アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

劇場アニメ
レポート

「フルバ」舞台挨拶に島﨑信長さんら声優5人が登壇!本多夫妻の仲良しショットに「永久保存版」

2022年 02月22日
Tuesday 13:03
「フルバ」舞台挨拶に島﨑信長さんら声優5人が登壇!本多夫妻の仲良しショットに「永久保存版」

2022年2月20日(日)にアニメ「フルーツバスケット -prelude-」の公開記念舞台挨拶が実施されました。

 

メインキャストである沢城みゆきさん細谷佳正さん石見舞菜香さん島﨑信長さん内田雄馬さんが登壇した本イベントのオフィシャルレポートとTwitterにて公開されたオフショットと共にご紹介します!

 

Point

  • 沢城さんと石見さんの仲良し親子感が素敵
  • 監督からメイン声優に質問!

  • Twitterでオフショット公開


アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶のオフィシャルレポート到着!

この度、2022年2月18日(金)より全国にて絶賛上映中のアニメ「フルーツバスケット -prelude-」の公開記念舞台挨拶イベントが、2月20日(日)に東京・新宿バルト9にて実施されました。

 

当日は沢城みゆきさん(本田今日子役)、細谷佳正さん(本田勝也役)、石見舞菜香さん(本田透役)、内田雄馬さん(草摩夾役)が登壇し、島﨑信長さん(草摩由希役)が司会を担当。

 

Twitterにて公開された仲良しオフショットにファンからは「細谷さんと沢城さんのツーショットなんて永久保存版ではありませんか!」「みんなニッコニコで最高」「めっちゃ尊い」といった反応が寄せられています。

 

オフィシャルレポートと共にチェックしてみてくださいね!

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶のオフィシャルレポート

観客が本編の余韻に浸る中、上映後舞台挨拶がスタート。

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶 島﨑信長さん

 

まず登場したのは、TVシリーズにて作品の要を担ってきた草摩由希を演じる島﨑信長さん。

 

島﨑さんが司会者となり、続いて沢城みゆきさん(本田今日子役)、細谷佳正さん(本田勝也役)、石見舞菜香さん(本田透役)、内田雄馬さん(草摩夾役)が登壇し、会場は、声援の代わりに大きな拍手につつまれました。

 

満席の会場を見渡し沢城さんは「圧巻の客席です。ありがとうございます」と笑顔で挨拶。

 

石見さんは「いつも隣にいてくれる夾くん由希くんと、お父さんお母さんもいてくれて心強いです」と話し、本田親子の邂逅に会場も和やかな雰囲気に包まれました。

 

 

声優陣の思い入れのあるシーン

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶 沢城みゆきさん

 

今回は上映後の登壇ということで、本編を見終えたばかりの観客と共に出演者がそれぞれ思い入れのあるシーンを振り返っていきます

 

沢城さんの「透が出ている可愛いシーンはすべて見どころ。娘の晴れ舞台を見ている気持ち」と母親愛溢れるコメントに、内田さんと島﨑さんからは「今日子さんもすごく可愛い。中学生から親になる今日子さんまで観られるのも可愛い」と応酬。

 

細谷さんは「絶対泣くもんかと思っていたけど、キてしまった」と話し、島﨑さんも「老若男女誰が見ても刺さるシーンがある」と賛同し頷きました。

 

石見さんが「お母さんとしての一面だけでなく少女時代の恋するお母さんを見ることが出来て、フルーツバスケットの新しい一面を見れました」と語ると、細谷さんと沢城さんが「あんな感じで結婚したんですよ」と娘に馴れ初めを打ち明けるような一幕も

 

内田さんは「それぞれの”人生”が描かれている。本当に最高の作品」と絶賛。

 

「頑張っている夾を友達のような気持ちで見守ってしまう」と自身の役柄への思い入れを語りました。

 

 

井端義秀監督から出演者への質問

つづいて井端義秀監督から出演者への質問が届いているとのことで、島﨑さんが代わって出演者に質問を投げかけます。

 

「原作やアニメ化への解釈が完璧で、想定を超える芝居をしてくださって感動しているのですが、アフレコの前にいつもどのような準備をしているのでしょうか?」という沢城さんへの質問に沢城さんは「一度も言われたことない」とたじたじの様子。

 

「原作とアニメの演出で変わっている部分の意図の把握や、キャラクターの感情の琴線の位置を事前に探すようにしている」と自分なりの作品への向き合い方を語りました

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶 細谷佳正さん

 

細谷さんへの「TVシリーズでは『頑張ったね』の一言だけを一発OKでいただいて爆速でアフレコが終了しましたが、帰り道どんなこと考えましたか?」という質問に細谷さんは「全然一発OKじゃなかった。監督盛ってますよ!」と明かし会場の笑いを誘います。

 

さらに「普段テストと本番の2回で終わることが多いのですが、この時は6回くらいパターン違いを録って、珍しいなと思いながら帰りました」と当時の様子を振り返りました。

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶 石見舞菜香さん

 

続いて石見さんへの「もう僕の中で透と石見さんが重なって見えてしまっているのですが、逆に透と自分の違うところって何だと思いますか?」という質問には、「共通点は声くらいしかなくて..」と恐縮しつつも「料理が出来ないです。料理が成功したことの方が少ない」と告白。

 

バレンタインでのチョコレート作りの失敗談やハヤシライスの隠し味に味噌を入れて失敗したエピソードなどを明かす石見さんに出演者からは「何で普通に作れないのにアドリブしようとするの?」というツッコミが飛び交います。

 

