アニメーション映画『ふりふら』潘めぐみさん・鈴木毬花さん・咲坂伊緒先生の3名で女子会トーク!理央と和臣、選ぶならどっち?【インタビュー】

にじめん にじめん

アニメーション映画『ふりふら』潘めぐみさん・鈴木毬花さん・咲坂伊緒先生の3名で女子会トーク!理央と和臣、選ぶならどっち?【インタビュー】

0
アニメーション映画『ふりふら』潘めぐみさん・鈴木毬花さん・咲坂伊緒先生の3名で女子会トーク!理央と和臣、選ぶならどっち?【インタビュー】

 

『ストロボ・エッジ』『アオハライド』の原作者・咲坂伊緒先生の最新作で、実写アニメーションWで映画化された、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)』。

 

2020年9月18日(金)より公開中のアニメーション映画から、山本朱里役・潘めぐみさん、市原由奈役・鈴木毬花さん、原作者・咲坂伊緒先生にインタビューをさせていただきました!

 

作品に携わる女性陣が大集合ということで「ふりふら女子会」と題し、3名による質問やテーマに沿ったトークを展開。

 

作品の魅力やキャラクターに対する思いをたっぷり語っていただきましたので、どうぞお楽しみください♪

 

※映画の内容に触れる記事となっておりますので、ネタバレにはご注意ください。

 

 

 

 

原作はいろんな人が共感出来るリアルな作品

 

潘さんと鈴木さんは、はじめに原作を読んだ際にどのような印象を受けましたか?

鈴木さん:主人公が2人いるという設定は少女漫画ではなかなかないので、最初は新鮮だなぁと思いました。由奈も朱里も性格は正反対ですが、成長していくにつれて2人とも恋愛の価値観が変化していって、だからこそいろんな人が共感出来る作品だなという印象を受けました。

 

潘さん:出会いが恋に落ちるところからではなくて、由奈と朱里2人の友情の出会いから始まる、というところもまた魅力的だなと思いました。

 

お互いはじめからいろんな価値観が違うんだけれども、出会うべくして出会った2人の縁みたいなものをすごく感じるし、出会いによって、自分だけの世界だった恋愛・友情・家族に対する見方が、どんどん広がっていく。

 

その世界観がもう、「現実もそうだよな」というふうにすごく感じて、リアリティがあって素敵だなと思っていました。

 

咲坂先生:お2人ともありがとうございます(笑)。

 

 

咲坂先生はアニメーション制作にあたり、あまり要望を出されなかったとお伺いしました。 オーディションを含め、どの程度参加されたのでしょうか。

咲坂先生:脚本段階では微調整という感じでずっと打ち合わせはさせていただいていたんですけど、声に関しては現場でのバランスとかもいろいろあると思うので、お任せしました。

 

自分で描いているときは、キャラクターの声は全然想像しないタイプで、想像したいと思うことも今までなかったんです。だから初めて皆さんの声でしゃべっているのを聞いたとき、自分が描いている子たちなのに「もうやっとしゃべった〜!」という感じで(笑)。本当に嬉しかったですね。

 

 

描く際に気をつけていたことはありますか?

咲坂先生:嘘臭くなりすぎないようにする」っていうのは、常に考えながら描いています。『ふりふら』に限らずなんですけど、誰かが物語にのめり込むときに、きれいなことばっかりじゃないっていう部分も描かないと、物語に引っ張ってこれないなと考えていて。

 

だからって嫌な気持ちのままで終わらせたくないので、その辺のバランスは常に考えて描いてましたね。

 

 

次のページ:鈴木さんは「由奈になるべくしてなった」

 

次のページ
123

 

リンク

アニメーション映画「思い、思われ、ふり、ふられ」

公式サイトTwitterInstagram


関連タグ

劇場アニメ思い、思われ、ふり、ふられ潘めぐみ鈴木毬花インタビューアニメ声優


思い、思われ、ふり、ふられの関連記事