アニメーション映画『ふりふら』島﨑信長さんが青春を語る!「僕もBUMP OF CHICKENさんの曲をバックに走りたい」【インタビュー後編】

にじめん にじめん

アニメーション映画『ふりふら』島﨑信長さんが青春を語る!「僕もBUMP OF CHICKENさんの曲をバックに走りたい」【インタビュー後編】

0
アニメーション映画『ふりふら』島﨑信長さんが青春を語る!「僕もBUMP OF CHICKENさんの曲をバックに走りたい」【インタビュー後編】

 

『ストロボ・エッジ』『アオハライド』の原作者・咲坂伊緒先生の最新作で、実写アニメーションWで映画化された『(ふりふら)』。

 

2020年9月18日(金)より公開中のアニメーション映画から、山本理央役・島﨑信長さんにインタビューをさせていただきました!

 

後編では、島﨑さんに語っていただいたご自身のくすりと笑える青春エピソードや、声優としての役作りについてたっぷりお届けします♪

 

※映画の内容に触れる記事となっておりますので、ネタバレにはご注意ください。

 

 

▼インタビュー前編はこちら

アニメーション映画『ふりふら』島﨑信長さんが語る共感ポイントとは?「みんなそれぞれすごく“いそう”なんです」【インタビュー前編】

 

 

 

 

自身の青春エピソードと恋愛観

 

もし学生に戻れるとしたら、映画内で描かれたシーンの中で体験してみたい場面はありますか?

吾妻に筋を通すために言いに行きたいですね。僕、あそこすごく好きなんですよ!吾妻も込みで好きで。

 

吾妻がもっと都合のいいキャラだったら理央に譲るんですよ。「お前の気持ちわかってたよ」って言って、身を引く。でもそうじゃないんですよ。「親友としてお前の気持ちはわかった、でも俺も気持ち伝えに行くから」っていうあの関係性が、良い意味で都合が良くなくて、男同士の友情っていいなあって思います。

 

正々堂々、対等の関係なんですよね。だからこそ今後もずっと後腐れなく仲がいいし、変なしこりも残さないんだろうなって思える。あの場で告白したっていいのに、1回吾妻に筋通さなきゃ!って突っ走っていく理央も好きだし、それを受け取って、「自分も自分でこの後気持ち伝えるから」っていう吾妻も好き。

 

後、文化祭の走ってる感じが好きですね。青春って走ってますよね(笑)。僕もあのBUMP OF CHICKENさんの曲をバックに走りたいですもん(笑)。BUMP OF CHICKENさんは僕らの世代のときからずっと大活躍されてますし、それこそ「天体観測」とかね、刺さりまくってる人が多いだろうから余計にね(笑)。あれは走れますね多分!限界を超えて走れますね!

 

そんなに距離はないからあんなに走る必要ないんですよ。

 

でもお互い1秒でも早く会いたいし気持ちを伝えたいから、あんなに一生懸命に転びそうになりながら息を切らして走って、でもいざ会ったら、すらすらと言葉は出てこなくて。でも気持ちは伝えたいから、不器用だけど言葉を紡いで…っていう、あの流れはもうすごく青春ですよね。あれはやってみたい!

 

 

 

 

男子校ご出身ということですが、男子校ならではの学生時代のエピソードを教えてください。

僕は吹奏楽部だったんですけど、吹奏楽部って結構体育会系なんですよ。肺活量もいるし、マーチングをやるにも体力がいるし、運動が必要なところがあって。

 

結構男子はそういうのが好きで、休日練習の日とかに運動部が休みで校庭が空いてたら、「よっしゃ午後はサッカーすっか!」みたいな感じで結構運動してたんですけど、そんな中で一時期うちの部の中で流行ったのがカバディなんです。

 

息が続く限り「カバディカバディ…」って言わなきゃいけないんですよ。カバディって言ってる間だけ攻撃出来る。狭いフィールドで動きながらカバディって言い続ければ、肺活量も鍛えられるっていう理由をこじつけてみんなでやってました。

 

カバディって、相手を自分の陣地に連れていこうとして引っ張り合ったりするんですよ。あれがもう、馬鹿でしたね〜みんな(笑)。本気でみんな「カバディカバディ!!」ってデカい声で叫びながら、「お前今息吸ったよね?」「吸ってないし。ちゃんと言ってたし」みたいなことを本気でやり合う。

 

男の子って特にゲームとか負けず嫌いですしね。本気でカバディをやるっていう経験、あんまりないと思うんですよ。あれは楽しかったですね。

 

後、マラソン大会が毎年あったんですけど、絶対脱ぐ奴がいるんですよ男子校は。賭けてもいい!マラソン大会のある男子校は100パー脱ぐ奴がいる!(笑)

 

とはいえ、みんなどこまで脱ぐか?って思うじゃないですか。昔のアルバムを図書室でみんなで見てたら、ほぼ全裸の写真とかあるんですよ。さすがにパンイチだったかな?多分写真にないけど、フルの奴もいただろ!みたいな感じで盛り上がったりもしましたね(笑)。

 

 

 

 

島﨑さんから見て彼女として付き合うなら、由奈と朱里どちらの女の子がタイプですか?

う〜ん、由奈ちゃんかなぁ。朱里ちゃんの方が上手くやっていけそうな気はするんですよ、考え方とかが大人に近いなと思うので。反面、由奈ちゃんはすごく真っ直ぐじゃないですか。

 

幼稚園の頃にヒーローになる!って言えてた子が、大人になるにつれ現実を見て、どんどんそういうことが言えなくなっていく…みたいなことがあると思うんですけど、そういう意味では由奈ちゃんって、大人になって社会に出れば出るほど失ってしまうものをとても強く持っている子だなと思うんですね。

 

なので、とっても眩しくて尊敬出来るなって思いが強いです。一緒にいればいろんな刺激があると思うし、もっと良いエネルギーを彼女からもらえるなぁと。後は純粋に、その真っ直ぐさが可愛らしいですよね。

 

 

次のページ:理想とする役作り

 

次のページ
123

 

リンク

アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

公式サイトTwitterInstagram


関連タグ

劇場アニメ思い、思われ、ふり、ふられ島﨑信長インタビューアニメ声優


思い、思われ、ふり、ふられの関連記事