その様子を見守りつつ言葉の節々で相槌を打ちながら頷く沢城さんの優しい表情が本当の母親のようで、会場もあたたかな空気に包まれました。

 

島﨑さんへの「テストと本番の差をどのように考えて収録に臨んでいるのでしょうか?」という問いには「テストで上手くいくと逆に本番が難しく感じてしまうので(テストと本番の差は)極力考えないようにしている」と語る島﨑さんに、細谷さんからも「テストと本番は1テイク目と2テイク目のようなものだからチャンスは実質2回なんですよね」と声優あるあるトークに熱が込もる一幕も。

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶 内田雄馬さん

 

内田さんへの「後半に行くにつれて棘が抜けていく夾、今回の後日談の夾に“演じ易さ“など感じていたのでしょうか?」という質問には、内田さんがアフレコの際「夾が溶けている」とディレクションされたことを回想。

 

「(夾が)デレ過ぎていると言われてしまって。透と夾の2人を見て愛しいと思っている自分の感情が前面に出てしまったので、本番では不器用さの残った夾に戻しました」と当時の様子を楽しげに振り返りました。

 

 

ファンへのメッセージ

いよいよ舞台挨拶も終盤に差し掛かり、登壇キャスト一人一人から会場、そしてライブビューイングを観ているファンへ向けて改めてメッセージが送られます。

 

内田さんは「長い期間をかけてそれぞれの人生をたどり、一つの答えを見つけていく心温まるお話です。この作品を観て心に何かを選択するパワーやキュンとする気持ちが届けば」と作品への想いを語り、島﨑さんは「僕自身も観客目線で楽しめました。重いものや苦しいもの、沢山の障害がありつつも色んな出会いがあって前に進んでいく作品」だと話しつつ、「Blu-rayも発売するので是非何度も観て頂いて、5年後・10年後も楽しんでほしい」と観客へ呼びかけました。

 

石見さんは「この作品と約3年以上関わってきて、透の両親のエピソードもずっと観たかったので、こうして劇場でお届けすることが出来て幸せ」と作品と共に歩んできた3年を振り返りつつ、「どのキャラクターにも人生があって、エピソードがある。そんなフルバの良さを皆さんに届けられて良かった」と朗らかな笑顔で語ります。

 

さらに「舞台も3月に控えているので是非チェックして下さい」と次なるメディアミックスへもバトンを繋ぎ、作品の益々の盛り上がりを感じさせました。

 

細谷さんは「皆さんのお陰で好評上映中とのことで、是非また友人・家族・恋人など色んな世代の方と観てもらいたい」とどの世代にも響く作品であると作品の魅力をアピール

 

沢城さんは「観て頂いたものが私たちのお伝えできる全てです。私自身この作品を10代の時に読んでも30代になってから読んでもやっぱり大好きだと感じますし、更にまた年を取ってから読んだらまた違うところが刺さるかもしれない。じっくり作品を楽しんでいける仲間に出会えたことが嬉しいです。皆さん、10年後にまたお茶しませんか」と会場のファンへ優しい笑顔で語りかけました。

 

最後に島﨑さんからも「ライブビューイングを見ている全国の皆さんも、10年後にお茶しましょうね!」と呼びかけると会場は大きな拍手で返事が。

 

終始朗らかな雰囲気に包まれた本舞台挨拶は盛況のまま閉幕しました。

 

 

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」公開記念舞台挨拶のオフショット

青二プロダクション

 

 

細谷佳正さん


作品概要

アニメ「フルーツバスケット -prelude-」

【イントロダクション】
新作映像と夾が語るTVシリーズ総集編がスクリーンを彩る―
何もかも信じられず傷つけてばかりいた――あの人と出会うまでは。TVシリーズで描かれなかった待望のエピソードが遂に映像化!

 

手のつけられない子供だった今日子。彼女が出会ったのは、変わり者の教育実習生だった。彼の名は本田勝也。

 

偶然から始まった関係は、2人の運命を分かち難く結び付けていくが、待ち受けていたのは誰にでも祝福されるような現実とは程遠かった。

 

しかし、今日子と勝也にとってこの世で一番大切な存在――本田透――が生まれる。

 

穏やかに、優しく、この倖せな時間が過ぎていく。誰もが、そう思っていた……。

 

これは透の両親、今日子と勝也の、儚くかけがえのない軌跡の物語。

 

「いつだって、一度は道に迷わなければ、自分の答えに辿りつけない」

 

【公開日】

2022年2月18日(金)

 

【スタッフ】
原作・総監修:高屋奈月「フルーツバスケット」(白泉社・花とゆめCOMICS)

監督:井端義秀
脚本:岸本卓
キャラクターデザイン:進藤優
美術監督:神山瑶子
色彩設計:菅原美佳
撮影監督:蔡伯崙
編集:肥田文
音響監督:明田川仁
音楽:横山克
音楽制作:トムス・ミュージック

アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

製作:フルーツバスケット製作委員会

 

【キャスト】

本田今日子:沢城みゆき

本田勝也:細谷佳正

本田透:石見舞菜香

草摩由希:島﨑信長

草摩夾:内田雄馬ほか

※敬称略

 

 

外部リンク

細谷佳正さん  Twitter

「フルーツバスケット -prelude-」

TVアニメ「フルーツバスケット」  Twitter

イベントカレンダー

2022
<8月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

イベントカレンダー

2022
<7月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

イベントカレンダー

2022
<6月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

イベントカレンダー

2022
<5月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

イベントカレンダー

2022
<4月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

イベントカレンダー

2022
<3月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

イベントカレンダー

2022
<2月のイベント>
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728