アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

にじめんライター募集
オタ活
レポート
カフェ
ニュース

“体感型”推しカフェ池袋に爆誕!ミシュランシェフの絶品スイーツ×デジタルアートを堪能「SWEETS STAND Cell」

2023年 03月02日
Thursday 12:00
“体感型”推しカフェ池袋に爆誕!ミシュランシェフの絶品スイーツ×デジタルアートを堪能「SWEETS STAND Cell」

極上のスウィーツ×デジタルアートが楽しめる「SWEETS STAND Cell(スウィーツス タンド・セル)」が3月頭に東京・池袋にオープンします!

 

 

Point

  • 新しい次世代エンターテイメントカフェ
  • 机ではしゃぐグミくまが可愛い

  • 予約は本日よりスタート


 

 

「SWEETS STAND Cell(スウィーツスタンド・セル)」とは?

SWEETS STAND Cellでは、ミシュランシェフがメニュー開発した極上のスウィーツや、この空間でしか体験できないプロジェクションマッピング・デジタルアートを組み合わせた空間を愉しむことができる、次世代エンターテイメント・カフェです。

 

 

ミシュランシェフが手掛けたスペシャルメニュー

 

「SWEETS STAND Cell」で提供されるパフェは、ミシュランガイドにおいて2ツ星を獲得した入江誠シェフが考案・開発しました。

 

可愛らしさの中に上品さも兼ね備えられた見た目や、甘いだけでなく酸味や食感が新鮮な味など、多角的に楽しめるメニューとなっています。

 

また、パフェのトッピングやドリンク、グラスマーカーなどを自分の好きな色にカスタマイズできるのも魅力です。

 

 

自分で選んだカラーで空間を彩ろう!

 

店内や手元にプロジェクションマッピングを活用した3Dのデジタルアートが展開されます。

 

街や宇宙など様々なシーンに自分が選んだカラーも反映され、手元のパフェやドリンクをカラフルに彩ります。

 

また、持参したアクリルスタンド・ブロマイドなどの推しグッズを、スイーツやドリンクと共にプロジェクションマッピングの世界に登場させることで、他では楽しめない推し活を堪能できます。

 

 

「SWEETS STAND Cell」のアクセスとシステム(予約方法)紹介

アクセス

池袋駅から徒歩3〜5分ほどの場所にお店はあります。

 

東口35番出口からサンシャイン通りを真っすぐ進み、左手にあるユニクロの手前を左折。(アニメイトのある通り)

左手にあるラウンドワンの並び、ラウンドワンの駐車場手前です。

 

入り口が少し奥まっているので一見わかりにくいですが、オタクの皆様なら馴染みのある&よく通る場所にあります、ありがたい!

 

 

 

ご利用方法

本カフェは、事前予約し店内で楽しむ「コース来店」と、テイクアウトの「フリー来店」の2パターンで楽しむことが出来ます。

 

 

コース来店

 

コース来店は、公式予約サイトにて事前に予約・お支払いをすることで全メニューを堪能できます。

 

予約方法

公式予約サイトにて希望の日時を選択肢、予約とお支払い

(10日前から予約可能)

・指定した日時に来店

・ご自身のスマートフォンでカスタム情報を入力

 

 

フリー来店

 

フリー来店は予約不要。お手元のスマホでカスタマイズして注文し、お店で受け取りとなります。

 

受け取った際に、店内のフォトスポットやプロジェクションマッピングと共に撮影をお楽しみいただけます。

 

※フリー来店では、一部注文できないメニューがあるのでご注意ください。(メニューについては下記商品ラインナップにてご確認ください)

 

予約方法

・公式注文ページへアクセス(店舗に着いてからでも注文可)
・商品を選択し、カラーや名前をカスタマイズ
・受取時間を選択し、必要情報を入力
・注文完了メールの受信を確認

・店内のサイネージで注文ができているかを確認のうえ、店舗カウンターで受取

 

 

商品ラインナップ(メニュー)

コース来店を利用すると、以下のアミューズ・ドリンク・パフェなどをすべて堪能できます。

 

コースメニューは、全4品で価格は4,200円です。

 

 

フリー来店(テイクアウト)を利用すると、ドリンク・パフェのみをお楽しみいただけます。

 

テイクアウトのみのトッピングなども豊富に用意されており、受取時は可愛いボックスに入って提供されます。

 

 

ドリンク・パフェ・アクキーがセットになった可愛いBOX!

