いちごアニメーション設立&独占出資で『攻殻機動隊』押井守監督による新作アニメ制作決定!10年間構想を重ねた意欲作

にじめん にじめん

いちごアニメーション設立&独占出資で『攻殻機動隊』押井守監督による新作アニメ制作決定!10年間構想を重ねた意欲作

1
いちごアニメーション設立&独占出資で『攻殻機動隊』押井守監督による新作アニメ制作決定!10年間構想を重ねた意欲作

アニメーション会社・いちごアニメーション株式会社が設立!

 

同社の出資により、『うる星やつら オンリー・ユー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などで有名な押井守さんが原作・脚本・総監督を務める新作アニメーションの制作が決定。

 

2020年春から初夏頃に国内で放映および配信される予定です。

 

 

 

「いちごアニメーション」は、総合不動産サービス事業とクリーンエネルギー事業に取り組む企業・いちご株式会社の子会社として立ち上げられました。

 

いちごが保有する商業ビル・AKIBAカルチャーズZONEと押井さんの新作アニメを連動させることで、AKIBAカルチャーズZONEを日本のアニメ文化を代表する世界的なランドマークとなることを目指していくとのことです。

 

 

 

押井守さんは『うる星やつら オンリー・ユー』で監督デビュー。『機動警察パトレイバー the Movie』で第7回日本アニメ大賞を受賞し、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は米国ビルボード誌ホームビデオ部門売上1位を獲得。

 

アニメ・実写映画を中心に手掛ける映画監督であり、世界三大映画祭すべてに出品経験がある監督です。

 

そんな押井守監督が手掛ける新作アニメーションは”10年間構想を重ねた意欲作”とのことです。今後の続報にご期待下さい。

 

 

押井守監督

公式Twitter:https://twitter.com/oshii_mamoru

 

関連記事

にじめんユーザーが選ぶ「アニメ史上最も作画がすごいシーン」7選!『進撃の巨人』や『Free!』などをご紹介

 

名作SFマンガ『スプリガン』が再アニメ化!制作は『ジョジョ』のdavid production、Netflixで全世界に配信

 


関連タグ

アニメニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください