「ジブリの“大じゃない”博覧会」愛知にて開催決定!スタジオジブリの「過去から未来」を体感

にじめん にじめん

「ジブリの“大じゃない”博覧会」愛知にて開催決定!スタジオジブリの「過去から未来」を体感

0

スタジオジブリの【過去から未来】を体験できる展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」が2020年7月22日より愛知県美術館ギャラリーで開催決定!

 

この夏、新型コロナウィルスで多くの展覧会が中止、延期に追い込まれた中で急遽立ち上がった新企画展示とのことで、メインビジュアルでは『千と千尋の神隠し』に登場する湯婆婆がマスクをしており、とてもインパクトがあります。

 

さらに展示物は2m間隔で展示され、ソーシャルディスタンスを保ちやすくなっています。

 

 

 

 

展示内容

中日新聞の記事によると、2022年に同県長久手市の愛・地球博記念公園に開園する「ジブリパーク」の建築模型とスケッチのほか、今冬にNHK総合で放送されるジブリ最新作「アーヤと魔女」のキャラクター人形が初公開。

 

「となりのトトロ」のネコバスや、「天空の城ラピュタ」「紅の豚」といった人気作の一場面を再現した立体造形物が展示されます。

 

宮崎駿監督による、児童文学作品への直筆推薦文を集めた掲示もあるとのこと!

 

 

「一足先に会いに来ておくれ」

開幕前日の7月22日に特別内覧会開催決定!抽選で100名様が無料で招待されます。

 

1回の応募で最大2名まで申し込みが可能ですので、気になる方は7月8日までに特設サイトからご応募ください。

 

募集要項

日時:2020年7月21日(火)午後2時~3時半まで(受付は午後2時~2時半)
場所:愛知県美術館ギャラリー展示室A.B.H.I(愛知芸術文化センター8階)
定員:100名
参加料:無料
抽選・発送:お申し込みが定員を上回った場合は、抽選の上当選された方に「招待状」をお送りします。当選者の発表は、招待状の発送をもって代えさせていただきます。
入場方法:当日受付の際に、招待状をご提示ください。
応募締め切り:2020年7月8日(水)23:59まで

※詳細は特設サイトをご確認ください

 

特設サイト:ジブリの“大じゃない”博覧会 ~特別内覧会に抽選で100名招待~(中日新聞)

 

 

開催概要

ジブリの“大じゃない”博覧会

【会期】

2020年7月22日(水) ~ 9月3日(木)【会期38日間】

 

【会場】

愛知県美術館ギャラリーA・B・H・I[愛知芸術文化センター 8階]
〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2

 

【休館日】

月曜日(祝日の場合は翌日)

 

【開場時間】

10:00~18:00 金曜日は20:00まで(入場は閉場の30分前まで)

 

【主催】

愛知県、中日新聞社

 

【協賛】

NTPグループ、JTB、中央工芸、名古屋鉄道、日東工業、丸大食品、ローソンエンタテインメント

 

【企画制作協力】

スタジオジブリ

 

【お問い合わせ】

050-5542-8600(ハローダイヤル・8:00~22:00)

 

【チケット情報】

本展の入場券は「日時指定入場制」です。
事前に日時指定入場券をローソンチケットで購入の上、ご来場ください。

 

<販売スケジュール>

[前半]  7月22日(水)~8月10日(月・祝)入場分:7月4日(土)10:00~ 発売

[後半]  8月12日(水)~9月3日(木)入場分:7月18日(土)10:00~ 発売

 

<販売場所>

[前半](7月22日(水)~8月10日(月・祝)入場分) Lコード:40880
[後半](8月12日(水)~9月3日(木)入場分)Lコード:40881

※その他のコンビニ・プレイガイドおよび愛知県美術館ギャラリーでの入場券の販売はありません。

※新型コロナウイルス感染対策のため、入場券の購入後、券面に来場者の氏名、連絡先(電話番号)をご記入ください

 

<料金>

平日:一般1400円、高大生1000円、小中学生700円

土日祝:一般1500円、高大生1100円、小中学生800円

 

 

 

 

(C) TS (C) Studio Ghibli

© The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.

 

 

リンク

「ジブリの“大じゃない”博覧会」

公式サイトTwitter

「中日新聞」

公式サイトTwitter


関連タグ

ジブリニュース


ジブリの関連記事