 

 

 

トリュフ香る照り焼きチキンスライダー

 

※提供はコースのみ

・てりやきチキン
・トリュフマヨネーズ
・トリュフオイル
・トレビス
※商品に含まれる特定原材料(主要7品目)
小⻨、乳、卵

 

 

ドリンク

 

紅茶と炭酸入のレモネードどちらかをベースに、好きなカラー(味)を選べます。

 

テイクアウト価格

カラーティー:930円

カラーレモネード:980円

 

カラーティー(カラバリ・味)

・赤(クランベリーローズヒップティ)
・ピンク(ピーチグアバジャスミンティ)
・⻩色(マンゴージャスミンティ)
・オレンジ(パインアップルジャスミンティ)
・緑(メロンジャスミンティ)
・⻘(ブルーキュラソーバタフライピー)
・紫(グレープバタフライピー)
・黒(アールグレイブラックティ)

 

カラーレモネード(カラバリ・味)

・赤(クランベリーレモネード)
・ピンク(ピーチグアバレモネード)
・⻩色(マンゴーレモネード)
・オレンジ(パインアップルレモネード)
・緑(メロンレモネード)
・⻘(ブルーキュラソーレモネード)
・紫(グレープレモネード)
・黒(コークレモネード)

 

 

トッピング(テイクアウトのみ)

・コットンキャンディー(+540円)

紫/⻘/緑/⻩色/ピンク

 

・フローズンフルーツ(+54円)

フローズンベリー/フローズンマンゴー

 

 

パフェ

 

テイクアウト価格

各1,590円

 

 

スウィートストロベリー

・いちご果肉
・いちごマカロン
・いちごシャーベット
・いちごポッキー
・ベリーグミ
・ライム
・シリアル
・コーンフレーク
・バウムクーヘン
・クリーム

 

 

スウィートホワイト

・ホワイトチョコ
・ホワイトチョコマカロン
・ヨーグルトシャーベット
・カルピスヨーグルトグミ

・ライム
・シリアル
・コーンフレーク
・バウムクーヘン
・クリーム

 

 

スウィートチョコレート

・チョコレート
・チョコマカロン
・チョコシャーベット
・コーヒーグミ

・コーヒー豆
・パッションフルーツソース
・オレオ
・チョココーンフレーク
・ブラウニー

・クリーム

 

 

トッピング(カラーパウダー&アラザン)

・赤(カシス)
・ピンク(ラズベリー)
・⻩色(マンゴー)
・オレンジ(いちご)
・緑(マルベリー※桑の実)
・⻘(バタフライピー)
・紫(ブルーベリー)
・黒(ココア)

※ブラックの場合アラザンはシルバーです。

※注文時に選択したカラーのものが自動的に選択されます。

 

 

もなか

 

※提供はコースのみ

 

ミニ大福(いちご風味)
ストロベリーチョコ

 

 

アクリルキーホルダー

 

コース/テイクアウトともに、1注文につき1個オリジナルのアクリルキーホルダーが付属します。

 

注文時に名前・デザインを自由にカスタマイズできます。

 

 

コースメニューを体験してきました!

 

この度、オープン前の内覧会にご招待いただき、コース来店を体験させていただきました!

 

お店についてからのカスタマイズ注文方法や、体験型という理由などを詳しくご紹介しますので、気になる方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

Shorts動画でサクッと

 

 

まずはオーダー!

 

QRコードを読み取り、自分のスマホで色やパフェの味などを細かくカスタマイズしていきます。

 

 

味やカラバリなども細かく教えてくれますし、操作もとても簡単

特に手間取ること無く数分で注文完了しました。

 

 

注文が完了したら没入感MAXの推し活体感スタート!

注文が完了するとスタッフさんが登場!

店内の壁や机上に展開するデジタルアートやBGM、照明などが変化し没入感MAXの推し活体験がスタートします。

 

 

実は、注文している最中から机の上にはグミくまさんがてくてくスヤスヤしていてとっても可愛い!

 

 

照明が暗くなり、机の上がとても賑やかになると最初のメニューが運ばれてきます。

 

 

他の人と違うデジタルアート&メニューが次々続々と

机の上に賑やかな街が広がったところで最初のメニュー「トリュフ香る照り焼きチキンスライダー」が運ばれてきました!

 

 

「チキンスライダーとはなんぞ……?」と思っていたのですが、小さな可愛いミニハンバーガーでした。

 

たっぷり削られたトリュフがいい香り!

てりやきチキンの甘さと、トレビス(赤いレタス)のほのかな苦味が絶妙です。

 

ピックを抜いて、軽くバンズを潰して食べると良いって!

