女性向けカルチャーポータルサイト

アンケート
BL
マンガ

「商業BL」がトレンド入り!BL好きでも一次創作は好まない人が多い?

2021年 01月15日
Friday 15:27
「商業BL」がトレンド入り!BL好きでも一次創作は好まない人が多い?

本日2021年1月15日(金)の昼過ぎ現在、Twitterにて「商業BL」がトレンド入りしています。

 

「商業BL」は不定期にちょこちょこトレンド入りしますが、今回はBL好き・二次創作は読むけど商業は読まないなという話が広がったようです。

 

Twitterトレンド「商業BL」

 

Twitterでは、それぞれどんな理由でどちらを好んで読んでいるのかや、それぞれの良いところなど様々な意見が飛び交っているので気になる意見をまとめてみました!

 

また、BL作家による便乗おすすツイートも、見つけたもののみですがご紹介しますので気になる作品があったらぜひ読んでみてください♪

 


そもそも「商業BL」ってなに?というお話なのですが、ここでは、原作があってそれをアレンジして制作されるのが二次創作(同人作品)。

 

オリジナルの登場人物で物語が構成されている一次創作で、「Dear+」や「マガジンビーボーイ」などのBL雑誌にて連載されていたり、書店で販売されているものを商業BLとします。

 

「抱かれたい男1位に脅されています。(だかいち)や、」「ギヴン」なども商業BL作品ですね。

 

 

商業BLを”読まない”理由

 

まさに!話を聞いて納得してしまうというか、たしかに…と深くうなずいてしまいます。

 

また、商業BLを読まないという意見の中で「受け・攻めをわかりやすく表記してほしい」という意見がかなり多く目立ちました。

 

BLファンは自分の好みをかなり深く理解しており、いわゆる”地雷”というものを抱えている人が多い印象があります。

 

その中でも「受けだと思っていたら攻めだった(逆もしかり)」という地雷は破壊力が強すぎるため、自衛するためにも具体的な表記を望むのかもしれません。

 

ロボットのイラストが表紙に書かれた同人誌のイラスト確かに、商業誌の表紙や帯に「〇〇受け」「△△攻め」という表記は見かけますが、「こっちが受けだよ!」という具体的な表記はあまり多くない印象です。

 

同人誌はキャラクターの名前が左右どちらにあるかで受け攻めがわかりやすい上、同人誌は先生のTwitterやPixivなど事前に文字での情報を得る機会が多いのも理由の一つかなと思われます。

 

商業誌は、作家やレーベルを追っていない場合、本屋で見つけた本からでしか情報を得られませんもんね。

 

その意見に対して「ストーリーの重要な要素」「ネタバレになっちゃう」という声も見られますが、お金を払って作品を購入する際にリスクを負いたくないという気持ちもわかります。

 

 

本記事では、話題となっている商業BLを”読まない”派の意見をご紹介してきましたが、Twitterでは商業BLを”読む派”の意見もたくさんツイートされています。

 

コレを読んでいるBLファンの方々は何派なのでしょうか?

 

もしよろしければアンケート、ポチッと参加していただければ嬉しいです♪

 

 

あなたは何派?

 


先生たちによる」おすすめツイート

湯煎温子先生

 

三尾じゅん太先生

あやかしの嫁取り (drap COMICS DX)(Amazon)

 

コウキ先生

アヒルくんはソレを知らない (バーズコミックス ルチルコレクション)(Amazon)

 

ためこう先生

ララの結婚 (1) (ビーボーイコミックスデラックス)(Amazon)

 

緋汰しっぷ先生

スノーホワイトの毒に染む【電子限定漫画付き】 (B.PilzCOMICS)(Amazon)

 

こうじま奈月先生

「僕らの王国」シーモアRenta!

 

野良おばけ先生

「インモラルなやさしい彼」Pixiv

 

やん先生

偏屈小説家は恋に色づく【特典付き】 (シャルルコミックス)(Amazon)

 

赤原ねぐ先生

理性的パーバートロマンス (eyesコミックス)(Amazon)

 

那木渡先生

フェロモホリック (1) (ビーボーイコミックスデラックス)(Amazon)

 

灰田ナナコ先生

ハイキー×ローキー (バンブー・コミックス Qpa collection)(Amazon)