女性向けカルチャーポータルサイト

インタビュー
ドラマCD
声優

女性向けCDレーベル・Spicaの新作「青い春の音がきこえる」上村祐翔さん・石川界人さんらキャストインタビュー到着!

2020年 12月29日
Tuesday 10:53
女性向けCDレーベル・Spicaの新作「青い春の音がきこえる」上村祐翔さん・石川界人さんらキャストインタビュー到着!

女性向けオリジナルドラマCDレーベル「Spica」より展開されている、男子高校生×学園コメディドラマ×青春ミステリーをテーマにした「青い春の音がきこえる(アオハル)」。

 

12月23日(水)に発売された本シリーズの第3弾「青い春の音がきこえる 第3巻 刹那」より、キャストを務める上村祐翔さん・石川界人さん・斉藤壮馬さん・武内駿輔さん・中島ヨシキさんのインタビューが到着しました!


本作の作品の舞台は2020年の東京・池袋。私立青蘭学院に通う男子高校生5人の約1年間の生活を描きます。

 

男子高校生たちのナチュラルで賑やかなやりとりを楽しめる「学園コメディ」パートと、作中で起こる“とある凶悪事件”を推理感覚で聴きすすめる「青春ミステリー」パートが融合し、コメディとシリアスのふたつの要素を同時に楽しむことができるドラマ作品です。

 

 

キャストインタビュー

質問

Q1:第3巻をお読みになり、物語について感じたことなどをお聞かせください。

 

Q2:本⽇のご収録の感想(ご⾃⾝のキャラクターを演じる際に、難しいと感じた部分、または楽しかった部分)があれば教えてください。

 

Q3:第3巻は「未来にはいけるけど過去にはいけない」「後悔をしない選択」など、進路にまつわるテーマで描かれましたがいかがでしたか?また、前半のキーマンでもあった伊吹と蓮の関係についてはいかがでしたか?

 

Q4:第3巻の登場⼈物の中で最も印象的な⼈物はだれでしょうか?

 

Q5:ファンの方にメッセージをお願い致します。

 

 

小嵐南央役:上村祐翔さん

「青い春の音がきこえる」小嵐南央役:上村祐翔さんQ1

さまざまな「変化」を感じることのできる第3巻だったと思います。伊吹の選択、蓮の決断、絢人の調和、杁弥のけじめ…みんなの変化を感じながら、南央も揺さぶられていきました。大きな展開があって、一巻分のボリュームとしてはとても濃い内容になっています。

 

Q2

コミカルなシーンは、やはり演じていて楽しいですね。南央の家でみんなが楽しくしている中で、妹の梨央に全員が気圧されるシーンが好きです。ナンパ好きの蓮が梨央にグイグイ迫っていく感じが「武内くんやりすぎじゃない?!」とキャスト陣で話していました。

 

梨央役の宮本侑芽ちゃんとは一緒に収録していないので、蓮をはじめとする男子たちをどのように怖がらせてくれるのか、完成版が楽しみです。

 

Q3

人生において「進路の選択」は大きな決断です。そんなタイミングで、伊吹は蓮のようなあたたかくて包容力のある友達に背中を押してもらえて本当に良かったなと思いました。

 

お互いのことをよくわかっているからこその関係性なのだなと再確認できました。南央たちも伊吹のために必死に頼み込んで…まさに「アオハル」を感じました。

 

Q4

杁弥です。まさか最後の最後にいなくなってしまうなんて…。伊吹と蓮が印象的なお話になるのかなと思いましたが、ガラッと雰囲気が変わりましたね。

 

杁弥に対して「何かできることがあったのではないか」という後悔の思いをにじませて、僕としても南央のモノローグを務めました。今後の杁弥の動向が気になりますね。

 

Q5

「刹那」というタイトルの第3巻ですが、一瞬のことがとても大切で意味があって、そうやって思いを受け止めながら精一杯生きている南央たちを存分に感じることのできるお話になっています。

 

次巻は「卒業」です。素敵な結末を迎えられることを祈りつつ、最後まで南央を演じ切りたいと思います。彼らの勇姿を見届けてください!よろしくお願いします!

 

 

東山絢人役:石川界人さん

「青い春の音がきこえる」Q1

今回は、登場人物複数の視点で物語が描かれていく部分がとてもリアルだなと思いました。事件の日の真相も明かされましたが、混乱していたからとはいえ絢人が杁弥の言うことを素直にきいていたのは意外だなと感じました。

 

Q2

絢人が伊吹のお父さんに対して言った言葉は、彼自身も家族のことで悩み、家族を好きになりたいと思っているからこそ出た言葉なのではないかと思います。

 

Q3

大人になるとなかなか本気で掴み合う喧嘩はできなくなると思うので、伊吹と蓮が感情をぶつけ合って喧嘩をしている姿は等身大らしさがあって良いなと思いました。

 

Q4

今回の巻に関しては本当に難しいですね。蓮の熱さや伊吹の進路に悩む姿はもちろん、杁弥と南央がどうなるのかというところも気になります。全員気になってしまいますね(笑)。

 

誰か一人に決めるとすればやっぱり伊吹でしょうか。将来について悩む姿は、今作を聴いていただく皆さんもきっとリアルな存在に感じていただけると思います。

 

Q5

今回、伊吹と蓮が衝突しあうシーンは聴き応えがありますし、そのとき周りがどう動くのかも見応えがあるんじゃないかと思います。争っている二人に対して周囲の人間が中立であることは大事だと感じさせてくれるドラマでした。

 

そのうえできちんと仲直りのために動ける二人の姿は心にくるものがあると思いますので、ぜひとも蓮と伊吹の関係性を聴いていただきたいです。よろしくお願いします。

 

 

次のページ:斉藤壮馬さん・武内駿輔さん・中島ヨシキさん

 

次のページ
12

商品概要

青い春の音がきこえる 第3巻 刹那

▼ご予約・ご購入はこちらから
アニメイト

 

価格:3,300円
発売日:2020/12/23

 

今この一瞬だけは、青い春を走りつづけたいんだ。

 

数々の女性向けコンテンツを展開しているCDレーベル・ティームエンタテインメントが新レーベル『Spica(スピカ)』を発足!

 

記念すべき第一弾として、男子高校生×学園コメディドラマ×青春ミステリーをテーマにした完全新作ドラマCDシリーズ『青い春の音がきこえる(あおいはるのおとがきこえる)』=通称『アオハル』がリリース決定!

 

作品の舞台は2020年の東京・池袋。
私立青蘭学院に通う男子高校生5人の約1年間の生活を描く。
本作は男子高校生たちのナチュラルで賑やかなやりとりを楽しめる『学園コメディ』パートと、
作中で起こる“とある凶悪事件”を推理感覚で聴きすすめる『青春ミステリー』パートが融合し、
コメディとシリアスのふたつの要素を同時に楽しむことができるドラマ作品となっています。
平穏で楽しい学校生活を送っている高校3年生の男の子たちに突如おとずれる”非日常的事件”。
コメディ全開の日常ドラマの裏側で、巻を追うごとに聴き逃がせなくなるミステリー的展開は必聴!

 

事件をきっかけに一変する人間関係や、描かれる熱い友情、思春期ならではの揺れ動く甘酸っぱい人間模様ドラマは、キャラクターと同じ目線に立って楽しむことができ、かつ彼らの卒業を無事に見届けたくなること間違いなし。
笑いと涙がつまったドラマの中で、精一杯に青い春を走りつづける彼らの成長は最後まで聴き逃がせません!

 

≪ストーリー≫
季節は秋から冬へと色を変えた。
無事に絢人とも和解をした南央。
いよいよ受験も間近となり南央たちの環境は一気に変わる。
そんな中、伊吹の進路について、とある問題が起きて――。

 

≪トラックリスト≫
01. すべてがかけがえのない時間
02. 現実から逃げちゃった
03. 未来にはいけるけど、過去にはいけない
04. 後悔しない人生
05. おまえの夢は、俺の夢だ
06. 楽しいひととき
07. 事件当日の真相
08. この声がきみにとどくなら(short ver.)/歌:小嵐南央(CV.上村祐翔)

 

≪出演≫
小嵐南央(CV.上村祐翔)
東山絢人(CV.石川界人)
吉宗杁弥(CV.斉藤壮馬)
辻岡蓮(CV.武内駿輔)
柳屋伊吹(CV.中島ヨシキ)

 

外部リンク

公式サイトTwitter

Twitter