 

 

お次は待ってましたのカラーティー!

 

レッドを選んでいたお隣さんにお借りしてパシャ

 

 

推し活カフェといえばカラードリンクですよね。

ですが、「SWEETS STAND Cell」のカラードリンクはただのドリンクではありません。

 

なんと、

 

 

 

もくもくのシャボン玉?をグラスに添えてくれるのです。

 

ぷるるんっ

ぷわぁ〜〜

 

 

これはアロマとお砂糖でできているらしく、割れた際のもくもくはいい香りですし、膜がドリンクに入っても問題なし!

甘くていい香りは女の子大好きですよね……!

 

 

そして、ついにメインのパフェが登場です!

 

 

注文したブルーのアラザン&パウダートッピング

 

 

 

注文したのはスウィートチョコレート。

パフェにトッピングされているくまさんのグミは、プロジェクションマッピングに登場しているくまさんのモデルです。

 

完成したこのグミを元にマッピング用にモデリングしているため背面がフラットなのです。可愛い。

 

パフェの海でくつろぐくまグミ

 

チョコレートパフェは、アイスではなくシャーベットだったり、パッションフルーツソースで酸味をプラスしたり、甘ったるいパフェにしないための工夫が多く施されています。

 

また、ブラウニーやコーンフレークなどトッピングもゴリゴリたくさん入っているため、食感も非常に楽しかったです。

 

 

粋なサプライズに感激!!!!!

パフェも美味しくいただき、そろそろ終了かなと思っていると、新たなデジタルアートが始まります。

 

机の上に箱が置かれると、グミくまが現れて箱とたわむれる……!

 

箱に乗ってはしゃぐグミくま

 

残された箱をあけてみると……?

 

 

 

ピンクハートのモナカだ!!可愛すぎる!!

 

モナカの下にも何かあるって……?

 

 

 

わぁ!!!!アクリルキーホルダーだ!!!!

 

自分でカスタマイズしたので、アクリルキーホルダーが貰えることは分かっていたし、始めのうちはいつ貰えるのかと思っていたのですが、美味しいメニューを堪能しているうちにすっかり忘れていました。

 

ハートの下に隠れてるなんて粋すぎる……。

 

バースデーや記念日のデザインにしたらそれこそサプライズすぎるし、粋どころかお店・スタッフさんのこと好きになっちゃいます。らぶ。

 

嬉しいおみやげ

 

 

店内の撮影タイムは一通り食べ終わってからできます!

同じ時間に参加した人と共に全体で同時に進行するため、店内の装飾やフォトスポットでの撮影は基本的にパフェを提供されたあととなります。

 

メニューの提供中は、めぐるめぐデジタルアートや可愛いフードをたくさん撮影して、食べ終わってから他の場所の撮影をお楽しみください。

 

 

フォトスポットでグミくまとパシャ

 

 

背後のモニターにアクキー用に登録した名前が!

 

 

モニターにもグミくまライブ会場ver.

 

 

 

 

フードメニューが美味しいのはもちろん

楽しい&嬉しい仕掛けがたっぷりだった!

 

ドリンクだけでなく

パフェもテイクアウトできるの

神すぎるよね……。

キャラクター

店舗概要

SWEETS STAND Cell(スウィーツスタンド・セル)

 

【場所】

東京都豊島区東池袋1丁目14-14 ザ・シティ池袋1F

 

【アクセス】

JR山手線「池袋」駅徒歩3分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅徒歩7分

 

▶予約はこちら

 

 

入江誠シェフプロフィール

入江誠 1975年生まれ。
1995年「クイーン・アリス」に入店。
1999年に渡仏し、「ルカ・キャルトン」「プチニース」などで修業。
帰国後、2005年に南⻘山「ピエール・ガニェール・ア・東京」の料理⻑に 就任し、ミシュラン二ツ星を獲得。
2019年より「ARBOR」のエグゼクティブ・シェフを務め、TOKYO OLYMPIC2020大会では英国チームの専属シェフに就任。
⻑年のフランス料理の経験を活かし、 2022年に株式会社PLUS IRIEを設立。
食を通して笑顔を届ける為に様々なジャンルにチャレンジする。

 

外部リンク

「SWEETS STAND Cell」

「SWEETS STAND Cell」Instagram

「SWEETS STAND Cell」Twitter

「SWEETS STAND Cell」TikTok

6月19日 (水曜) 注目のアニメニュース