アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

にじめんライター募集
話題

実体験した辛さは自キャラに与えられない?腕は吹き飛ばせるけど貧乏はNGな理由が興味深い……!

2023年 05月20日
Saturday 13:00
実体験した辛さは自キャラに与えられない?腕は吹き飛ばせるけど貧乏はNGな理由が興味深い……!

創作活動をしているというオタクは多いですよね。

 

中には日々の生活や今までの経験から創作のネタをみつけるという人もいるのではないでしょうか?

 

そんな、作者の経験と創作内容のある関係に関する投稿がTwitterで話題になっています。

 

 

Point

  • 作者が経験した痛みはキャラクターに与えることができない
  • 辛さがわかるからこそ…

 


 

話題になっているのは、創作において、作者が経験した辛さや痛みはキャラクターに与えられないのではないかと主張するツイートです。

 

投稿主は、「創作、『マジで痛みがわかること』はキャラに与えられない気がする 俺は常に貧困に喘いでいるから、創作キャラに貧乏人があまりいない。可哀想なのでどんなに貧乏でも家賃は苦もなく払ってて欲しい」と投稿しました。

 

確かに、自分が実際に経験して感じた辛さを、自分の生み出したいわば“我が子”に与える事はなかなか難しいかもしれません。

 

 

また、投稿主は、「肋が折れたり腕が吹っ飛んだりとかは俺に痛みがわからないので、バンバンやるけども…」と、経験したことのない苦痛は創作に用いていることを語りました。

 

一見、「お金がない」ことより「腕が吹き飛ぶ」ことの方が辛そうな気がしますが、自身が経験しているか否かで変わるのは不思議ですし面白いですね。

 

本投稿についてTwitterでは、「わかりみしかないキャラの悲劇に心が耐えられない」「自身の経験系は鮮明過ぎて変に生々しくなり過ぎるから、
封印した方が引き摺られずに全体のバランス崩しにくいのもありそう…」といった意見が寄せられています。

 

また、「むしろ経験済みなら表現しやすいからガンガン使ってしまっています…」という意見もあがっていたので、作家によって異なるようです。

 

それもまた創作!という感じがして面白いですね。

6月25日 (火曜) 注目のアニメニュース