セカオワ・Fukaseさんが原案&デザイン監修を担当するアニメ「BAD MOOD」6エピソード配信決定!

にじめん にじめん

セカオワ・Fukaseさんが原案&デザイン監修を担当するアニメ「BAD MOOD」6エピソード配信決定!

3
セカオワ・Fukaseさんが原案&デザイン監修を担当するアニメ「BAD MOOD」6エピソード配信決定!

 

SEKAI NO OWARI (End of the World) Fukaseさんとクリエイティブディレクターの和田直希さんが手がけるアニメーションプロジェクト「BAD MOOD(バッド ムード)」 がAmazon Prime Videoにて2020年10月21日(水)より全世界配信決定!

 

アニメーション配信を記念して3月に発売され即日完売したatmos x BAD MOODのTシャツも限定数発売されることが発表されました。

 

 

 

 

何気ない落書きから始まった、”BAD MOOD”。

 

5人のキャラクターFishman、Butt、Rabbit、UFO、Mothからなる架空のバンド”The Pink Elephants”が皮肉なメッセージで世の中を風刺的に描くアニメーションです。

 

Fukaseさんが原案とデザイン監修を行い、クリエイティブディレクターの和田直希さんがクリエイティブディレクションを手掛けられました。

 

“BAD MOOD” YouTubeチャンネルで紹介されたエピソード0に続き、今回Amazon Prime Videoにて、6エピソードが順次配信されます。

 

 

Fukaseさんコメント

 

「BADMOOD」とは自分にとってのクリエイティブの源を意味しています。

 

作品が生まれる瞬間はいつも、清々しい青空を見た時ではなく、気持ちの良い朝食をとった時でもありませんでした。

 

自分にとってクリエイティブとはある種の防衛本能的なものであると同時にネガティブな状況から前へ進む為の前向きなものでした。

 

実際、このアニメーションプロジェクトを思いついた時は、ただ仕事の為にこれから音楽を続けていくなら辞めてしまおう、SEKAI NO OWARIである必要が無いのなら解散しようと考えていた時でした。

 

「BAD MOOD」では、自分が音楽では伝えられなかったメッセージを、自分の言葉ではなく、アニメーションで表現していています。

 

物語に出てくる発言やシチュエーションは自分の空想の中の物で、決して自分の意見を代弁させているわけではないので、こういう時代だからこそ是非、寛大で、おおらかな目で見ていただけたらと思います。

 

 

BAD MOOD | Episode 0

 

ボタンを押して感想を投票しよう
17
尊いとはこの事
13
圧倒的感謝
12
マジ!?
48
わくわく

 

リンク

BAD MOOD

公式サイトYouTube


関連タグ

配信アニメニュース


配信アニメの関連記事

なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 3

    類似作成多すぎて感想に困るやつだ

  • 名無しさん 2

    4人が、宇宙に行ったり、どこでもドアで、また、未来に行ったり、アバターでゲームとか、絵本の中で遊ぶとか、日本の美しい所で、美味しいものを食べたり、4人なら、そうだなーとクスッと笑って見たい。

  • 名無しさん 2

    面白い