ラノベ界の金字塔『スレイヤーズ』第三部始動!神坂一先生のコメントも「TVのTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在」

にじめん にじめん

ラノベ界の金字塔『スレイヤーズ』第三部始動!神坂一先生のコメントも「TVのTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在」

3
ラノベ界の金字塔『スレイヤーズ』第三部始動!神坂一先生のコメントも「TVのTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在」

ファンタジー作家・神坂一先生によるライトノベル『スレイヤーズ』の第三部が始動することが、2019年5月17日発売の『ドラゴンマガジン』7月号とファンタジア文庫放送局で発表されました。

 

同作は1989年から刊行され、1995年から2009年にかけてTVアニメシリーズが5作品。さらにゲーム・劇場版アニメなど、さまざまなメディア展開を広げてきた大人気シリーズ。

 

第15巻が2000年に発売され、物語は完結したかのように思われていましたが「ファンタジア文庫30周年企画」として復活し、2018年10月に発売された第16巻は18年ぶりの長編版として重版までなり話題となっていました。 

 

 

 

『スレイヤーズ』は、数々の異名と悪名がある天才魔道士の主人公・リナ=インバースが、個性豊かな仲間たちと出会いながらも色んな事件に巻き込まれて行き、リナの行く先々で起きるできごとをつづった物語。 

 

綿密な世界観と魅力的なキャラクターが織りなすファンタジー小説の金字塔です。

 

「ドラゴンマガジン」7月号では神坂先生のコメントも掲載され「イメージとしては正史というより、ありえる可能性の一つとしての第三部、TVのTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在、とゆーことになるんでしょうか。」と伝えられています。

 

ファンタジア文庫放送局は一定期間アーカイブが見れますので、気になられた方はぜひそちらもご覧くださいね。

 

第62回 ファンタジア文庫放送局

 

 

商品概要

ドラゴンマガジン 7月号

発売日:2019年5月17日

価格:800円

 


▼購入はコチラ(Amazon)

https://amzn.to/2w5IJMd


 

「富士見ファンタジア文庫」

公式サイト:https://fantasiabunko.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/fantasia_bunko

 

関連記事

ライトノベルのレーベルってどれくらい知ってる?女子向けラノベレーベルの特徴と各レーベルの人気・注目作をご紹介!

 

アニメ『ポケモン』林原めぐみさん過ぎる”中の人ネタ”が放送!ムサシが『名探偵コナン』灰原や『エヴァ』綾波風に

 


関連タグ

書籍ニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 12

    楽しみにしてます!
    リナの姉ちゃんが主人公の外伝みたいな話も読んでみたいな。

  • 名無しさん 1

    水竜王の騎士の方がむしろパラレルと思ってた。あれ?

    • 名無しさん 8

      現状既に有る各メディアでのお話の展開を尊重して、あえて「パラレル」って言ったんじゃないかな?
      どのメディアでの『スレイヤーズ』もそれぞれ違いがあるけど全てが「正史」なんです、ってニュアンスの優しさを感じたよ。
      なにはともあれ楽しみだね!