アニメや声優、キャラクターグッズなど女性の求める情報が集まるニュースサイト

イベント
レポート

TVアニメ「呪術廻戦」AJ2021スペシャルステージのイベントレポート到着!キャストトークショーの様子をご紹介

2021年 03月29日
Monday 20:24
TVアニメ「呪術廻戦」AJ2021スペシャルステージのイベントレポート到着!キャストトークショーの様子をご紹介

3月28日(日)に開催された「AnimeJapan2021」にて、TVアニメの最終回を記念して実施されたTVアニメ「呪術廻戦」スペシャルステージイベントレポートが到着しました!

 

メインキャラクターを演じる榎木淳弥さん(虎杖悠仁役)、内田雄馬さん(伏黒恵役)、瀬戸麻沙美さん(釘崎野薔薇役)、中村悠一さん(五条悟役)ら4名のキャスト陣によって行われた、トークショーの様子をご紹介します。


 

イベントレポート

「これが私の黒閃を食らった瞬間!」

 

まずは、「これが私の黒閃を食らった瞬間!」と称したコーナーで、TVシリーズ全24話の中より、キャストが見てほしい思い入れのあるシーンを映像とともに振り返ることに。

 

瀬戸さんは、アニメ第17話「京都姉妹校交流会―団体戦③―」より、圧倒的な強さを見せつけた真希と三輪の闘いをセレクト。「この第17話の印象が強すぎます。ここで真希に惚れたといっても過言ではないくらいです。風圧まで感じるほどの迫力ある映像にも圧倒されました」と、奥行きや空気感までを描き出す本作の映像のクオリティについて触れました。

 

内田さんは、第23話「起首雷同―弐―」より、伏黒の領域展開のシーンをセレクト。不完全な領域展開の中で、笑いを浮かべながら特級呪霊と闘う伏黒の姿や、水墨画のように描かれているアクションシーンを含めて、凄まじい映像だと感じたそう。このシーンは、内田さんがほぼ1人でアフレコ収録したため、自分自身を開放する伏黒の心情とも重なりあうところがあったと振り返りました。

 

中村さんは、第1クール目のクライマックスとなった第13話「また明日」より、虎杖と七海が真人を祓うために激しい闘いを展開するシーンをセレクト。この時の真人の領域展開のシーンについて話が及ぶと、虎杖や真人などキャラクターたちの全力でぶつかり合って闘いに挑む姿が気になるとの感想が語られました。

 

そして榎木さんは、第19話「黒閃」より虎杖が黒閃を放つシーンを挙げ、「原作とは違った表現で、違う角度からさらに解釈している、新たな表現で挑んでいく監督やMAPPAさんの姿勢に感銘を受けます」と本作の映像表現について触れました。

 

また、最終回でも放つ黒閃のシーンの映像表現や、アフレコ時にディレクションを受けた細やかな息遣いについても振り返り、何度も繰り返し映像を楽しんでほしいと締めくくりました。

 

 

「劇場版 呪術廻戦 0」の解禁

また、先日解禁となったばかりの「劇場版 呪術廻戦 0」解禁映像も上映され、期待感あふれる映像にキャスト陣から大きな拍手が贈られました。

 

原作者・芥見下々先生描き下ろしの解禁ビジュアルも紹介され、コミック0巻で登場する乙骨憂太ついても話が及びました。

 

この解禁映像では、中村さんと、夏油傑役の櫻井孝宏さんのボイスも収録されており、色々な表現で丁寧にテイクを重ね、何度も検討したうえで収録したボイスであることも明かされました。

 

劇場版に関しては、キャスト陣からも「ワクワクする」「楽しみ」と、期待の声が次々と上がり、作品の続きを楽しみに待ち望んでいる様子が伺えました。

 

 

メッセージ

イベントの最後には、キャスト陣1人ひとりよりメッセージが贈られ、榎木さんからは、今後の展開への期待を含めて、以下のメッセージが語られました。

 

榎木さん「原作もまだまだ続いていますし、「劇場版 呪術廻戦 0」の公開も楽しみです。TVアニメは気になるところで終わっていますので、ぜひまた続きができたらなと思います。引き続き応援を宜しくお願いいたします」

 


作品概要

「劇場版 呪術廻戦 0」

【公開時期】

今冬劇場公開決定

 

【スタッフ】

原作:「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」芥見下々(集英社ジャンプコミックス刊)

制作:MAPPA

配給:東宝

 

外部リンク

TVアニメ「呪術廻戦」

TVアニメ「呪術廻戦」  Twitter