ますようお願いします。」と報告。

 

「いつも応援して頂いている皆様にはご迷惑をお掛けし心苦しい限りですが、何卒、宜しくお願い致します。」とツイートされています。

 

 

 

シリーズ公式サイトを開くと、「ラブライブは我々が頂いた! 我々がラブライブを入手する際、 手の込んだプログラミングを行なったり、 こっそりとデータを傍受したりする必要はなかった」

 

「我々の方法は、移管オファーを行い元所有者が移管オファーを承認しただけだった 元所有者はこれだけであっさりと、ラブライブ!を、我々へと移管してしまった」といったテキストが表示され、別アニメ作品の公式サイトに移動するように仕掛けられています。

 

ITmediaニュースによると、インターネット上の住所にあたる「ドメイン」の情報を確認できる「WHOIS」で、公式サイトのドメイン「lovelive-anime.jp」を確認すると、同日午前1時18分に情報が更新され、ドメイン所有者が本来の「SUNRISE INC.」から別の者に変わっていることが分かったとのこと。

 

 

Twitter上では、今回のケースは不正アクセスによる乗っ取りではなく、「何らかの形でドメインの所有権が他人に移管されてしまった」「人為的ミスにより、外部からのドメイン移管リクエストを承諾してしまったのでは」との指摘も投稿されています。

 

また不安・心配の声も多く上がっており、昨年末から『ラブライブ!サンシャイン!!』にハマったことをラジオで公言しているお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんも『心配』とツイートされていました。

 

 

 

 

「ラブライブは我々が頂いた!」 人気アニメの公式サイト乗っ取りか 公式「原因究明中」 ドメイン移管された?

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/05/news051.html

 

『ラブライブ!』シリーズ公式

公式Twitter: https://twitter.com/LoveLive_staff

 

関連記事

150億円の刀剣男士たち!関連商品・サービスの売上を表す「支出喚起力」に『刀剣乱舞』『アイマス』などがランクイン!

 

『ラブライブ!サンシャイン!!』声優・高槻かなこさんが「atmos pink」とのコラボアイテムを発売!

 


関連タグ

ラブライブ!アニメニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください