「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!”-」22日昼の部をレポート!

にじめん にじめん

「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!”-」22日昼の部をレポート!

7
「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!”-」22日昼の部をレポート!

2018年7月4日より大阪・千葉にて開催されたのライブ「DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!”-(通称・スタライ)」。

 

2017年に開催された1stツアーでは、全国5都市を巡り、生バンドによるアレンジの効いた生演奏や、装飾品や表情など微細な部分まで作りこまれた「まるで生きているかのようなCG」などが高く評価されました。

 

 

 

 

「スタライ」とは、フルCGで再現されたキャラクターがステージ上でパフォーマンスを披露する音楽ライブ。モーションキャプチャーを採用することで、より息遣いを感じられるようなリアルな動きを再現しており、役者や声優ではなくキャラクター自身がライブを行うのが特徴です。

 

 

今回にじめん編集部は、22日の昼公演に参加してきました!

 

Trickstar・UNDEAD・Knights・紅月・2winkの計18名が出演した今回のライブの様子をレポートしていきます。

 

 

 

 

会場の「幕張メッセ」へ到着する前から、推しの痛バッグやタオル、ライブTシャツで身を包んだファンの姿が…!これから共にライブを楽しむ方々を目にすることによって、実感と共に高揚感が高まりました。

 

会場へ到着し、ホールへ向かう途中の廊下には沢山のフラワースタンド!ずらりと並べられたフラスタは色とりどりで、見るのが楽しかったです。

 

 

開演5分前のアナウンス

©HE/ES-DL

 

 

開演5分前になり、22日の昼公演では騎士道ユニット「Knights」より注意事項などのアナウンス。会場のファンからは黄色い声が上がり、私も一緒に大興奮!寝ている朔間凛月を起こそうとする会話など、始まる前から幸せな時間が…。

 

そして、アナウンスよりファンのテンションは一気に高まり、オープニングムービーが流れると同時に自然とスタンディングでの観覧がスタート!

 

そして、ライブが始まります!

 

 

Trickstar 

 

M1「DIAMOND SUMMER」

 

©HE/ES-DL

 

 

トップバッターは明星スバル・氷鷹北斗・遊木真・衣更真緒らの新進気鋭のユニット「Trickstar」!

 

スバルの「行っくよ〜!幕張っ☆」という掛け声から「DIAMOND SUMMER」が披露されました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

サマーライブの衣装で身を包んだ「Trickstar」が元気一杯に歌って踊り会場を沸かせました!

 

曲終わりにはメンバーのMCがあり、真緒の「次はなんと、初登場のユニットだ!」で一旦「Trickstar」はステージの裏へ行ってしまいました。

 

 

紅月

 

M2「百花繚乱、紅月夜」 

M3「花燈の恋文 紅月」

M4「斬ー決意の刃ー」

 

©HE/ES-DL

 

 

続いて蓮巳敬人・鬼龍紅郎・神崎颯馬ら伝統を重んじる和風ユニット「紅月」が1stCDの衣装で登場!

 

まずは掛け声が楽しい「百花繚乱、紅月夜」。間奏では刀演舞があり、動きに魅了されました。

 

やはりひらひらと揺れる袖や裾は見ごたえがあります!

 

 

©HE/ES-DL

 

 

2曲目の「花燈の恋文 紅月」が終わるとメンバー3人のMC。紅郎の「俺たちも嬢ちゃんたちを酔わせに来たぜ」などでファンからの悲鳴にも似た声が会場を包みます!そして3曲目の「斬ー決意の刃ー」を披露してくれました。

 

 

2wink

 

M5「ハートプリズム・シンメトリー」 

M6「2winkle Star Beat☆」

M7「 歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団」

 

 

©HE/ES-DL

 

 

お次は葵ひなた・葵ゆうたによる双子のテクノポップユニット「2wink」が1st衣装で登場!ひなた&ゆうたの息の合ったMCがあり、1曲目「ハートプリズム・シンメトリー」。

 

バク転などのアクロバティックな動きなどが印象的でした!流石大道芸の経験者…!続けて2曲目「2winkle Star Beat☆」を披露してくれました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

3曲目が始まる前にMC!ひなた&ゆうたの「「幕張〜元気かな〜?」」に「いえーい!」や「元気〜!」などのレスポンスが響きました。

 

今回の2ndライブからコール&レスポンス用の歌詞がステージ上方のモニターに表示!3曲目の「歓迎☆トゥ・ウィンク雑技団」では「アテンションプリーズ」などの歌詞がタイミングバッチリに映し出されました!

 

 

UNDEAD

 

M8 「Gate of the Abyss」

M9 「Darkness 4」

 

©HE/ES-DL

 

 

続いて、朔間零・羽風薫・乙狩アドニス・大神晃牙ら最も過激で背徳的なユニット「UNDEAD」が返礼祭の衣装で登場!

 

零の「嬢ちゃんたち、我輩に血を捧げる覚悟はできておるか?」や晃牙の「おら!行くぞ!」という煽りに大興奮!ロックナンバーで会場を盛り上げつつ、艶やかなミディアムバラードを歌い上げ色気のあるステージでファンを魅了しました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

晃牙の「楽しんでるか?愚民ども!」や薫の「おまたせたんぽぽちゃんたち!」、アドニスの「俺たちはUNDEAD、朔間先輩率いる夜闇の魔物だ。」など、長めのMCでも盛り上げてくれました!

 

 

Knights

 

M10「Voice of Sword」

M11「Silent Oath」

 

©HE/ES-DL

 

 

UNDEADの「Darkness 4」が終わると、月永レオ・瀬名泉・鳴上嵐・朔間凛月・朱桜司ら騎士道ユニット「Knights」が1stCDの衣装で登場!

 

凛月の「夜闇はもう十分でしょう?君をこちらへ連れ出してあげる」、泉の「お姫様、迎えに来たよ。ここからは俺たちの時間だからねぇ」などのMCから、1曲目「Voice of Sword」が始まりました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

1曲目が終わると、レオの「みんな〜うっちゅー☆」に会場中のファンが「「うっちゅー☆」」とレスポンス。長めのMCでみんなを”お姫様”にしてくれました。本当に好き…。

 

2曲目の「Silent Oath」が終わると、嵐の呼びかけで「Trickstar」も登場!ステージ上で「Trickstar」&「Knights」が共演するMCとなりました!

 

 

Trickstar 

 

M12「虹色のSeasons」

 

再び「Trickstar」が登場!次はお馴染み1stCDの衣装での出演でした。

 

曲の途中では手を振るような振り付けがあり、曲調も相まってしっとりとした空気感や会場の一体感にジーンと来ちゃいました。

 

 

紅月

 

M13「剣戟の舞

 

続いて、歌劇の衣装を纏った「紅月」!

 

颯馬の「この衣装を披露するのは初めてであるからな。」や紅郎の「次で紅月最後の楽曲だ」のMCにファンは「キャー!」や「えぇ〜!!」など、たくさんの声があがりました。

 

 

2wink with UNDEAD

 

M14「TRICK with TREAT!!」

 

©HE/ES-DL

 

 

続いて、しんみりとした気持ちを吹き飛ばすようなポップチューン!「2wink with UNDEAD」の「TRICK with TREAT!!」です。「2wink」はハロウィン衣装での登場です!

 

 

©HE/ES-DL

 

 

「LET’S PARTY!」

 

ステージ上部に表示された歌詞に、会場一体となって合いの手を入れていました!

 

 

©HE/ES-DL

 

 

「UNDEAD」のメンバーたちは、スポットライトに照らされながらの出演。合いの手も出演者数も多いので、大いに盛り上がりを見せた1曲です!

 

曲終わりには、ひなた&ゆうたの「「真夏のハロウィンパーティでした」」や「ツッコミはダメだからね」といった長めのMCが行われ、ファンたちの笑い声も聴こえてきました。

 

 

UNDEAD

 

M15 「ハニーミルクはお好みで」 

M16 「Melody in the Dark」

 

©HE/ES-DL

 

 

続いて、1stCD衣装を身に纏った「UNDEAD」!薫の「お待たせ、たんぽぽちゃんたち」という台詞には、たんぽぽちゃんたちの「ぎゃ〜〜!」という悲鳴が!

 

MCが終わるとマイクがせり上がり「ハニーミルクはお好みで」が始まりました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

曲途中の「チーン♪」というベルの音に合わせて、ファンたちのペンライトもチーン!

 

曲が終わると、零の「次でいよいよ最後の曲だ…寂しいのう…」、アドニスの「俺も寂しい」という長めのMCの後、ラスト曲「Melody in the Dark」。

 

「UNDEAD」といえばやはりこの曲。速度も早く、合いの手が多い曲ですが、みんな完璧にレスポンスしていました!

 

 

Knights

 

M17 「Article of Faith」 

M18 「Fight For Judge」

 

©HE/ES-DL

 

 

「UNDEAD」のサヨナラの挨拶の後「Knights」が登場!

 

会場では一際大きな「キャー!」という声が響きました。なんと、全員が「ジャッジメント」の衣装を着ていたんです。”レオ”も含め全員が「ジャッジメント」の衣装を着ていたんです!

 

MCで衣装の事に触れた後、レオの「さぁ行くぞ、Knightsのお姫様たちで「Article of Faith」が始まりました。生バンドによるアレンジが一番効いていた曲だったのではないでしょうか…!

 

 

Trickstar

 

M19「CHERRY HAPPY STREAM

 

©HE/ES-DL

 

 

「Knights」の曲が終わると「Trick star」もステージに登場!「いぇーい」とみんなでハイタッチをしていました!アイドルたちがワイワイ絡んでいる所を見れるのが、本当に幸せでした。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

「Trickstar」は桜フェスの衣装で登場。真の「ピンク色のペンライトが似合う曲だから、ぜひ、ピンク色にしてみてね」という声掛けで、会場がピンク色に!

 

そして、曲が終わると「Trick star」のメンバーはすぐにはけてしまいましたが、会場ではすぐに「アンコール」の声が響き渡ります。

 

 

encore Trick star

 

M20 「Rebellion Star」 

M21 「ONLY YOUR STARS!」

 

©HE/ES-DL

 

 

スバルの「みんな〜アンコールありがとう」や真緒の「待たせたな」という声と共に、ライブTシャツを着た「Trickstar」のメンバーたちが帰ってきてくれました!

 

アンコール1曲目は「Rebellion Star」。座っていた方々も一斉に立ち上がり、残り少ない時間を楽しみます。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

1曲目が終わると「Trickstar」全員でMC。

 

「アンコールありがとう!」とお礼を言ってくれたり、北斗の「次で本当に最後の曲だ…。ラストは、この曲が良いと思ったんだ」や、真の「みんなにも、馴染み深い曲のはずだから一緒に歌ってね」という言葉の後、ついにラスト曲「ONLY YOUR STARS!」が始まりました。

 

 

©HE/ES-DL

 

 

「ONLY YOUR STARS!」の曲中で銀テープが発射!私はゲット出来ませんでした…。

 

2曲目が終わると、ラスト曲ということもあり、今までで一番大きい歓声が会場に響き渡りました。

 

そして「Trick star」メンバーのMCが始まると、今度は真の「最後だから、みんな集まって!」という呼びかけに出演者全員が登場!

 

 

©HE/ES-DL

 

 

ステージ上には18名が勢揃い!それぞれのユニット、アイドルたちが声を揃えて「「ありがとうございました!」」と眩しい笑顔で一礼し、素晴らしいライブは終了。終演アナウンスは海洋生物部である颯馬&薫が喋ってくれました!

 

 

©HE/ES-DL

 

 

約2時間のライブでしたが、本当にあっという間!やはり楽しい時間は一瞬で終わってしまいますね。夢ノ咲学院のアイドルたちを生で見れてファンとの一体感も味わえて、大満足のライブでした!

 

写真では伝わりにくいかも知れませんが、憧れのアイドルたちは間違いなくそこに居た。動いて喋って生きていました!元気だったりせっかちだったり…アイドルたちの性格がダンスに表れていて、こだわりを感じる素晴らしいライブでした。

 

一週間経ってもロスが続いています。早くDVDで観たい…!

 

 

1stライブとの相違点

 

私は豊洲PITで開催された1stライブにも参加したのですが、2ndライブでの相違点はまず会場が広くなったこと。ステージの広さに余裕が出来たので、複数のユニットが曲の合間のMCに登場出来たのではないかと思います。ユニットの枠を超えたアイドル同士の会話が堪りませんでした!

 

さらに、ステージの左右にアイドルたちを映すモニターが設置されたこともあり、ウィンクなどの表情をちゃんと見ることが出来ました!後ろの方も大満足だったのではないでしょうか。

 

また、2ndライブでは全ユニットの衣装チェンジがあり…特に「Knights」月永レオが、ライブオリジナル衣装であるジャッジメント衣装に身を包むとは…!感無量です。あの衝撃と興奮は絶対に忘れません。

 

 

 

 

1stライブから、より進化したステージ演出や迫力のある生演奏、そして出演人数も増え活き活きと歌って踊るアイドルたち。彼らは確かにそこに存在し、生きていました!

 

23日の公演で発表された3rdライブの開催は2019年春。触れられないはずのアイドルと共に過ごせる、まさに夢のようなライブから今後も目が離せません!

 

ご覧下さりありがとうございました!

 

 

「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE 2nd tour“Bright Star”」概要

開催日:大阪・7月4日~6日/千葉・7月20日~23日

会場:大阪・インテックス大阪/千葉・幕張メッセ

 

「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE」

公式サイト:http://stars-dreamlive.com/
公式Twitter:https://twitter.com/stars_dreamlive


©2018 Happy Elements K.K/スタライ製作委員会

 

 

関連記事
『あんスタ』バーチャルLIVE「スタライ 3rd」2019年春に開催決定!Trickstarのコメントも公開

 

キャストたちによるライブ『あんスタ Starry Stage 2nd』第3弾出演ユニットにRa*bitsが発表!

 


関連タグ

あんさんぶるスターズ!レポートアプリゲームニュース


なるべくマイナスは悪質なコメントのみに対してのみ押してください

  • 名無しさん 12

    そのうちド、ド、ドームとか!

    • 名無しさん 19

      見えなくなるw
      こういうのでガンガン各地でのライブビューイングまで派生してほしい

  • 名無しさん 13

    複数回行きましたが、本当に素晴らしかったです!!
    3rdも楽しみ!

  • 名無しさん 9

    3rdこそまだ出てないユニットへの総入れ替えとか!!

  • 名無しさん 1

    とうとう人が出てこなくなったのか

    • 名無しさん 8

      3Dライブは初音ミクライブからあったし、今はもっと映像技術が進化しててVRライブになってるよ。リアルタイムで観客の反応に反応をしてくれるんだよね。

  • 名無しさん 5

    ライブ行きたかったああああ